【職場恋愛マニュアル】年下男性を落とすテク…○○扱いは逆効果ですよ

職場の年下男性を落としたいなら○○扱いは逆効果かも!?

職場で年下の男性を落としたい時、どうやってアプローチをしたら良いのでしょうか。

何でも手をかけたり、タイプをずけずけ聞いてみたり…。

嫌われる前に、年下男性の心をつかむテクニックやアプローチ方法を学んでいきましょう。年下男性の心をわしづかみにしてくださいね。

さりげなく自然にアプローチする方法って…?職場の年下男性が気になる

特別扱いをしないこと

・仕事に私情を挟まない

最初にご紹介したいのは、「仕事に私情を挟まない」こと。

例えば彼が業務上何かを失敗をしたときに、「○○君は仕方ないね!」とフォローをして甘やかしたり、あなたが上司の立場であるなら彼だけ優遇した扱いをするなど。

仕事で私情を挟むと、彼だけでなく、周りの人々も怪しみます。

誰かが特別扱いをされると、意外と周りは気が付くものなのです。

こういった理由から、職場に私情を挟むのは控えましょう。

彼の恋愛観は聞かない

・必要以上に彼の恋愛観を探らない

次にご紹介するのは、彼の恋愛観を探らないこと、です。

事あるごとに「○○君の好みのタイプの女性はどんな子?!」と必要以上に探る事はお勧めしません。

彼に悟られて「うわ…がっついているなぁ」と思われる可能性があります。

そして、あなたの好意を悟られると逃げられる可能性もあります。最悪の場合、年上の女性だから「売れ残っているから焦っているんだな・・・」と思わせかねません。

彼の好みは気になるところですが、ぐっと我慢してあまり詮索しないようにしましょう。

引用元-職場の年下男性へのアプローチ!気まずくならない3つのコツ | 女子ハウ

 

  • 彼だけを甘やかしたり特別扱いをしない
  • 特別扱いをすると、周囲は気付くもの
  • 必要以上に、彼の女性の好みなどの恋愛観を聞かないこと

彼を特別扱いしたり、恋愛観を聞いたりしないようにしましょう。

年上の女性から、恋愛観やタイプなどを聞かれると、本音を答えにくいですよね。年上の女性からぐいぐい来られると、確かに焦っているのかと思われてしまいそうです。気を付けていきたいですね。

 

年下男性を落としたテクニック|職場だからこそ出来るワザ

栄養ドリンクの差し入れ

■差し入れをする
「一番つらい繁忙期の9月、『○○くん、がんばってるから』と栄養ドリンクを渡した」(27歳/商社)

同業なら、忙しい時期も把握できますよね。疲労困憊のときにもらう栄養ドリンクはありがたいもの。気配り上手の女子として一目置いてもらえそう。

ダメなところも見せる

■ダメな先輩を演じる
「壁を作られないように、ダメな先輩を演じた。『○○さん、ほんとダメっすね(笑)』といじってもらえるようになり、仲よくなれた」(28歳/広告)

「年上なのに自分がいなきゃダメな女子」と思ってもらう作戦。でも、ダメさの度を考えないと足を引っ張る先輩と思われてしまう可能性も……。

大きな声で「カッコいい」と言ってみる

■聞こえるように褒める
「別部署に配属された後輩に聞こえるように『カッコいい』と言い続けたら、相手から食事に誘ってきた」(27歳/広告)

あからさまに褒められているのを聞くと意識しはじめてしまう男子は多いでしょう。恥ずかしさを捨て、堂々と大きな声で褒めたいですね。

残業のあとに食事に行く

■残業終わりに自然に誘う
「繁忙期に一緒に残業をしたあと、『お腹すいたね。何か食べて帰ろうか』と誘うのは自然です。残業終わりに何度か食事に行くうちに仲よくなり、付き合うようになりました」(27歳/金融)

食事に誘うとなると、まるでデートのようで緊張してしまいますが、お互い残業で疲れてお腹ペコペコだと断られることも少なそうです。

引用元-コレでぞっこん! 職場の年下男子を落とした「必殺テクニック」4選|「マイナビウーマン」

 

  • 頑張ってと栄養ドリンクを差し入れする
  • 自分のダメなところを見せて、気軽に話せるようにする
  • 大きな声で相手を褒めて、誘ってもらう
  • 残業の後に自然に食事に誘って、仲良くなる

さりげなく、年下の男性に近づいていきましょう。

頼りになる上司の一面だけでなく、ダメなところも出すというのが、近づいてもらえるポイントかもしれません。気軽に相談してもらえたり話しかけてもらえるように、プライドを捨てることも大切です。

こんなしぐさが年下男性の心をつかむ。職場で見せる貴女の姿に彼は惹かれる?!

後輩の男性ができない仕事を、当然のようにテキパキとこなす。

自分ができないような仕事を年上女性がこなす姿に、ドキッとする男性もいるようです。スムーズに仕事をこなす姿や真剣な表情、「自分ができないことができる」という部分に、男性は尊敬の念を抱くのかもしれません。しかし、仕事ができないからといっていらだったりすると、男性から怖がられてしまう恐れがあるので、気をつけましょう。

引用元-年下男性をドキッとさせる年上女性のしぐさ9パターン | オトメスゴレン

突然のアクシデントでも冷静に対処する。

仕事や出先などで、急なアクシデントが起きた場合にも、冷静に対処できる女性にドキッとする男性もいます。年上女性ならではの?頼もしさ?や?りりしさ?に、好意を抱く年下男性も少なくないようです。もし、男性がアクシデントに対してあたふたしてしまった場合も、怒ったりせずに率先して対応し、年上の余裕を感じさせるといいでしょう。

引用元-年下男性をドキッとさせる年上女性のしぐさ9パターン | オトメスゴレン

年齢の差を意識せずに、男性に悩みや愚痴をこぼす。

年上女性から相談事や愚痴をこぼされたときに、ドキッとする男性もいます。男性は、年上女性の悩みや愚痴に驚くとともに、「年齢を気にせずに、頼ってくれている」と感じ、いい意味で年齢差を感じなくなる可能性が高いようです。ただし、重すぎる悩みを打ち明けたり、長々と愚痴り続けたりすると、男性が疲れてしまう恐れがあるので、気をつけましょう。

引用元-年下男性をドキッとさせる年上女性のしぐさ9パターン | オトメスゴレン

 

  • 自分のできないようなことをこなすと、ドキッとする
  • 突然のアクシデントにも動じず、冷静に対応する態度に好意を抱く
  • 相談事や愚痴をこぼすと、頼られているようで嬉しい

職場でのテキパキとした仕事ぶりに、彼はドキッとしているかもしれません。

仕事が出来る女性って本当に素敵ですよね。まずは、仕事を一生懸命にこなすことが大切です。頑張っている姿は、気になる年下の男性もきっと見ていてくれているはず。基本は仕事を頑張る事ですね。

 

「ほめて」「評価して」ハートをわしづかみ!年下男性の落とし方

STEP1:年下男子は褒めまくって落とす

「褒めるポイントはなんでも大丈夫です。仕事の成績のことから、今日のYシャツの色まで、とにかくこまめに褒めることが大事。褒められていると気持ちがいいので、ちょっと褒め過ぎかなと思っても年下男子は気にしていません。褒められて悪い気のする人はいないですよ。」

会社がチェックしてるメールで褒め過ぎないように注意してくださいね。少し照れますが、先輩である立場を活用して自然に目を見て褒めてあげましょう。

STEP2:「あなたは○○なんだから」と断定する

「ここが年上女性の腕の見せ所です。『あなたは仕事が丁寧だから』とか、『あなたって意外とおっちょこちょいなんだから』という感じで、年下男子の性格を断定してみましょう。意外かもしれませんが、これで一気に落ちてしまう年下男子は多いんです。」
占いをなんとなく信じてしまう女の子と同じで、年下男子も「あなたはこういうひとだから」という他者からの評価を欲しているのです。

「誰でも他者からの印象は知りたいもの。それを年上女性のあなたが満たしてあげることで、年下男子は安心するのです。」

引用元-職場の年下男子と距離を縮める、たった3つの自然な方法、教えます。 – TRILL【トリル】

 

  • 褒められると、年下男子は嬉しいもの
  • 年下男子は「あなたはこういう人」というような他人からの断定が嬉しい
  • 断定することで、年下男子は安心する

年下男子は、たくさん褒めてみましょう。

やはり、男性は褒められるのが大好き。しかも、褒められる相手が、仕事の出来る女性上司だったら、なおのこと嬉しいですよね。会社のためにも、彼を落とすためにも、たくさん褒めてみてください。

 

こども扱いは逆効果…年下男性との理想の関係性とは

甘えさせ過ぎず、一人の男性として扱うこと

看護師は、ケガや病気のために不安や、焦りなどを抱いている患者さんに対して「大丈夫ですよ」「心配ありませんよ」と優しい言葉を日常的にかけています。

しかし「面倒をみてあげている」という雰囲気を出さないように、気を付けているとのこと。つまり病気やケガを治すのは患者さん自身の仕事で看護師はそのサポートという、それぞれのポジションを明確にしています。

心地よい距離感が大切

さて、看護師の患者さんへの接し方を「年下の男性とつきあうテクニック」に応用する方法を考えてみましょう。基本は、甘えさせ過ぎないことが大事です。看護師が患者さんの自立を促し、サポートするように「年下だから」といって彼を子供扱いせず、一人前の男性として扱うように気をつけましょう。大人として扱われることで、心地よい距離感と関係性を築くことができると看護師さんは言います。

引用元-年下男性を惹きつける女性がしている事とは?![2/3ページ]|ウーマンエキサイト コラム(2/3)

 

  • 看護師さんは、サポートの立場を明確にしている
  • ケガや病気を治すのは、患者さん自身の仕事
  • 年下男性も、一人前の男性として扱うことが大切

年下男性を一人前の男性として接していきましょう。

男性はプライドが高い生き物です。上から目線で話していると、彼のプライドを傷つけてしまい、反発心を生んでしまう可能性があると思います。年上だからということは抜きにして、男として立ててあげることが大切ですね。