【医療事務】資格取得を目指す!専門学校に通う意味&心構えを教えて

医療事務の資格を取得するために専門学校に通う意味と心構え

女性には人気が高い資格、医療事務。

その医療事務には数多くの資格が存在します。

資格取得のための勉強方はどういったものを選ぶのがいいのでしょうか?

通学講座、通信講座、独学。

自分のライフスタイルに合った学び方をここで考えていきましょう。

本当に「意味のある」勉強方法|医療事務の資格を取得するために大切なポイント

医療事務の効率的な学び方

さまざまな種類の資格がある医療事務ですが、どうやって学んでいくのが効率的なのでしょうか。

端的に言えば、ライフスタイルに合わせ、自分なりの方法を見つけていくのが一番いいということになります。

医療事務という資格を取得する目標はみんな同じであっても、勉強スタイルはそれぞれ状況や好みによって違ってくるでしょう。

現在、就職しており転職のために医療事務の勉強をするのであれば、学校に通いながら勉強していくのは難しいと感じるかもしれません。

通信教育を選択するということもあるでしょう。また、自宅で学習するにはかなりの自主性が必要なので、途中で挫折したり、自分は向いていないと感じたりしてしまうこともあるかもしれません。

徹底的に勉強するなら

徹底的に勉強したいと考えるのであれば、その場合は専門学校や短期大学等に通って、集中的に深く学んでいくという方法もあるでしょう。

学校に行きたいと思いながらも、近くに学校施設がなくて、通学は断念せざるを得ないという状況もあります。

ほかにも、独学で勉強するのが好きという方や、できるだけ安く資格を取得したいという方もいます。その場合、参考書などを購入して、自宅で予定を作成し、自分のペースで学んでいくという方法もあるでしょう。

引用元-資格ナビゲーター

 

  • 医療事務の資格取得
  • 勉強の仕方はライフスタイルに合わせて

自宅で勉強するには強い意志が必要ですね。

人気の資格、医療事務。転職を考えたりする時に選択できる仕事が広がるので私の知り合いも資格取得者が何人かいます。みんな他の仕事をしながらだったので通信教育で勉強していましたが、自分なりのペースを作るのが大変そうでした。

 

意味のある勉強をするなら、専門学校がおすすめ。医療事務の仕事が身につく!

専門学校・短大・大学のメリットは?

医療現場での実習体験が可能

専門学校や短大・大学ではほとんどの場合、各種医療機関での実習カリキュラムが組まれています。

教室だけの勉強ではなく、実際に医療の現場に行くことで、患者さんとの応対を学んだり、会計やカルテ管理などの業務を体験したりします。

そのような実習で得た経験は、将来の希望職種を決めるにあたって非常に貴重な参考材料となるでしょう。

学校によってはグループ内に病院があり、医療現場に直結した教育が行われるなど、他ではできない専門的な知識や技能を習得できるのも魅力です。

引用元-医療事務 資格の通信・通学・講座ナビ

高い就職率

専門学校や短大・大学では就職サポート制度が大変充実しており、就職率が90%を超えるところがほとんどです。

就職サポート内容としては、合同企業説明会を開いたり、面接マナーに対する個別指導を行ったりしている学校もあります。

特に専門学校には、医療関係の求人情報も数多く寄せられ求人案件が豊富です。

費用と受講期間

専門学校や短大・大学で充実した教育を受けるためには、長い時間をかけて勉強する必要がありますし、やはり費用もかかりますのでそれなりの準備が必要です。

いずれも初年度の費用は、専門学校の場合で、年間60〜100万円程度、短大・大学の場合では年間120〜150万円程度は必要になってくると考えておいたほうがよいでしょう。

引用元-医療事務 資格の通信・通学・講座ナビ

 

  • 専門学校、短大、大学だと現場実習が体験出来る
  • 通学する時間と費用の準備が必要

学校で学ぶには時間とお金の準備が必要です。

私は家で自主学習するのが大の苦手なので、真剣に資格取得を目指すなら学校に通うことを選択します。他の仕事をしているとしたら退職してからということになるでしょう。そこまでして取得すべき資格なのかどうか、よくよく調べた上で、ですね。

 

 

「通信講座」「独学」それぞれの特徴は?医療事務、専門学校に行く意味がないの…?!

通信講座・・ハガキやインターネットで資料を取り寄せて勉強します

メリット

  • 開いた時間などを利用して自由に勉強を進めていける。
  • テキストのみの講座だけでなく、CDやDVDなどの教材を利用した講座がある。
  • 質問もインターネットで!疑問を溜め込まないでやる気に繋がる。
  • 費用は講座によって違いますが5万円前後と、通学講座よりさらに安く抑えることができる。

デメリット

  • 自分の都合で勉強を怠けることもできるので、意思が弱いと挫折してしまう可能性あり。
  • 通信講座には有効期間があるので、その期間内に資格が取れなかったということがないように注意。

独学・・テキストを自分で購入して、それに沿って勉強していきます。

メリット

  • いつ、何を、どれだけ勉強するかをすべて自分で決めて勉強をすることができる。
  • テキスト代と受験料しかお金がかからないので、コストパフォーマンスに優れている。
  • しっかりとた目標と計画を立て、それに沿って自己管理をきちんとできる人には最適の勉強方法。

デメリット

 

  • 学校に行く時間がない人は通信講座か独学か
  • 通学講座より費用が安く済む
  • 何れにせよ、自分でカリキュラムを組むので強い意志と覚悟が必要

空き時間に勉強できる通信講座が人気なのもわかります。

まとまった時間を作ろうと思うと勉強は気が重くなりますが、ちょっと空いた隙間時間に少しでも学ぼうと思えば通信講座の勉強も進んでいきそうですね。何よりも、費用が安く済むというのが魅力ではないでしょうか。

 

仕事内容の基礎知識|医療事務とはどんなお仕事?

医療事務とは何か?

医療事務は主に診療報酬明細書(レセプト)の作成を行う仕事で、正確には医療保険事務と呼ばれています。

医療機関での受付、会計業務、カルテ管理、データ入力など、様々な事務処理を行うのに有利です。

ただし資格がなくても仕事は可能で、就職後に取得を目指す人もいます。通信講座などの養成機関も豊富で、特に女性に人気の資格です。

医療事務の難易度は?

医療事務は多くの団体や法人によって試験が行われているため、内容や難易度はそれぞれ異なります。

もっとも難しいといわれているのは、財団法人日本医療保険事務協会が実施している「診療報酬請求事務能力認定試験」で、合格率は30〜40%ほどですが取得できればかなり高い評価が得られます。

引用元-マイナビニュース

医療事務取得後の年収は?

医療事務の資格があるかないかで年収が変わるということはほとんどありません。

パート、派遣、正社員によっても年収は異なりますが、他の仕事に比べ特別高いということはなく、250〜300万円となっています。

通常の事務関係の仕事と同じくらいか、少し高い程度と考えると良いでしょう。

引用元-マイナビニュース

 

  • 医療事務の主な仕事は診療報酬明細書(レセプト)の作成
  • 難易度は団体や法人によって違う
  • 年収は資格の有無で変わることはない

 

医療事務の試験は数多くの団体で行われているんですね。

医療事務の資格に難易度があることを初めて知りました。調べてみると「医療事務検定試験」というのが基本的な試験のようです。そこから派生して医事コンピューター能力やレセプト点検能力等専門的な試験に広がるようです。

資格は絶対に必須なのか…医療事務の仕事に就くためには

医療事務の資格って本当に必要?

医療事務の資格は全てが民間の資格であり、中には公的資格も存在しています。

これら民間資格や公的資格などを取得していなくても、実は医療事務として勤務することが可能となっているのです。

それならば、やっぱり時間や費用をかけてまで取得する必要がないのではないかと思うかもしれません。

ですが、そういうことではないのです。

資格の有無は採用されるかどうかにかかわる

医療事務の資格が無いという方と、医療事務の資格があるという方が同じ勤務先に応募した場合、どちらの方が採用されると思いますか?

自分が雇用する側の立場として考えてみると、すぐに答えが出るのではないでしょうか。

やはり、医療事務の資格を所持している方を優先的に採用したいと思うはずです。

正社員として雇用されるのであれば、尚更資格の有無は重要となります。

専門的な知識を持っていることは、それだけ信頼を得る事が出来るということなのです。

医療事務資格取得に学歴は関係ない

また、資格を取得するにあたり、受験資格が設けられていないものも多く存在しています。つまり、学歴などに関係なく、取得することが出来るということになります。

学歴などに関係なく受験することが出来るということは、今まで学歴がネックだった方にとって、それだけ自分の就職の幅を広げる事が出来るという事です。

また、公的資格を取得すると、就職や給料、待遇などに差が生じる場合もあります。

難しい試験と言われているものも存在していますが、一生懸命頑張って合格することが出来れば、その分、医療事務としての自分の自信にも繋がります。

引用元-医療事務の資格と仕事

 

  • 医療事務は資格がなくても仕事が出来る
  • 専門知識がある方が採用されやすい
  • 公的資格を取得すれば待遇に差が生じる場合もある
  • 学歴は関係なく検定試験は受けられるものが多い

難しそうですが、公的資格取得に意味がありそうですね。

医療事務は資格がなくても仕事をすることが出来るんですね。仕事をしながら資格を取得するという方法もありな訳です。ただ、就職する時に資格があるかないかでは採用する側の意識が違うでしょう。やはり基本的な知識を得てから就くべき仕事だと思います。