子供の成長での素朴な疑問!赤ちゃんが言葉を喋るのはいつ頃?

子供の成長:赤ちゃんは言葉をいつから喋るの?

赤ちゃんの成長はあっという間。できるようになることが一つずつ増えていくのを見るのは嬉しいものです。

言葉の発達も、まさに日進月歩というくらいの速さです。周りの大人たちは、どんなふうにサポートすることが求められているのでしょう?

正解といえるものはあるのでしょうか?
 

言葉を喋るのはいつ頃?子供のおしゃべりに対する疑問を解決

赤ちゃんが言葉を話し始めるのは

赤ちゃんが意味のある言葉を話し始める時期は、1歳前後のことが多いです。早い赤ちゃんでは9ヶ月頃に意味のある単語を話始めることもあり、1歳半頃までには殆どの赤ちゃんがしゃべり始めます。

個人差があります

赤ちゃんの発達の中でも言葉の発達は、特に個人差が大きいと言われています。周りの赤ちゃんが話し始めたのに、自分の子供がしゃべらないとママは心配になると思いますが、ママが焦ったり不安になったりすると、赤ちゃんに悪影響を与えてしまうこともありますので、あまり神経質になり過ぎないようにしましょう。
もし1歳半を過ぎても赤ちゃんがしゃべらず、言葉の発達が遅いと気になる場合でも、ママやパパの話す言葉を理解しているようであれば、あまり気にし過ぎる必要はありませんが、心配な場合は1歳半検診の時に相談してみるのも良いでしょう。

引用元-赤ちゃんがしゃべる時期は何歳?発達の流れ6段階と夢占い – マーミー

  • 意味のある言葉を話し始めるのは、1歳前後
  • 個人差はあるので、神経質にならないで

気になるのは分かるけれど

体も言葉も、発達の状態はひとそれぞれ、とはいえ、他から遅れていると気になってしまうのが親心、ではないでしょうか。しかし、心配が高じて、子どもにプレッシャーを与えるようなことになっては逆効果です。親は一番ゆったり構えているのがいいのかな?

 

発達の仕方を教えて!子供が言葉を発するのはいつ?

赤ちゃんの言葉の発達過程

● 生後0〜1ヶ月頃:無意識的に生理反射として泣いたり笑ったりして声を発する
● 生後2〜3ヶ月頃:機嫌がいいときなどに喉の奥でクーという音(クーイング)をたてる
● 生後4〜8ヶ月頃:低いうなり声や高い声、唇をふるわせるなど複雑な音を出すようになる
● 生後9〜10ヶ月頃:パパパやマママといった連続子音や母音など、言葉に近い音を発する

意味のある言葉を話し始めるのは

● 生後10〜12ヶ月頃:何となく意味が分かる言葉を発する。異なる二つ以上の子音+母音を出す
● 生後1歳頃:マンマ、ブウブウ、バァバなど、意味が通じる言葉(有意味語)を発する

引用元-赤ちゃんの言葉はいつから?発達過程は?時期の早い・遅いはある? – こそだてハック

  • 声を出しているだけから言葉に近づくまで
  • 意味のある言葉を話し始める時期

感動すら覚えます

周囲の人たちの言葉を聞きながら、声の出し方、唇や舌を使って同じように発生する術を模索しているというところでしょうか。そう考えると、生まれたばかりの状態からのレベルアップはすさまじいものがあります。すごい勢いで育っているんですね。

 

どんな反応をするのがいい?子供が言葉を発している時親は?

正解はありません

赤ちゃんって本当に何を言っているのかわからないので、丁寧に反応してあげてと言われてもどう返せばいいのかわかりませんよね。
英語圏の医療情報サイト『WebMD』によれば、難しいことは必要ないとのこと。たとえば赤ちゃんが声を出しているときは親も赤ちゃんの方を向いて笑いかけたり、赤ちゃんの声やジェスチャーをママやパパも自分なりに真似するだけでいいそうです。

“返す”ことが重要

とにかく何かを返すことで、“赤ちゃんの伝えたいことはママにとっても重要”ということ、そして“コミュニケーションは一方的でなく、双方向でするもの”ということを教えることができるんです。そのとき焦って赤ちゃんの言葉の意味を理解しようとしたりせず、忙しくても急かしたりせずに、ゆったりと声を聞いてあげることが大事です。

赤ちゃん言葉でもOK

また多くのママが自然にしていることですが、赤ちゃんと話すときは高めの声で赤ちゃん言葉になったりしますよね。中には赤ちゃん言葉を嫌う人もいますが、WebMDでは“親が赤ちゃん言葉を使うことによって将来的に言葉の発達が遅れることはない”としていますから、あまり構えなくて良さそうですね。

引用元-ついに判明!赤ちゃんの「言葉の発達を早める」ためにママができること – It Mama(イットママ)It Mama(イットママ)

  • 笑いかけやジェスチャーでの反応でも良い
  • コミュニケーションは双方向であることを教える
  • 赤ちゃん言葉でも悪影響はない

愛情に勝るものはない?

調査や研究が進んで、正解と思われていたことがひっくり返ることは、育児に限らず起こり得る話です。良かれと思ってやっていたことが後々……というのは複雑な気持ちになりますが。分かった時点で方向転換ができればよいのですが。

 

注意して見てあげよう。言葉の発達が遅い子供の耳

難聴の可能性がある場合

極まれにではありますが、難聴のような聴力障害や精神的な発達の遅れが影響して言葉の発達が遅れる可能性があります。軽い難聴があれば発音そのものが不明瞭なまま改善されなかったり、なかなか2語文に進まなかったりするケースが見られます。難聴の度合いが強いと、親の声がけにも反応が見られないのでズレを感じる場合がほとんどです。音に対する反応が鈍く、難聴の可能性が考えられる場合には、検査設備の整った総合病院の小児科や耳鼻科で聴性脳幹反応検査(ABR)を受ければ、言葉を発せない子でも聴覚の異常を見つけることができます。

自閉症、脳性麻痺が疑われる場合

そのほか、神経の発達に問題を抱えている可能性や自閉症、脳性麻痺などが原因になる可能性もゼロではありません。言葉の発達が遅れ気味で、音への反応が鈍かったり、周囲への関心が薄かったりする特徴があれば、小児科か耳鼻科の専門医に相談してみましょう。

引用元-赤ちゃんの言葉はいつから?発達過程は?時期の早い・遅いはある? – こそだてハック

  • 難聴のため、音への反応が遅い場合がある
  • 神経の発達の影響の可能性もある

正解も普通もない

発達が遅いように思われたのは、個人差ではなく病気が原因だった。親御さんたちはやり切れない思いになるのではないでしょうか。しかし、誰が悪いわけでもありません。目の前の現実を受けとめ、よりよい対処法を考えるのが、お子さんにとっては一番幸せなことです。

 

親としてできることは?子供の言葉の発達へのサポートの仕方とは

親がたくさん話しかけると喋るのが早くなる?

アメリカのスタンフォード大学の研究グループによると、長期間親子の会話を調査した結果、親が子供に話しかける回数が多いほど、子供の言語能力が発達するということが明らかになったそうです。
「わたしはいっぱい話しかけているのに、うちの子はしゃべるのが遅い!」という方ももちろんいるとは思います。しかし、極端な話、家庭の中での会話が全くなく育った子と、たくさんの言葉を話しかけられて育った子は、やはり語彙力もコミニュケーション能力も高いのではないでしょうか。
一概には言えませんが、研究結果として報告されているこのことは、とても興味深いことだと言えます。

親が直接語りかけることが大切

この研究では、テレビやラジオから流れた言葉は、言語能力の発達には関係が見られなかった、と書いてあります。
同様に、わたしのママ友いわく、「テレビで繰り返された言葉よりも、わたしが同じ言葉を繰り返し話しかけた方が、早く喋るようになった」とも言っていました。
その理由はなぜかわかりませんが、直接愛情をもって注がれた言葉の方が、確実に影響があるということは言えそうです。

引用元-子供のしゃべる時期はママの接し方で変わる? | パピマミ

ダンスやジェスチャーと一緒に

絵本や子供用の歌などを聞かせるのも良い刺激になります。絵本を読んであげる時はその中のキャラクターになりきって声を変えたり、シチュエーションによって声のトーンを上げ下げすれば赤ちゃんも言葉の使い方の理解が深まります。
そして歌を聞かせてあげる時には一緒にダンスをすれば、赤ちゃんも歌の内容とその時に使うジェスチャーを覚えることができます。

引用元-赤ちゃんが言葉を話す時期!いつから話してどう発達していくの? | にちいろ

  • たくさん話しかける方が良いのでは?
  • テレビなどの音声より直接の語り掛けの方が効果的
  • ダンスやジェスチャーを伴うと覚えやすい

言葉は道具

言葉はコミュニケーションツールの一つです。どんな場面でどんな言葉を使うのかを覚えることでボキャブラリーも応用力も付くのではないでしょうか。単語帳をめくったり、1:1対応で意味を覚えたりなんてしませんものね、母国語は。