派遣会社に登録したのに、仕事を紹介してもらえない?!その理由とは

派遣会社に登録したものの仕事を紹介してもらえないあなたへ

派遣会社に登録したのになかなか仕事を紹介してもらえない、その理由、知りたいですよね。

それは派遣会社の規模によるのか、登録者個人の問題なのか、インタビュー記事も併せて紹介してもらえる近道もまとめてみました。

仕事紹介がないと悩んでいる派遣の方、必見です!

 

派遣業界の現実を暴露?!派遣登録したが仕事紹介がないのは何故か教えます

登録者から「派遣登録したが仕事紹介がない」と苦情を言われる場合がある

派遣会社は商売でやっている。
この当たり前の事を勘違いしている人は多い。
ハローワークは、求職者のために、就業サポートを行う公的機関。
派遣会社は、クライアント企業の為に労働者を派遣する営利企業である。

登録者の中で、仕事紹介が多い人と少ない人がいる。
この違いは、その人を派遣してもらいたいというクライアント企業からのオーダーが多いか少ないかの違いでもある。
登録スタッフは仕事を選ぶのでは無く、まず選ばれて、その中から選ぶ事もできるといった状況だろう。

引用元-派遣登録したが仕事紹介がない方へ (/_;) – 暴露 派遣業界  ( ゚Д゚)

クライアント企業の面談に勝てる人選の手順

面談に勝てる、効率的なスタッフ人選の手順は
①通勤可能な沿線上で、年齢で検索をかける。
②その中から最低限のスキルをクリアーしている人を幅広くピックアップする。
③写真を見て、よさそうな人の業務経験を確認する。
④仕事と転々として長続きしない人と登録時のスタッフ印象の評価が悪い人を弾く。

派遣は、継続取引で利益を出すものなので、すぐ辞めたり、クライアントと揉めそうな人は今後のオーダーを潰す可能性があるので、必ず外す。
派遣で高いスキルを求めるオーダーはそれ専門の部署や派遣会社があり、通常の一般派遣は基本的に、少しがんばれば誰でもできるレベルの仕事が多い。
若くてルックスが良ければ、担当者も仕事を教えて育てていこうとするし、そうでなければ即クレームになったりする。
残念だが、これが現実だ( `ー´)ノ

引用元-派遣登録したが仕事紹介がない方へ (/_;) – 暴露 派遣業界  ( ゚Д゚)

 

  • 派遣会社に登録しても仕事を紹介されない
  • 派遣会社は派遣先企業の面談に勝てる人選をしているから

派遣会社はハローワークとは違います。

派遣会社に登録すると間もなく希望した仕事の依頼が間もなく来る訳ではありません。派遣先に紹介した人員が求めているものと異なっていれば派遣会社の評価が落ちて利益を得られなくなるのです。

 

本当の理由を探ってみよう。派遣の仕事が紹介されない原因は…

派遣会社の評価は登録者数の人数

派遣会社は登録者が多ければ多いほど評価が高くなります。
ただ、多くは集めたいが全員に紹介しようなんて派遣会社は考えません。
ではどんな理由で紹介されないかというと、

●派遣会社で抱えている求人が少ない
●紹介する前に「紹介できない」と判断されてしまう

この二つが大きな理由と考えられます。

仕事が決まる前の職場見学は重要ではない

大事なのは希望するお仕事が決まる前の職場見学だと思っていませんか?
それは大間違いです。
紹介されない理由で2つ挙げましたが、前者の求人数が少ないという理由は殆ど当てはまりません。
紹介できる求人がない派遣会社は積極的に募集をしません。
募集するだけ無駄な工数になりますからね。

引用元-派遣の仕事が紹介されない本当の理由|-派遣会社チェキ-

 

  • 派遣の仕事が紹介されない本当の理由
  • 「紹介できない」と判断されてしまうから

結局は人に対する評価なのです。

派遣会社は自社の評価を上げるために登録人数を多くしたいと思っています。でも、全員に仕事を紹介できる訳ではありません。「紹介できない」と判断されないずに仕事を紹介してもらえるようになるポイントはどこにあるのでしょうか?

 

大切なのは派遣会社選び!やりたい仕事を紹介してもらえる近道

派遣メイドのインタビュー記事より

名前をよく聞く大手派遣会社では、人気の高い事務などのオフィスワークはどこも得意としています。
ただ、派遣会社によってはIT・メディカル・マスコミ系など専門部署があったり大手メーカー系に強い別会社をもっているところもあります。

引用元-【元派遣会社社員が暴露】vol.1派遣会社の選び方|派遣メイド

的を絞って仕事を探したいときにはそのような派遣会社に登録するといいと思います。
各派遣会社のホームページ内にグループ企業欄があるので、確認してみるといいですよ。

引用元-【元派遣会社社員が暴露】vol.1派遣会社の選び方|派遣メイド

自分がやりたいジャンルの仕事にある程度特化している派遣会社があれば仕事に就ける可能性は広がりますね。

引用元-【元派遣会社社員が暴露】vol.1派遣会社の選び方|派遣メイド

 

  • 大手派遣会社はオフィスワークに強い
  • 専門部署を持っている派遣会社もある
  • やりたい仕事に的をしぼれる派遣会社を選ぶ

やはり大手は外せませんね。

派遣会社選びにもポイントがあるようです。事務系の仕事を希望するなら大手派遣会社は外さず登録を、専門的なスキルを持っているようならその部門に特化した派遣会社に登録すれば仕事は紹介されやすいでしょう。

 

こんなタイプが「仕事を紹介してもらいやすい人」。派遣会社が欲しがる人材

考慮すべき派遣会社への登録時期

スキル・経験が豊富な人でも、派遣会社への登録時期を誤ると、なかなか仕事を紹介してもらえない事態に陥りがちです。登録をするベストなタイミングは「即日勤務が可能な状態」。とは言え、仕事と仕事の期間が空いてしまうリスクもあります。期間を空けずに働きたいという場合は、「就業可能日より1~2週間前」までが紹介されやすい時期と言えそうです。また、例年、春と秋はお仕事が増えるので、その時期はお仕事を紹介してもらいやすくなります。

引用元-仕事紹介しやすいのはこんな人 エン派遣

スキル、経験以外に強みになる点は

スキルや経験があるのに越したことはありませんが、それだけでもお仕事紹介にはつながりません。逆に、少々スキル不足でも、ビジネスマナーやコミュニケーション力アップを心がけると、お仕事紹介につながります。また、連絡がとれる、希望条件がはっきりしていることも、派遣会社にとっては仕事紹介のしやすさにつながります。希望条件は優先順位をつけて、絶対に妥協できない条件と、他の条件によっては妥協してもよい条件を派遣会社に伝えておくとよいですよ!

引用元-仕事紹介しやすいのはこんな人 エン派遣

 

  • 派遣会社に登録する時期を見極める
  • ビジネスマナーやコミュニケーション能力を磨こう
  • 希望条件を明確にする

仕事を紹介してもらえる人になりましょう。

派遣会社から仕事を紹介してもらうにはその登録時期も十分に考慮すべき点なんですね。期間を空けずに仕事を続けるための登録のコツ、仕事を紹介してもらいやすくなるのが春と秋というのも覚えておきましょう。

 

派遣会社との信頼関係を築こう!仕事を紹介してもらうための第一歩

重要なのは登録時の第一印象

一番重要なのは、登録にて初対面の印象を良くしておくことです。
挨拶や受け答えがキチンとしていること、携帯電話はマナーモードであること、コミュニケーションがとりやすい人物であること、笑顔をみせることなど、派遣会社は意外にもスキルよりも人間性を重視して見ています。
社会人として当たり前のことですが、その当たり前ができていないと信頼させることは難しいです。
自分を大きく見せることよりも正直に、誠実な人物であることをアピールしておくことをお勧めします。
また、どの職場でも受け入れてもらえそうなコミュニケーション力も必要です。
人見知りでも、せめて笑顔で受け答えをするようにしましょう。

登録後の積極性も大切

コーディネーターも人間ですから、初対面で印象の良くない人に良い仕事を紹介したくはありません。
働く意欲と向上心があることを伝えると、より好印象を与えることができます。
少々スキルが足りなくても、やる気のある人を求めている会社は意外と多いのです。
登録後にも派遣会社との信頼関係を築くことは可能です。
ネットの情報などをマメにチェックし、派遣会社からの連絡がなくとも、自分から積極的に連絡をとることもお勧めです。

とにかく忘れられないように自分を売り込む

登録済みの派遣社員は数多くいますので、忘れられないように自分を積極的に売り込むことが大切です。
希望する仕事がなくても、新しい資格を取得した際や、登録時の希望を変更したいなどの連絡でも構いません。
接触する機会の多い人物に親しみを抱きやすいのが人間の心理です。
登録時の印象が悪くなくとも、可もなく不可もなく忘れられてしまう人もいます。
諦めずに自分自身を売り込んで、希望にあった職場を紹介して貰える努力をしてみましょう。

引用元-派遣会社から仕事が紹介してもらえないと嘆く人へ【人材派遣登録KING】

 

  • 仕事を紹介してもらうためのコミュニケーション
  • 何よりも第一印象をよくする
  • 笑顔から信頼関係を築いていく
  • 自分を売り込む積極性を見せる

登録後に忘れられてはいけません。

仕事のスキルも大切です。でもそれ以前にやる気のある人材かどうか、社会人としての人間性を派遣会社のコーディネーターは見ています。信頼関係をどう築いていくか、個々の考え方次第なのです。