痛くて辛い!産後のトイレはしみる!排尿トラブルの対処法や注意点

ツライ!産後のトイレがしみる!排尿の工夫や注意点と体験談

出産後は、排尿時に切開部分にしみることでかなり痛みを感じることがあります。また、後陣痛などもあると、ストレスも大きくなるのではないでしょうか。

傷口が化膿しないよう、排尿時の姿勢や排尿後のケアも気を付けた方がよいようです。

体験談も含めた対処法をご紹介します。
 

産後の排尿には工夫を。トイレがしみて痛い時の対策法

産後の排尿で気を付けること

産後数日は、膀胱の筋肉の緊張低下や分娩時の児頭による膀胱神経や尿道括約筋の圧迫、腹壁の弛緩による腹圧低下などによって膀胱機能が低下し、尿意を感じにくかったり、排尿後に残尿感を経験することがあります。
分娩後の歩行開始後は、子宮復古の促進と尿路感染症を予防するためにも3~4時間おきに排尿を試みる必要があります。
分娩による影響で尿意の消失や減弱がみられる場合は、排尿間隔を意識して排尿するようにこころがけることが大切です。

産後の排尿時に工夫すること

排尿時に外陰部の傷に尿がしみる感じがしたり、会陰切開や会陰裂傷の縫合が気になってうまく排尿ができない場合があります。

排尿時の姿勢を工夫してみる

傷がしみる場合は、トイレで腹圧がかかりやすいよう上半身をやや前かがみの姿勢で腹壁上から膀胱を軽く圧迫しながら排尿を試みましょう。

排尿後には洗浄と乾燥を

排尿後はトイレにビデ機能がついていれば、ややぬるめの温度設定で洗浄し、乾燥機能で乾かすと良いでしょう。ビデ機能がない場合は、洗浄用の容器を用意し、微温等を用いて洗い流すと良いでしょう。
引用元-産後の排尿の工夫 | 産後の過ごし方

  • 出産後、数日は排尿トラブルが起こる
  • 傷にしみるときは、姿勢を工夫してみて
  • 排尿後は、洗浄・乾燥で清潔に

最小限の痛みで収めるために

生理現象で痛みを感じるのは精神的にも辛くなってしまいますよね。産後の避けられない症状ではあるので、対処方法を踏まえつつ、自分の身体の負担にならない方法を探しましょう。傷が化膿することを防ぐため、清潔を保つことには十分気を付けて。

 

気をつけて!産後の会陰切開の手術跡はトイレがしみます!!

しばらくは様子見で

傷跡については、日常生活でというより、産後の夫婦生活の面でも気になりますね。産後の夫婦生活の再開時期は、一般的に「1ヶ月検診で特に異常がなければ、体調をみながら再開してOK」とされているので、ちょうど傷跡も目立たなくなり、この時期からで大丈夫そうですね。

産後はとても痛いという人も多いようですが、数回の後は大丈夫になった、ジェルを使ったら楽になった、という体験談もありました。傷口の不安や育児疲れもありますし、パートナーと相談して負担のない方法を探りましょう。

会陰切開の手術後に気をつけること

実際手術した場合は病院側から案内があるかと思いますが、傷口や痛みが早く治るよう、以下に気をつけると良いでしょう。

①会陰部を清潔に保つ
パッドを頻繁に交換する、放尿・排便の後にウォシュレットで洗う、シャワー浴、などで清潔に保ちましょう。傷口から細菌が入ると、治りが悪くなってしまいます。また、傷口がこすれたり、蒸れたりしないよう、締め付けず通気性の良い下着や服が良いようです。

②会陰部を圧迫しない
傷口を圧迫してしまうと痛みが増します。座るときは、円座クッションを利用すると圧迫せず痛みが軽減されるので、数日間は手放せないかもしれません。産院にもおそらくありますし、授乳枕を代わりにした、座布団を折って股に挟み隙間を作った、というママもいます。

③気になる症状がある場合は医師に相談する
引用元-会陰切開とは?痛みはいつまで続く?手術後に気をつけることは? | Conobie【コノビー】

  • 夫婦生活は産後1か月くらいから
  • 会陰切開後は、清潔を保ち、過度に圧迫しないよう気を付ける

痛みをガマンしてはいけない

傷口を広げないよう、負荷をかけないようにしないと痛みは長引くばかり。育児で忙しくてなかなか疲れが取れない上に痛みが消えないのではたまったものではありません。過保護なくらいにケアしても悪くなることはないと思います。自分を大切にしてあげてください。

 

対処法を教えます!産後の排尿トラブル、トイレでしみる時は

産後の排尿トラブル① 頻尿への対処法

頻尿とは、普通に生活していて昼間の排尿が8回以上ある場合に診断されます(※1)。特に、たくさんの水分を取っていないにもかかわらずトイレに行く回数が増えたというときは要注意。妊娠中も大きくなった子宮で膀胱が圧迫されるので頻尿になったり、残尿感が出たりしますよね。産後は、少しずつ頻尿は治まってきますが、骨盤底筋が緩んでしまっているために尿を我慢できなくなっています。骨盤底筋を鍛えると頻尿を早めに改善できますよ。

産後の排尿トラブル② 排尿痛への対処法

産後に排尿時の痛みを感じる場合は、膀胱炎の疑いがあります。女性はもともと膀胱に雑菌が侵入しやすいのですが、産後は尿道も緩んでいるため膀胱炎になりやすいのです。産後に排尿痛を感じることがあれば、出産した産婦人科か泌尿器科を受診しましょう。

熱が出たり、残尿感があったり、背中に痛みがあったりすると膀胱炎の可能性が高いので、授乳中でも飲める薬を処方してもらうなど早めの対処が必要です。軽度の膀胱炎による排尿痛なら、水分をたくさん取ってどんどん排尿して雑菌を排出すれば治ることもあります。体の状態に合わせて病院を受診するかどうかを考えてくださいね。
引用元-産後の頻尿や排尿痛。原因や対処法は?尿道が痛いなら病院へ行く? – こそだてハック

  • 頻尿の見分け方と対処方法
  • 痛みは膀胱炎の可能性があるので、早めに病院へ

早めの対処で早めに解決

少々の痛みだからとガマンしてしまって、更なる痛みを呼び込んでは、ガマンした意味がありません。痛みはトラブルのサインです。正しい対処方法が分からないのであれば、病院で診断してもらう方が良いでしょう。症状が軽ければ治癒も早い。

 

体験談:産後のトイレは痛くて辛い!?

陣痛中から痛みで排尿困難に

トイレに行きたくなりナースコール。
そういえば、陣痛中にトイレに行ったんだけど、痛すぎてトイレ出来なかったんだよねー。だから、管でとってもらったんだけどね。

そして、トイレに行くために
ベッドから起き上がろうしたが、起き上がれない。体が動かない。力が入らない。傷が痛い。
起き上がらせてもらう。歩かせてもらう。たった10メートルくらいの距離を歩いただけで、息が出来なくなるほど苦しくなった。動悸も半端じゃない。苦しい。
そして、したかったトイレは、座ってみるものの出来ない。
仕方が分からない。痛い。まず便座に座ることが辛い。痛い。出ない。
おまたからおしりにかけての違和感が半端じゃない。
てかんじで、どんだけの時間がかかったんだろ。出ちゃえば、しみるってことはなかった!

自分の個室に移ると同時にはやてとバイバイ(;_;)/~~~

ベッドに寝たはいいけど起き上がれなくなってしまい、寝たいのに部屋の電気が消せなくて眩しかった笑

眩しくて寝れない。

というか、興奮が覚めなかったみたいでなかなか寝れずに、ブログを更新したりして眠気をさそった!

ギリギリまでガマンして

いい加減、電気も消したいしトイレも行きたくなったし、意を決して立ち上がることにした

たぶん、全てを終えベッドに、戻るのに一時間近くかかったと思う。笑

それくらい直後は痛かった。
あとは骨盤が開いてたからか腰が重すぎたんだと思う。

引用元-産後の傷(痛い話)トイレ事情、シャワー、体重|はやまやのブログ

  • トイレにいって排尿するだけで一苦労
  • 痛みや腰の重さで、なかなか動けなかった

出産は大仕事

こんなすさまじい体験も、笑い話のように話せる日が来るのでしょうか。痛みと戦っている最中は、ちょっと動くのも必死の思いだったのではないでしょうか。誰か代わってくれるというのなら、二つ返事でお願いしたいくらいに。

 

ツライ!産後は痛みとの戦いが!

傷がないのに痛い!?

トイレに行っておしっこしたらめちゃくちゃいてえぇ~( ̄□ ̄;)!!

ピリピリしてしみるーっ

「おしっこがしみる?うーん…切れてないし裂けてもいないしすごくキレイなんですけどねー

もしかしたら擦り傷みたいになってるのかも?
2~3日で治まると思いますよ。
見た目はホントにキレイだし…」

そう言われて安心したけど言われた通り2日間はしみまくってトイレが怖かった(つд`)

導尿しなかったけど導尿と同じ結果になりましたなぁ…導尿でカテーテル入れると2~3日はおしっこがしみるんだよね~(*_*;

後陣痛の辛さといったら!

そして産後の痛みの代表格!

その名も『後陣痛』

コレもまたイタかった~(TOT)

後陣痛とゆーのは子宮が元の大きさに戻ろうとする時の痛み。

一般的に経産婦の方が痛みが強いと言われる。

3人目ともなるとハンパなくてホントに陣痛と同じくらい痛いの!!

ずっしりしたモヤモヤから始まってキューっと子宮が縮む感覚とか骨盤をギュッと締め付けられるよーな痛みとかうめいてしまうくらいのオナカの張りとか…

手を変え品を変え襲ってくるのが後陣痛なのです(T^T)

引用元-産後の痛みとの戦い。: ☆junk-b’s WEB´☆

  • 傷はないのに、排尿時に激痛を体験
  • 後陣痛にもおおいに苦しめられた

がまんせず、痛み止めを処方してもらってもよいのでは

出産の苦しさは、実際に赤ちゃんを産むことだけで終わらないんですよね。後陣痛や排尿トラブルなど、覚悟はしていても、かなりの苦痛が襲ってくることも。多少の個人差はあるのかもしれませんが、数日続くこともありますからたいへんです。