「春」のイメージ!言葉は。色は。何を思いつきますか?春を感じる時

春といえば何をイメージしますか?やっぱりお花見でしょうか。

春から連想する言葉はお花見、桜など。色でいえば、ピンク、桃、桜色が多いそうです。更には黄色や緑色もあります。

春を感じるときでいえば、大学、高校への合格、就職など、新しい進路について時が多いですね。あなたならどうですか?

イメージする言葉・・【春】

春をイメージする言葉

うらら
うららか
うらうら
のどか
のどけし
ぽかぽか陽気 ぽかぽかようき
水温む季節 みずぬるむきせつ
木の芽時 このめどき
芽吹く めぶく
芽吹き めぶき
芽張り柳 めばりやなぎ
芽吹き柳 めぶきやなぎ
雪柳 ゆきやなぎ
小米花 こごめばな
早蕨 さわらび
馬酔木 あしび/あせび
泡雪 あわゆき
淡雪 あわゆき
牡丹雪 ぼたんゆき
雪形 ゆきがた
名残の雪 なごりのゆき
名残の花 なごりのはな
花の宴 はなのえん
観桜 かんおう
観桜会 かんおうかい
春の園遊会 はるのえんゆうかい
造幣局の通り抜け
桜吹雪 さくらふぶき
花吹雪 はなふぶき
花衣 はなごろも
花咲か爺さん はなさかじいさん
花見鳥 はなみどり

引用元-『春』をイメージさせる言葉をお願いします。一言でもいいですし、国語的なお… – Yahoo!知恵袋

  • うららか等の春の陽気
  • 芽吹く等の新緑に関するもの
  • 淡雪、名残りの雪等、過ぎゆく季節のもの
  • 観桜会、桜吹雪等、桜に関するもの

何れも春を感じさせる言葉ですね

やはり日本のように指揮を実感できるからこその言葉ですね。うららかな陽気、新緑の芽吹き、名残り雪、桜の花。これらをすべて感じられる国はそうないことでしょう。あぁ日本に生まれてよかった。

みんな大が好きな【お花見】春イメージする時に思いつく言葉 

①お花見

春はポカポカと暖かい陽気が気持ちイイですが、やはり1位はみんな大好きのお花見がランクインしました!

元々古くから伝わっている風習で、綺麗に咲き誇っている桜を見て楽しむという、何とも粋なイベントですが、もっと楽しめるために、花見にマッチする素敵な食べ物を紹介したいと思います!

▶花見団子(白・桜・緑の串団子)
▶桜餅(桜色のお餅を桜の葉包んだお餅)
▶花見弁当(桜の風味を取り入れたお弁当)

などがありますが、まぁキレイな桜の元でワイワイとやっていると、何でも美味しく感じちゃいますよね(笑)

そして規模が大きい職場だったり、友達の友達も来るような花見だと、新しい出会いにも期待しちゃいたいトコ!^^

②桜など春の花

桜に代表される春の花ですが、やはり「色んな花が咲き始めると、春の訪れを感じる」という人が多かったんですね。

確かに僕も一番最初に連想したのが『桜』だったので、コレはもう日本人のDNAに刻み込まれてるという感じでしょうか(笑)

具体的な花の種類としては、
▶桜
▶たんぽぽ
▶菜の花
▶チューリップ
▶ハナミズキ
▶コブシ

などが挙げられますが、実は黄色い花が多いという意外な特徴もあるんです。

理由としては、蜂などの昆虫は黄色い花に集まりやすいからと言われていますが、最近では人口の花が多いため、カラーの種類が豊富になっているとか!

見る分には楽しめますが、人工と聞くと「そうなの?」と思ってしまうのは僕だけじゃないはず(笑)

引用元-春といえば連想するのは何?7つまとめ!意外なアレも… | up-your-life

  • ①お花見→花見団子、桜餅、花見弁当
  • ②桜などの春の花→さくら、タンポポ、菜の花など
  • 黄色い花が多い→昆虫が集まりやすい

やっぱりお花見に代表される、花に関するものですね

お花見に花見団子、桜餅、お花見弁当と、食いものばっかり(笑)あと花でいえば桜の他に菜の花やチューリップなど、色鮮やかでいいですよね。お花見も、会社の職場でやったり、学校の仲間とやったり、楽しいですよね。

女の子の名前を決めるとき。「春」をイメージする言葉から名付ける

春の代表的な花は桜。

薄桃色のかわいい花を満開に咲かせる桜の木を

イメージした名前をご紹介します。

『桜』を含む名前

桜香(おうか)・桜(さくら)・桜良(さくら・さら・さらら)

・満桜(みさ・みお)・美桜(みさ・みお)・桜華(おうか)

・桜羅(さくら)・実桜(みお)・桜空(そら・さくら)

・桜羽(おうわ・ささね)・春桜(はるら)・音桜(ねお)

・桜音(ねお・ねおん)・響桜(きょう)・海桜(うみ)

・桜音(さお)・桜音里(さおり・さおね)・桜里(さと)

・里桜(りお・りさ)・甘桜果(あさか)・甘桜(あさ・あおい)

桜の優しい色をイメージした名前

桃香(ももか)・優桃(ゆと)・桃々香(ももか)

・桃杏(もあ・とあ・ももは)・淡香(あわか)

・桃淡(もあ)・桃色(とい)・白桃(もも)

・桃甘(ももか・もあ)・色甘(しきか)・桜色(さき)

・桃色(とき)

引用元-春生まれの女の子に「春を感じさせる」かわいい名前200個集めてみた | ママズアップ

  • 桜を含む名前→桜、実桜、桜華など
  • 桜の色をイメージした名前→桃香、優桃など

綺麗で優しそうな名前ですね

桜や桃を使った名前というのは昔からありますが、最近はやりのきらきらネームも見かけますね。桃色、白桃、桜色等は、気持ちはわからないではないですが、人の名前に用いるのはどうなんだろうなと思います。

どんな色を頭にイメージする!?春といえば何色?

春の色

皆さんにとって「春」とは、一体どんな色なのでしょうか。

「ふわっと軽やかで、暖かい感じがするから・・・」(女性20代、青森県)、

「紅梅、桜の色が大好き。春は冬の冷たかった時を過ぎて、暖かな時が訪れたことが実感できるピンクが良い」(男性60代、茨城県)

など、夢心地のような空気の柔らかさ、梅、桜やチューリップなどの花をイメージする「ピンク」(40.7%)がダントツの1位でした。

さらに2位に「桃色」(14.9%)、

3位「桜色」(9.3%)と上位ベスト3には、表現は異なるものの同色が挙げられ、実に全体の7割近くの皆さんが春に対して共通の色彩感覚を持っていることがうかがえます。

もちろん、同じピンク、桃、桜色と言っても「ピンクと書くと、安っぽい感じなので、あえて桃色。

艶やかではなく、柔らかさ、上品さ、初々しさ、しっとりさ、を兼ね備えている」(女性50代)、「ソメイヨシノだけでなく、八重や山桜など数百種にも及ぶ桜があり、その色も多種多様。

ほとんど白に近いものから、桃色に近いものまで、可憐だったり凛としていたり妖艶だったり、まさに日本の春の色」(女性40代)など、「薄い」「濃い」「淡い」「鮮やか」・・・といった色の違いも様々あり、同色でありながらも人によってイメージが微妙に異なっていることがうかがえます。

「菜の花」「タンポポ」「新1年生の帽子」に代表される黄色も、春をイメージさせる

続いて目立ったのが4位「黄色」(8.5%)。

「この時期になると、利根川沿いに菜の花が一杯に咲き乱れる。まるで黄色の絨毯をびっしり敷き詰めたような見事なもの。この黄色の菜の花を見て、今年も春が来たことを実感する」(女性60代、千葉県)など、

菜の花、タンポポや福寿草・・・等々、ピンクばかりではなく春には「黄色」の花たちも負けてはいません。

また「新1年生の帽子も鮮やかな黄色・・・」(女性30代、千葉県)など、黄色に初々しさ、若々しさを感じる方も少なくありませんでした。

同様に「葉ものが芽を出す季節。町の中や、公園に緑が見えるのって良い。

やわからい日差しが葉に当たり、反射して、暖かにしてくれる」(女性30代、新潟県)など、植物の生命、息吹を感じる5位「緑色」(6.8%)、6位「黄緑色」(5.1%)、10位「若草色」(1.2%)を挙げる声も寄せられました。

いわば春の色は、草花の目覚めとともに彩られ、構成されているのかもしれません。

引用元-あなたが春を感じる時は? | 毎週アンケート | ハピ研|アサヒグループホールディングス

  • 春の色
  • 1位:ピンク色→温かい感じがする
  • 2位:桃色→ピンク色いうと安っぽいから
  • 3位:桜色→柔らかさ、上品さを兼ね備えている
  • 4位:黄色→新1年生の防止の色、菜の花、タンポポ
  • 5位:緑色→植物の生命、息吹を感じる

ピンク、桃、桜系の色がダントツですね

やっぱり春の色といえば、桜に代表されるピンク、桃、桜色ですね。いかにも春らしくて好きです。そのほかには黄色や緑色と、何れも新緑に関する色が選ばれました。冬の厳しさがあるからこそ、春の息吹がみんな好きなんですよね。

春を感じる時ってどんな時がある?みんなが思い浮かべる瞬間

<春に訪れた嬉しい出来事TOP3>

1位 大学合格 57人

・希望大学に合格して、新しい生活が楽しみだから(25歳・東京都)
・受験勉強からのがれられて自由な生活のスタートでもあったから(34歳・東京都)
・家計が苦しい中で滑り止めを受けない条件だったが、無事に合格できた
(37歳・香川県)

2位 高校合格 27人
・偏差値が足りず非常に難しいと言われていた高校に合格できたから(27歳・福岡県)
・中学の友人たちと一緒に同じ高校に受かることができ、高校生活も同じ仲間と
過ごせたこと(35歳・大阪府)

3位 就職 23人
・リーマンショック後すぐの就職活動で厳しかったが、大手企業から内定を得られたこと(26歳・埼玉県)
・つらい就活の末の就職だったから(東京都・30歳)
・31歳で初めて正社員として働くことができたこと(37歳・沖縄県)

やはり「新たな進路」こそ、「春の訪れ」の象徴ということのよう。

この春から新天地に進む皆さんには、待望の春到来ですね!

引用元-春の訪れを感じる瞬間TOP10 | R25

  • 春を感じるとき
  • 1位:大学合格→サクラサク、サクラチル
  • 2位:高校合格
  • 3位:就職

1年生になったーらー、友達100人できるかな?

新たな進路への分岐点が思い浮かばれるんですね。新1年生の入学式というのがないのはちょっと意外です。1位から3位まで、うまくいった人はいいのでしょうけど、そうでなかった人には黒歴史でしかないんでしょうね。