彼女の手料理!食べたい人気メニューは?男性が好きな作って欲しい物

彼女の手料理が食べたい男性は多い!?好きな料理は○○♪

手料理は、彼氏に自分のアピールできる絶好のチャンス!

せっかく作るのなら、彼の食べたい料理を作ってあげたいですよね。

男性が彼女に作って欲しいもの、人気のメニューなどをまとめてみました。美味しい手料理を作って、ますます彼に愛されて下さいね。

【男性が好きな手料理】何が食べたい?彼女が作る人気メニューとは!?

■手ごねハンバーグ

カレーと並んで男性が彼女に作って欲しいのが手ごねハンバーグ。

ハンバーグは手間がかかる分、それだけ愛情がこもっているというイメージが強い料理です。

この料理を作る場合は、ハンバーグヘルパーなどで手抜きしてはNG。

それでは彼だけのために頑張って作ったという感じが薄れ、どんなにおいしくても微妙な雰囲気になってしまいます。

手間がかかり、完璧に作るのにはそれなりの経験が必要なハンバーグ。

彼の笑顔が見たいのなら、必ずハンバーグヘルパーを使わずに1から手作りしましょう。

しかしぶっつけ本番はあまりにも危険です。

彼に料理を作る日の前に、あらかじめ練習を重ねておくと本番で安心ですよ。

引用元-男性が喜ぶ彼女の手料理6選

■グラタン

意外と好む男性が多いのがグラタンです。

グラタンはとにかく手間がかかるのが特徴。

材料を切って炒め、ホワイトソースで煮立て、それを器に移してオーブンで焼く。

完成までは長い道のりが予想されるメニューですよね。

しかしながら、できたてのおいしさと言ったら最高。

それを自分の恋人に作ってもらえたら、味以上に嬉しいのがグラタン。

自分のためにここまで手間をかけて作ってくれるなんて、と感激してしまうのです。

あつあつのグラタンをほおばりながら、ここまでのものを作ってくれた彼女に感謝と深い愛情を表すでしょう。

自分をより好きになってもらえるなら、作る練習をしておく価値はありますよ。

引用元-男性が喜ぶ彼女の手料理6選

 

  • 男性が彼女に作って欲しい料理は、ハンバーグやグラタン
  • ハンバーグは、ハンバーグヘルパーを使わず手間をかけて作ることが大切
  • 事前に練習しておくこと
  • グラタンは、手間がかかる分作ってもらえた時は感動してもらえる

男性は、手間をかけて作ると余計に感動してくれますよ!

ハンバーグヘルパーというものを知らなかったです。ハウス食品から出ているパン粉や調味料があらかじめ入っているものなのですね。確かにそれを使えば間違いはなさそうですが、料理上手はアピールできなさそうですね。

 

男性は「手料理」が大好き!!彼女にされると嬉しいこと

1.寂しいときやグチりたい時!
そばにいて話を聞いてもらいたい

仕事ができて頼りがいのある男性だからこそ、弱い一面は人には見せられないなんてことも…。

彼女の前だからこそ、寂しさやグチを思いっきりこぼして甘えたいって思う男性も多いのです。

そばにいてゆっくりじっくり「うんうん」と頷いてあげることで、彼に愛情を伝えることができます。

弱っている時、これはやめて…

「しっかりしてよ!」

「頑張って!」

※こんなセリフで彼を諭したり無理に励ますのはNG!

人前では見せない「彼女だけが知っている一面」って、特別感がありますね。話を聞いてもらってスッキリしたら彼もきっと元気復活!

2.美味しいご飯が食べたい!
手料理を作ってもらいたい

やっぱり、男性なら彼女が作ってくれる手料理を食べたいと誰しも思うもの!

もちろん美味しいご飯は嬉しいですが、自分のことを思った「おもてなし」という彼女の気持ちが何よりも大切。手作り料理に、彼女の愛情を感じて男性はキュンキュンくるのです。

料理が苦手な彼女へ
「作ってくれた、その気持ちが嬉しいです」
———————————
料理が上手な彼女へ
「美味しいご飯が食べられて幸せです」

「手の込んだ料理は苦手…」という人もご安心を!意外に時間をかけた凝った料理よりも、パッと作れる簡単な料理の方が男性はウケることも。

逆に料理に自信のある人なら、冷蔵庫にあるもので作ってあげるのがオススメ。手際の良さをアピールしながら、盛り付けは愛情たっぷりにこだわってあげれば完ペキ!

引用元-男性が彼女にされてうれしいこと7つ!彼氏がよろこぶ「愛し方」 – ガールズSlism

 

  • 仕事の愚痴などを、「うん、うん」と男性は聞いてもらいたい
  • 女性は、励ますことはNG
  • 手料理を作ってもらえると、彼女からの愛情を男性は感じるもの
  • 手の込んだ料理でなくても、簡単な料理の方が男性は喜ぶこともある
  • 冷蔵庫にあるもので作れると、料理上手をアピールできる

男性は、女性に愚痴を聞いてもらったり、手料理を作ってもらったときに愛情を感じます。

男性は単純ですね…。私も付き合いたての頃は愚痴を聞いてあげていましたが、結婚して何年も過ぎると愚痴が情けなく感じてしまったりします。男性は甘えたい生き物だと思って、聞いてあげることが大切ですね。

 

本当に食べたいメニューは何!?彼女に作って欲しい手料理とは?

カレー

【1位 カレー】
「具材の好みを知ることができるので」(32歳)、「カレーは家庭によって味がちがうから。どんな味が食べてみたい」(33歳)、

「カレーはその家の歴史が良く出るから」(38歳)、「好きやから」(26歳)、「まずくても、我慢して食せるメニューだから」(39歳)

肉じゃが

【2位 肉じゃが】
「彼女につくってほしい料理の定番」(38歳)、「やはり肉じゃがといえば家庭の味」(26歳)、「料理の腕や、味に対しての相性が一番出る料理だと思う」(29歳)、「味つけがわかりやすく、味覚センスもわかりやすい」(37歳)。

ハンバーグ

【3位 ハンバーグ】
「好きだし、作ってもらったら絶対うれしい」(25歳)、「こねている姿が見たいから」(31歳)、「定番だから個人の差が出る」(25歳)、「手作り感があふれているから」(37歳)

鶏のから揚げ

【4位 鶏のから揚げ】
「揚げものは作って欲しい」(38歳)、「はずれがなさそうだから」(34歳)、「おいしいとうれしいから」(31歳)、「一番好きだから」(35歳)

引用元-彼女に作ってほしい料理TOP10 | R25

 

  • 彼女に作って欲しい料理は、カレー、肉じゃが、ハンバーグ、鶏のから揚げ
  • 男性は、基本的に自分の好きなものを彼女に作ってもらいたい

男性は、カレー、肉じゃが、ハンバーグ、鶏のから揚げを彼女には作ってもらいたいと思っています。

彼氏に手料理を初めて披露するとき、とても緊張しますよね。自分で考えて料理を作るとすると、手の込んだものになってしまいがちです。あらかじめ、彼氏にリクエストを聞いておいた方が間違いがないかもしれませんね。

彼女のこんな手料理にも期待!!夏に食べたい夏バテ防止メニュー

■さっぱり食べられる麺類

・「冷やし中華/アレンジ次第で豪華になるから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「冷やしうどん/食欲がないので、さっぱりと」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ソーメン/さっぱりとしていて食べやすい」(38歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

暑くて食欲がないときでも、つるつると食べられる麺類なら問題なしという人も多いでしょう。麺類はつゆで食べるのもおいしいのですが、体力が消耗される夏は若干の油分があるとエネルギーを効率的に補給できます。

■暑い夏こそ香辛料で食欲アップ

・「カレー/暑いから食欲を出すには辛い物が食べたいから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「スパイシーな料理/元気が出そうだから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「マーボー豆腐/辛さが暑さにいいから」(38歳/通信/技術職)

暑いからといって冷たいものばかり食べていては体が冷えてしまいます。そんなときは香辛料を多く使った料理がおすすめ。食欲増進効果もあり、夏バテ予防にもなります。カレーや中華料理は野菜をたくさん摂れるのもいいですね。

引用元-男性に聞いた! 夏こそ食べたい彼女の手料理4選|「マイナビウーマン」

 

  • 夏に食べたい、彼女の手料理は麺類や辛いもの
  • カレーや中華料理は、栄養バランスもよいのでおすすめ
  • 麺類は油分を入れるとエネルギーを効率的に摂取できる

夏の暑い時は、辛い物や麺類がおすすめです。

おもてなしで麺類やカレーとなるといまいちな感じがしますが、ぱぱっと冷蔵庫にあるものですぐに作れたら彼は感動してくれそうです。その時の体調や季節に手料理も合わせられるなんて、素晴らしいですね。

 

彼女の手料理でも「嬉しくない」ものもある!?本当は食べたいメニューってウソ!

【1】なぜか、男心をつかめるという噂が一人歩きしている「肉じゃが」

「コレで男が喜ぶって大きな勘違い。そんなに好きじゃないし」(20代男性)と、肉じゃが神話にウンザリ気味の男子もいるようです。

肉じゃががいい悪いは別にして、「噂」に左右されず、彼氏の食べたいものを考えて作ることが、愛情が伝わる手料理のコツでしょう。

【2】辛口、甘口など人によって味の好みに幅がある「カレーライス」

「俺のイメージするカレーじゃないし…」(10代男性)など、家庭ごとに味が異なる料理は、吉凶が分かれやすいようです。

彼氏に喜んでもらうには、事前に好みの味と具材をリサーチするか、いわゆる「家庭のカレー」とは異なる完全なるオリジナルカレーで勝負するのがよさそうです。

【3】ふだん食べたこともないようなアボガドやチーズを使った「オシャレ料理」

「もっと普通で、ガツガツ食べられるものがいい」(10代男性)と、身もふたもなく言い放つ男子もいるようです。

オシャレ料理を食べさせたいなら、食べ慣れた料理にもう一品付け合わせて慣らしていくのも手ではないでしょうか。

【4】「いい奥さんになれる」アピールが激しい、「伝統的な家庭の和食オンパレード」

「筑前煮、ひじきの炒り煮、卯の花、おひたし……、引く!」(20代男性)というように、家庭色が強いメニューには、「お嫁さんにしてアピール」を感じて及び腰になる男子もいるようです。

男子に将来に対するプレッシャーを与えないよう、「家庭料理の手本」的な料理の合わせ技は控えたほうがよさそうです。

引用元-本当は全く嬉しくない彼女の手料理メニュー9パターン | オトメスゴレン

 

  • 彼女に作ってもらっても嬉しくないのは、肉じゃがやカレー、手の込んだおしゃれな料理、和食ばかりなど
  • 和食はお嫁さんアピールに感じてしまう
  • カレーは自分の好みと違う
  • オシャレな料理より、がつがつ食べたい

肉じゃが、カレー、手の込んだおしゃれな料理、和食などは、実は嬉しくない男子もいます。

先ほどの情報では、彼女に作って欲しい料理であったカレーや肉じゃが。実は嬉しくない人もいるのですね。なんとも男子は難しいです。一番は、彼に好みを聞いてみるのが一番ですね。