人気のお仕事!医療事務「病院」or「クリニック」オススメの職場は?

医療事務をするなら病院?クリニック?どちらがオススメ?

人気がある資格の中の一つ医療事務。資格取得者も多いですが、働くなら総合病院とクリニック、どちらがいいのでしょうか?

雇用形態も正社員や派遣、パートと様々です。

病院の規模による仕事内容や待遇の違い、気になる医療事務のあれこれをまとめました。

Q、病院とクリニック、どちらにすべきか…医療事務の仕事場に悩む

総合病院とクリニックそれぞれのメリットデメリットは?

30代既婚、子供が3人います。
医療事務の資格をとり、現在派遣でクリニックで働いています。
今のクリニックは残業が30~60時間もあり、既婚子持ちの私には続けるのが難しそうなので、契約更新しないでおこうと思います。

できれば正社員で働きたい

次の就職先を探そうと思っているのですが、総合病院かクリニックかで悩んでいます。
将来の教育費などを考え、フルタイム、できれば正社員で働きたいのですが、それぞれのいいところ悪いところ、休みの取りやすさや、お給料、残業など、参考にさせていただきたいので教えてください。

引用元-医療事務、総合病院とクリニックそれぞれのメリットデメリットは? – 30代… – Yahoo!知恵袋

 

  • 派遣で医療事務として働いていたクリニックは残業が多い
  • 次の職場は総合病院かクリニックか
  • できれば正社員で働きたい

医療事務の資格は持っていて有効な資格です。

 

医療事務はどんな病院でも必要とされる職種です。私の知り合いも医療事務経験者で病院の会計で点数計算がおかしいと感じるとよく担当者に確認を取っていてすごいなと思いました。働く場合、問題はその待遇ですよね。調べていきましょう。

A、病院でもクリニックでも…待遇をリサーチ!医療事務をする前に知っておきたいこと

総合病院の正社員枠は少ない

医院・総合病院両方での勤務経験があります。
総合病院での勤務は、医院等と違い業務が細分化されていますので、配属部署や担当業務によっては残業も少ない場合があります。

レセ・請求業務担当になるとかなり残業や休日出勤等もあります。
総合病院などの規模の大きな病院では、ご存知のように派遣・委託に医事業務を任せている場合が多く、正職員求人枠は少なく、かなり難関と思います。

有給等々を含む福利厚生が良い・給与待遇もそこそこ見込める病院の場合は、職員の欠員が出ませんので求人も出されません。

総合病院は部署によって残業や休日出勤がある

総合病院で入院担当をしていた時期は、レセと入院費請求期間等の残業で40時間前後、日祝日も医事課内で当番制で日直業務がありました。
残業や休日出勤に関する手当・代休等々が取れる状況にありましたのでまだ恵まれていたと思いますが、病院によっては手当も無し・代休や有給も取れないなんてこともありますので、事前にリサーチは必要かと思います。

医院の場合、事務職を優遇してくれることもある

医院の場合においても、ほとんど残業のない医院もありますし、比較的事務職を優遇してくれる場合もあります。

引用元-医療事務、総合病院とクリニックそれぞれのメリットデメリットは? – 30代… – Yahoo!知恵袋

 

  • 大きな病院だと意見や委託に医療事務を任せている場合が多い
  • 待遇を事前にリサーチしよう
  • 事務職を優遇してくれる医院もある

総合病院、クリニック、何れもリサーチが大切です。

 

どんな職場でも、残業や休日出勤、その手当等に関しては事前にきちんと確認しておきたいものです。調べてみると大きな病院での正社員雇用は少なそうですね。仕事を細分化する分人数も必要になりそれらの人件費節減がその理由でしょう。

病院】と【クリニック】の違い|医療事務の仕事、あなたの目指す働き方は?

ベット数が多くなればなるほど仕事が細分化される

入院ベット数が多くなればなるほど、医療事務の仕事は細分化されていきます。
受付は受付業務だけ、会計は会計業務だけ、レセプト作成は作成のみ、
請求書発行は発行のみというふうになります。

医療事務の一連の流れを経験した後総合病院で働く

医療事務を目指す人は、それぞれになりたい目標があると思いますので、
まずは自分が医療事務の一連の流れをすべて経験したいのであれば
ベット数の多い総合病院ではなく、診療所というくくりの医院やクリニックで働くことをお勧めします。

ある程度経験を積んで、その道のスペシャリストになることを希望するのであれば、
レセプト業務、会計業務などと分かれている総合病院で働くことをお勧めします。
スペシャリストのメリットは、月単位の業務が決まっていることから
忙しい時期とそうでない時期が予め分かるということです。

あなたはどんな医療事務を目指しますか。

引用元-病院とクリニックの違い – 医療事務通信講座ランキング.jp

 

  • 病院の病庄数が多いほど医療事務の仕事は細分化される
  • 目指す医療事務の目標を決める
  • 経験を積むために最初は医院やクリニックで働く

医療事務のスペシャリストを目指すなら。

会計や受付、レセプト業務と医療事務の仕事内容も多岐にわたるんですね。何れかのスペシャリストを目指すなら最初はそれらの仕事の一連の流れを経験した方が良さそうです。その経験から自分の目指すものをつかみましょう。

 

コミュニケーション能力が必要?!病院とクリニックの医療事務で求められる人材

大学病院、総合病院の場合

大学病院や総合病院などの大きな病院では分業が進んでいます。レセプト作成のみの業務や、受付と会計のみの業務、入院退院患者の手続きのみ行なうなど、ひとつの科の中でも細分化されています。また、医療秘書などの仕事もあり、院長や教授、看護部長などのスケジュール管理や資料作成などを手伝う事もあります。

病院全体の利用者数などを計算し、病院の運営をコンサルティングする業務などもあります。ひとつの業務に専念する事ができますし、患者の応対が苦手だという方でも働く事ができます。分業しているためパートタイマーの雇用も多くありますし、医療秘書などは正社員としての雇用もあります。

診療所やクリニックの場合

診療所や個人クリニックなどで働く場合は、働いている人数が少ないため、業務は多岐に及びます。レセプト作成業務は基本として、受付、会計、患者の応対、備品の整理・管理、院内の清掃など様々な業務があります。同時に2つ以上の事をしなければならないこともあります。

診療所の場合、地域に密着している場合も多いので、患者とのコミュニケーションも大変重要となります。受付はその病院の顔になりうるので、患者に対する応対のマナーやコミュニケーション能力のスキルアップはしっかり行なっておかなければなりません。以前に接客業をした経験がある方などは有利となるでしょう。

引用元-大きな病院か個人クリニックか | 医療事務資格WEBガイド

 

  • 大きな病院の医療事務は患者の対応が苦手という人も働ける
  • 診療所やクリニックでは受付がその病院の顔になりうる

大きな病院、クリニック、自分の特性も考えましょう。

対患者ということのみならず、人間関係を柔軟に築いていくコミュニケーション能力はどんな職場にも必要です。でも一つの業務に集中することが得意というなら大きな病院が良さそうですね。医院には医院なりの遣り甲斐もありそうです。

 

悩んだら「男性のいる方」を選ぶべき?!医療事務、病院・クリニックの選び方

男性は一人でもいた方が良い

医療事務の職場は、病院や診療所(クリニック)、調剤薬局、歯科・・等々さまざまですが、基本的に女性が圧倒的に多いです。

特にクリニック、薬局、歯科医院では男性は医師以外居ない事の方が多く、事務スタッフは全て女性です。
病院になると、男性でも医療事務職員がいるところがあります。

医療事務の職場はいじめは多いのかどうか、ということですが、

「男性がひとりでも居るところは、いじめは発生しない」
という傾向があります。

女性だけの職場は職場内トラブルで悩む事がある

・・というのも、私は2年制の医療秘書の専門学校に通っていたのですが、同級生同士で、同窓会として卒業後集まったことがありました。
みんなそれぞれ医療機関へ就職して、医療事務として働いている子たちなのですが、これが不思議なことに、男性がひとりでも居る職場はなぜか雰囲気が良いのです。

逆に、女性だけの職場・・クリニックや調剤薬局へ就職した子は、職場内でのトラブルについて悩んでいる子がいました。
(一概には言えませんが!)

引用元-医療事務の職場は苛めが多い?

 

  • 医療事務の職場は圧倒的に女性が多い
  • 女性だけだと女性特有のトラブルがあるらしい
  • 一人でも男性がいる職場を選ぶ

職場には男女いた方が良いということです。

女性だけの職場だとトラブルが起こりやすいというのは医療事務だけに限ったことではありません。特に長期間勤務している女性がいるとその人次第で職場の雰囲気が決まったりします。その辺りを男性職員に引き締めてもらうのが理想ですね。