【派遣社員】副業に興味アリ!でも禁止されていないかが気になります

派遣社員の副業っていいの?それとも禁止されているの?

 

誰もがお金を稼ぎたい、収入を増やしたいと思っています。

それには本業+副業。ですよね。

副業禁止かどうかは会社の就業規定によりそうですが、派遣会社も同じなのか、許されている場合はどの程度まで可能なのか、法的なことも含めて副業についてまとめました。

副業で稼ぎたい!派遣社員だけどしても大丈夫??

副業可能かどうかは派遣会社の就業規則に基づく

派遣社員の場合、派遣元の会社の就業規則に基づいて副業禁止かどうか、が決定されます。

禁止であるかどうかは派遣元の雇用契約書をご確認ください。

基本的に副業を禁止する理由としては雇用されている会社の不利益となることを防ぐことを目的とされているため、副業が禁止されていなくとも、表立って副業可能とはあまり言いません。

副業禁止の就業規則には法律的な拘束はない

もしも副業が禁止されている場合であっても、正社員と同じく会社の就業規則のため、法律に違反するどうこうではありませんので副業は可能です。

引用元-サラリーマン副業教室

 

  • 副業禁止かどうかは派遣会社の雇用契約書を確認する
  • 法律的には副業は可能ということになる

副業に関しては派遣元との雇用契約書をまずはチェックしましょう。

正社員でも派遣社員でも収入を増やしたいと誰もが思うことでしょう。一般的には副業は禁止している会社が殆どだと思いますが中には禁止と銘打っていない会社もありそうなのでまずは就業規則を確認しましょう。

「副業禁止」が有効なケース。派遣社員の場合には…

副業禁止にあてはまる具体例

副業禁止の規定が有効とされる場合は、

・副業することによって、遅刻や欠勤などが多くなったと判断される場合。

・本業と同じ業種の会社でアルバイトをする場合は、会社の利益が損なわれると判断されます。

・会社独自の技術ややり方などが、他者にもれると判断される場合。

・違法な仕事をしている場合
(違法でなくとも、風俗関係などは会社の品位を落とすと判断される場合もあります。)

法的には会社は副業を理由に従業員を簡単に解雇できない

つまり、本業に影響を及ぼさない程度で、本業と関係のないアルバイトであれば、 就業規則違反であったとしても、法的に言えば、会社は副業を理由に解雇することはできません。

引用元-派遣社員のダブルワーク

 

  • 副業禁止規定に当てはまる具体例を覚えておく
  • 就業規則違反だとしても簡単に解雇されることはない

就業規則違反を犯しても簡単に解雇はされないんですね。

派遣会社の就業規則に違反していたとしても副業をしていたことで会社は法的に被雇用者を簡単に解雇は出来ないようです。これは少し意外な気がしますが、副業そのものを法律は規制していないので解雇にはつながらないということなんですね。

正社員より「副業向き」な派遣社員!

今より収入を増やしたい人は

景気悪化で高まる副業ニーズ

「残業ができなくて手取りが減った」「前と同じ仕事なのに時給が下がった」「仕事がないので、そもそも収入がない」……。今、こんな話をあちこちで聞きます。景気や企業の業績に応じて給与に変動があるのはやむをえないと思いつつも、そう簡単に割り切れないのも現実。収入を増やしたい人も多いのではないでしょうか?

副業として日雇い派遣を活用する

先日、リクルートワークス研究所が発表した「日雇い・短期派遣労働者の就業実態調査」も、この感覚を裏付けるような結果でした。というのも、日雇い派遣で働く人の中で1番多いのは、「副業として日雇い派遣を活用している人」だったのです。実に全体の35.7%が副業。「正社員+日雇い派遣」「自営業・独立+日雇い派遣」「パート・アルバイト+日雇い派遣」など、就業形態の組み合わせも多様です。

引用元-AllAbout

 

  • 景気の悪化による収入減
  • 日雇い派遣を活用する人が多い

Wワークを余儀なくされる人も多そうです。

派遣で働いている人は起業を目指している人も多いのではないでしょうか。景気の悪化も手伝ってますますWワークの必要に迫られる人は増えていきそうです。仕事の組み合わせ次第では目標への近道がありそうです。

 

どんな副業ができるのか…派遣社員でも無理なく続けたい

派遣社員でうまく副業をこなすには空き時間を利用すること

副業禁止規定がなければ、基本何でも選択可能です。
ただしアルバイトにように雇われる仕事で、派遣元や派遣先に迷惑をかけてしまうようなことがあれば即刻派遣の契約終了となることでしょう。

普通そんなリスクは負いません。
派遣社員の特性である時間的な自由や拘束の少なさを活用し、空き時間にコツコツ仕組みをつくったり、起業準備をすることが、派遣社員の立場をうまく活用した働き方といえます。

引用元-サラリーマン副業教室

  • 派遣社員の強みを生かして副業に就こう

派遣社員だからこそ副業に就きやすいかもしれません。

副業禁止規定が派遣元や派遣先の会社にないからといって継続的な副業に就いて会社に迷惑をかければ派遣の契約終了になるのは当たり前のことです。正社員だろうが派遣社員だろうが副業に就く場合は本業に支障をきたさないという仕事管理をすべきです。

あなたはどう?派遣社員で副業に向いているのは…こういう人です!

Wワークを希望する際気をつけること

● Wワークを希望している理由・目的が明確な方で、しっかり情報を教えてくださる方にはお仕事を紹介しやすいです。

● 連絡がとりやすい方、日々のタイムスケジュールを事前に伝えてくださる方。時間的に無理のないWワークかどうか。

● スケジュール管理ができている方なら、こちらからの仕事の依頼に対してYes・NOの返事がすぐに頂ける。そういう方とは仕事がしやすい。

● 過去に同じ業界の経験がある方は、やはりご紹介しやすいです。また、あまり間隔を空けずにお仕事につける方にはご紹介しやすいです。

● 今までもWワークの経験があり、本業と副業のいずれにも迷惑を掛ける恐れのない人や、目的意識を持っている人(収入など)。また、本業の場所と副業の場所が近く、自分の生活圏に近いことなども無理のない勤務には欠かせないと思います。

● メインのお仕事の関係でイレギュラーに都合が悪くなったり、「たかが副収入のため」と考えず、ひとつの仕事として認識してくれる人。

● 自社で派遣スタッフとして稼働しているスタッフは信頼関係ができているのでご紹介しやすいです。

● 環境適応能力が高く、自分の長所を把握し、どちらの仕事でもそれが発揮できる方。Wワークしていることに意義を感じている方。

引用元-en派遣のお仕事情報

 

  • 派遣会社から副業を紹介する場合の注意点
  • Wワークへの姿勢、意気込み

副業でもその仕事には責任を持ちましょう。

派遣会社から副業を紹介してもらえる場合もあります。その場合、派遣会社は上記のようなことに留意して副業を紹介するかどうかを決めるようです。仕事を兼務するということは責任も倍になるということを忘れてはいけません。

 

忘れてはいけない3つの注意点|副業するときは必ず前もって確認を

副業する際に確認すること

1.本業が副業を認めているか

2.副業OKな派遣会社か

3.副業したら確定申告する

です。

そもそも、会社によっては就業規則で副業を認めていなかったり、届け出が必要です。
とくに正社員の場合、そのような規則を設けている会社が少なくありません。
リーマンショック後、工場が休業する時に限って副業を認めた大手企業もありましたが、業績の回復とともに再び副業が禁止になったのは記憶に新しいところ。
副業する場合は、必ず確認しましょう。

派遣の場合も派遣会社に副業可能かどうかの確認をする

次に、派遣で副業をするのであれば、それが可能な派遣会社かもチェックが必要です。
本業が別にある人を、登録させたがらない派遣会社もあるからです。
一方で、派遣会社によっては、フルタイムの仕事もスポットの仕事も扱っており、本業のかたわらに、ときどき副業を紹介してくれることもあります。
この場合は、総労働時間も派遣会社が把握しているので安心できます。

最後は、副業したら確定申告しなければなりません。

引用元-AllAbout

 

  • 副業する際には会社が設けている副業に関する規定を確認する
  • 副業に就いたら確定申告をする

副業に就いたら確定申告が義務付けられています。

普段は縁遠い人が多い確定申告ですが、二ヶ所から給与を支給された場合確定申告をすることが法的に義務付けられています。つまり、何度も書きますがそれだけ社会に対しても果たすべき義務が増えるのが副業に就くということなのです。

 

えっ、副業先を探してくれる派遣会社もあるの?

最初から副業を希望している場合は

はじめから副業を希望しているのであれば、派遣登録の際に確認しておきましょう。またお仕事している派遣先が思ったより残業が少ないのでバイトをしたいと思ったら就業規則を確認し、派遣元の営業担当にも相談してみましょう。

引用元-派遣社員マニュアル

派遣会社に副業先を探してもらう

同じ派遣会社で副業先を探してもらうという手もあります。
派遣先の残業が減ってしまった、予定していたより少なかった、週末も働きたい、目的やどれくらいの期間・時間・収入で働きたいと具体的に派遣会社の営業担当者に相談してみてはいかがでしょうか?
現状の派遣での就業時間や業務内容、あなたのスキルも把握しているので、コーディネイトしやすいかもしれません。

引用元-派遣社員マニュアル

 

  • 派遣会社と契約する時に副業希望と申告しておく
  • 派遣会社に副業先を紹介してもらうという手もある

副業にも派遣社員の利点はありそうです。

派遣会社は仕事を紹介してくれる場です。営業担当者にきちんと話をすればそれ相応に的確なアドバイスと副業の紹介をしてくれる可能性はありそうですよね。利用しない手はなさそうです。

 

土日限定副業】がオススメ!派遣社員と両立しやすい

派遣業務と両立しやすい副業

・引越しスタッフ
引越し会社のスタッフとして、引越しの荷物の搬出や搬送を手伝います。
引越しの多い土日や3月などの引越しシーズンに求人が多いです。

・コールセンタースタッフ
商品の注文、予約、問い合わせなどに電話で対応します。
入力作業が伴うこともあります。
シフト制のところが多いので、土日祝に働きやすいお仕事です。

・試験監督
資格試験や受験会場で、解答用紙を配布・回収したり、不正がないか監視します。

引用元-元OL派遣社員のおねえさん

  • 仕事の時期や曜日によって働きやすい副業の場がある

派遣業務と両立しやすい副業は探せば他にもありそうです。

在宅勤務や単発の仕事も派遣社員の副業としては仕事がしやすそうです。シフト制の仕事も時間その他の融通が利きそうですよね。何れにせよ本業に迷惑をかけないことを大前提に副業に目を向けましょう。