異性の友達との関係…気になる連絡頻度と【恋人になれる可能性】を探る

友達に連絡する頻度はどのくらい?恋人になれる可能性について

友達との連絡ってどのくらいの頻度で取っていますか?

男性と女性で違う感覚。どのくらいの頻度なら恋人になれる可能性があるのでしょうか。

友達からステップアップしたいあなたのために、異性の友達との連絡頻度についてまとめてみました。

質問!どのくらいの頻度で取りますか?友達との連絡

年に2回くらい

私は親友でも、連絡を取り合う頻度は用事があるときのみなので下手したら一年に2回程度だと思います。
遠方に住んでることもありますが、同じような職業に就いてることもあり、忙しいかな…と思ってしまって連絡出来ません。
引用元-友人と連絡の取り合う頻度について。みなさんはどれくらいの頻度で… – Yahoo!知恵袋

会ったり会わなかったり

頻度とかはあまり深く考えて無いですね、
半年とか連絡とらない時もあれば1週間に数回連絡取り合う時もあります。

連絡して電話に出ない・メールの返信が無い時もありますが「あ~忙しいのか」程度でそっとしておきます。
また時間が空いたり喋りたくなったら適当に連絡くるので。

逆の場合も親友から私に対してそんな感じです。

友達・親友との関係の有り方とかそれぞれだと思います。

引用元-友人と連絡の取り合う頻度について。みなさんはどれくらいの頻度で… – Yahoo!知恵袋

年に数回程度

私は高校生からの一番の親友は、1~2ヶ月位に数回しか連絡しません。
親友は外国に行ってるからってのもありますが。
仕事してたり結婚すると、連絡したり会うのは年に数回は当たり前になります。
家が近所なら別ですが。
お互いに自分の生活があるし。

私的には、たまにしか連絡しなくても、いざって時に相談出来たり、会った時に気兼ねなく話せたり一緒に居れるから親友だと思ってます。
引用元-友人と連絡の取り合う頻度について。みなさんはどれくらいの頻度で… – Yahoo!知恵袋

 

  • 相手も忙しいので、1年に数回程度
  • 会う時もあれば、全然会わないときもある
  • お互いに自分の生活があるので、年に数回

友達と頻繁に会っている人は、あまりいないようです。

私も学生時代の友人とは、かなり疎遠になっています。1年に1回程度会えれば良い方で、年賀状だけのやり取りになってしまっている人も多数。お互い社会人になると忙しくなり、会う機会もぐっと減りますよね。

連絡の頻度が低いのは、友達と思っていないからかも

頻度は少なくても、内容の濃い返事をしてくる彼

気になる彼にメールを送っても、毎回なかなか返事がこない…そんな毎日、気が気じゃありませんよね。

返事をすぐに送ってくれないのは、優先順位が低いのではないかとか、好かれていないんじゃないかとか不安になってしまうのが乙女心です。

「意識している相手には、嫌われたくないしカッコ悪いこと言えないので色々考えてから返事をします。
返事をしなきゃとは思っていても、仕事の休憩時間とかに簡単に送れる感じではないので、返信には時間がかかっていると思います。」(30代男性・医療関連)

返事が遅い…それだけで、自分は脈ナシなのではないかと落ち込んでしまうかもしれませんが、ここは自信を持って良いでしょう。

内容の濃い返信をしてくれる彼なら、あなたのことを大切に思っていると同時に、“嫌われたくない”という気持ちからメールを作成するのにかかっている時間が普通よりも多くなってしまっているだけの場合が多いようです。

彼はあなたをしっかりと“異性”として認識し、意識をしているという現れなのです。
引用元-男性からの連絡頻度で、愛情の深さがわかる!3つの代表例 | 女性の美学

忘れた頃に返事が来る彼

どんなに思っていても、伝わらない思いや届かない気持ちもあるでしょう。
待てども来ないメールの返信…いつも忘れた頃に返信があって、その内容もちぐはぐだったり…。

“忙しい人だから、仕方ないかな”なんて寛容な心で受け入れて健気に返事を待ち続けている人は、今のままでは“脈ナシ”だという危機を感じてくださいね。

「どんなに忙しくても、気になっている相手には絶対連絡するのが男です。“メール返せないくらい忙しかった”とか言い訳に使ったりするけれど、実際は返信するのを忘れていただけ。
忘れる程度の存在で、でも向こうは自分を好いてくれているだろうからまた連絡してきてくれるだろう…って気持ちですかね。どこかで“キープ”しているようなズルい感情があると思います。」(30代男性・調理師)

確かに、女性も眼中にない男性への返信なんて忘れてしまいますし、内容だって「なんの話していたっけ」程度にしか考えていないかもしれません。
引用元-男性からの連絡頻度で、愛情の深さがわかる!3つの代表例 | 女性の美学

 

  • メールの返信が遅いのは、優先順位が遅いからだけではない
  • きちんと返信をしたいと考えると、すぐに返信できない場合もある
  • どんなに忙しくても、脈ありなら連絡が来るはず

脈ありの場合は、返信が遅いとしても連絡は来るはずです。

確かに、メールの内容によっては、すぐに返せない場合ってありますよね。しかも、相手を大切に想っているからこそ、適当に返せないこともあります。すぐに返信が欲しいのなら、イエスノーで答えられるような文面を考えると良いですね。

 

どのくらいの頻度で連絡すればいい…?友達以上になりたい人がいます

一週間に3日くらいのペースで送る

メールやラインを始めたばかりならややマメにメールすることです。

回数で言えば、一週間に3日くらいのペースでメールやラインするようにしましょう。

最初のほうは「あなたに興味があります。」というサインを送るためにマメにメールをします
(もちろん面と向かってそうゆうことを言うわけではありません)。

まずはお互いにメールのやりとりを行うこと自体が目的になります。

即レスはダメ

ただし、どんな場合でもメールの即レスはNGです。

メールの即レスは必死な感じがしますし、「この人相当ヒマなのかな、、、?」と思われるかもしれません。

メールの場合だと最低でも10分くらいは間隔を空けましょう。

ラインなら割と早めの返信でもOKです。

でも既読状態になったら急かさずにゆっくり返信を待ってくださいね。

相手とのメールに慣れてきたら平均的なメール頻度は週に1日から3日くらいのやりとりで十分です。

もちろんメールを面倒くさいからといって全くしないのもダメ

最低でも週に1日はメールして、コミュニケーションをとるようにしましょう。
引用元-付き合う前や友達以上恋人未満の女性とのメールやラインの頻度 | コンカレ【アラサー男女の婚活大学】

 

  • メアド交換をしたら、1週間に3日程度連絡をする
  • 興味があることをメールをやりとりすることでアピールする
  • 即レスせず、返信は10分あけること
  • メールに慣れてきたら、1週間に1日から3日くらいやりとりをする

メールを1週間に3日の頻度で送って、興味があることをアピールしていきましょう。

かなり策略的な感じがしますが、メールやラインのやりとりから相手のことが分かる事ってありますよね。メールやラインでのやりとりが弾めば、きっとフィーリングも合うはず。相手も気が合うと思えば、積極的に送ってくるようになるのではないでしょうか。

 

大切なのは「自分から進んで」すること!友達との連絡

自分から連絡をとる

友情が長続きしない人の第一の特徴として、「連絡無精」という点が挙げられます。

自分から連絡をとらないばかりか、友達から連絡があっても、うっかり返事を忘れるなんて人もいます。

友達から連絡があったときに返事をしないのは論外ですが、友情を長続きさせるためには、友達からの連絡をただ待つだけでは不十分です。

受け身の姿勢だと、友情の自然消滅がよく起こります。友情の自然消滅を防ぐためには、自分から積極的に連絡をとるように心掛けるべきです。

もちろん、お互い社会人であったり、それぞれの家庭があったりして忙しい場合には、頻繁に連絡する必要はありません。

メールを上手く利用して!

それでも、最低限、季節のあいさつをしたり、ちょっとした近況報告をしたり、自分から働きかけることは、友情を長続きさせる秘訣です。

何といっても、今の時代はメールという便利なツールがあるのです。
自分から三行メールを友達に送る習慣を持つだけで、あなたの人間関係は変化することでしょう。
引用元-同性の友達と永く付き合ってくための3つのルール | nanapi 【ナナピ】

 

  • 友情を長続きさせるためには、受け身だけではだめ
  • お互いの生活があるので、連絡をとらずにいると自然消滅をしてしまうこともある
  • 自分から積極的に連絡をすることが大切
  • メールを3行送るだけで、人間関係は変わる

友情を長続きさせるためには、自分から積極的に連絡をしていきましょう。

社会人になったりすると、お互いの様子が分からなくなります。それ故に忙しいのではないかと思い、連絡をしなくなることってよくありますよね。しかし、忙しい時でも友達からの連絡は嬉しいものです。メールで良いので、連絡してみると良いですね。

 

理由を知りたい…連絡の頻度が高いのは何故?!私は「友達」それとも「恋人候補」?

頻繁に来ていたメールは、恋愛感情なしだった?!

「連絡はマメに来ていたものの、誠実な愛情以外の理由だった」というエピソードでは、以下のようなものを見聞きしたことがあります。

・失恋後で寂しくて、誰でもいいから女の子に構ってほしかった
・遊びたい時期で、できるだけ多くの女性の好意を引きつけておきたかった
・自分のしたい“マニアックな話”ができる友人が、他にいなかったから
・浮気をしていて、後ろめたい気持ちがあったから
・浮気がばれないよう、彼女の予定を細かく把握しておきたかったから
・仕事関係でむげにできない相手で、機嫌を取りたかっただけ

男性の気持ちは言葉より行動を見る

これを見る限り、「連絡がこんなに来るから、誠実に愛されているはず」「とりあえず連絡が来ているから順調だろう」なんて思っていると、痛い目に遭うことも!?
男性の思いを量りたいときは「言葉」よりも「行動」を見るべし、といった教訓はよく言われますが、「連絡」という少ない労力だけで、こちらの好意や関心を惹こうとしていると気づいたら要注意。
引用元-「連絡の頻度」だけで判断するのは勘違い? 男性の愛情のはかり方 – LAURIER (ローリエ)(1/2)

 

  • 男性から積極的に連絡が来ていても、恋愛感情がないこともある
  • 男性の愛情は、言葉よりも行動
  • 連絡がたくさん来ているから愛されているというのは間違い

男性から連絡がたくさん来ていても、安心してはいけません。

これは分かりづらいですね。あまり男性から積極的にメールが来ることってあまりありません。それ故に、女性はメールがたくさん送られてきたら好意があると勘違いしてしまいそうです。気を付けていきたいですね。