派遣期間、どのくらいを長期というのか…長期で働きたい場合の注意点も

派遣の期間はどのくらいを長期というの?長期、働きたい方へ

 

派遣社員として働く時、最初に考えるのは勤務期間でしょう。

長期、短期と雇用形態は働く側から選ぶことも出来ますが実際にその期間はどれくらいなんでしょうか?

派遣社員から正社員への登用に関する法律はあるの?

派遣で働く人の気になるあれこれをまとめました。

 

 

「短期」「長期」それぞれの定義…派遣の期間による違いとは

派遣社員の雇用状況のパターン

『派遣社員』の雇用状況にも大きく分けて2パターンあります。一つ目は『長期』と呼ばれる定置固定型の雇用です。こちらは『社員』として雇用されている状態に近く、安定収入が見込めます。もう一つは『短期』と呼ばれる一時的に業務に着任し、短い期間で契約満了となる2タイプです。このケースは時給額が高かったりします。さらに、その両方に『紹介派遣』の有無というのが関わりますので、全4パターンからなります。

『長期』とは半年以上同一の勤務地に就業すること

まず『長期』というのは、半年以上の長い期間同一の勤務地に就業することを指し、こちらは『人材派遣』の中でも安定した収入につながります。また、『紹介派遣』が多いのはこのタイプの『人材派遣』です。この場合は、その勤務地でのスキル向上も考えられるため、スキルアップを目指す人や安定収入、『社員』になる企業を探している人にオススメです。また、契約満了時に更新ができるのもこのタイプが多いです。

『短期』とは半年未満の勤務期間のもの

続いて『短期』というのは、数日から半年未満の勤務期間のものを指し、ショッピングモールのオープニングスタッフなどイベント時に雇用されるケースの多いタイプです。収入金額が大きいこともありますが、期間が短く、エリアを絞ると勤務地がなくなる可能性があるのもこのタイプです。しかし、期間が短いため、飽きっぽい人や臨時に資金が必要な人にはとても重宝できる勤務方法だと思います。『紹介派遣』のケースは『長期』より少なく、『社員』を目指すには向いていないタイプです。『社員』の場合は転々と移動があったり、稼動日数が少なく月給が低かったり、特別なスキルが必要な業種だったりします。

派遣社員には4つのタイプが存在する

このようにただ『派遣社員』といっても、大きなカテゴリーで二つ、『紹介派遣』を含めると4つのタイプが存在し、自分の必要な資金と使えるスケジュールに合わせて構成を組めるのも『派遣社員』の魅力の一つです。

引用元-長期と短期、求人広告の見極め方

 

  • 派遣社員の雇用期間
  • 長期と短期の違い
  • 派遣社員には長期、短期、それぞれの紹介派遣で4つのパターンが存在する

派遣社員の雇用パターンを覚えておきましょう

一口に派遣社員といってもその雇用形態に種類があります。勤務を決める際にわかりやすいのは長期か短期かという雇用期間ですよね。ライフスタイルに合わせた雇用期間を選べるのが派遣社員の強みでもあります。

 

Q、「長期」とはどのくらいの期間を指すの?派遣のお仕事を検討中です

結婚しているが出産前までは働くつもり

結婚して2年ほど経ちます。まだ子どもはいません。
もし今後妊娠しても、出産前までしばらくは働くつもりなので、最低でも1年間くらいは仕事を続けるつもりですが、「長期」の仕事に応募することに抵抗があります。
「長期」の派遣の仕事って、最低どれくらい働けばよいのでしょうか?

引用元-長期のお仕事ってどれくらいの期間?|マイナビ派遣-派遣社員の求人サイト

 

  • 既婚、子供はいない
  • 妊娠しても出産前までは働くつもり
  • 派遣の長期雇用の期間を知りたい

妊娠出産を考えた場合、派遣社員には働き方の選択肢がありそうです。

家庭の事情によって働き方を変えたい場合こそ派遣は働きやすそうです。正社員やパートだと期限をもうけることは出来ないけれど派遣なら短期契約で働き始めることが可能だからです。

 

A、長期の場合は半年程度が目安。派遣期間の実態を調査

派遣業務は一年未満の期間勤務がその7割を占めている

ライフイベントもしっかり考えた上での、派遣業務の検討ですね。
では、派遣業務はいったいどのような長さが一般的なのか。2004年厚生労働省「派遣労働者実態調査」によりますと、一番多い雇用契約期間は「三ヶ月以上六ヶ月未満」で31.7%。次いで、「六ヶ月以上一年未満」が21.9%、「一ヶ月以上三ヶ月未満」が16.5%。大きくとらえると、一年未満の期間で勤務している派遣社員の方が7割を占めるのが現状のようです。

「長期」とは六ヶ月間程度の雇用期間から

「長期」の定義は派遣会社によって微妙に異なる面はあるかもしれませんが、こうした現状からも、六ヶ月間程度の雇用期間があれば「長期」的な契約と捉えてもいいのではないかと思います。お仕事によっては、三ヶ月程度の契約でも十分長期とみなされる場合もあるかもしれませんね。
派遣業務は単発的な数日のお仕事もありますが、派遣先企業が長期的に仕事を発注している場合、なるべく同じ方に長く担当してもらいたいと考える場合も多く、こうした側面を考えても最低三ヶ月から半年間の契約は想定しておくほうがスムーズにお仕事を獲得していけるのではと思います。

派遣会社には自分の熱意と条件を伝えることが大切

なお、派遣会社に希望を伝えていく際は、”長期的に仕事をしていく気持ちはある”、”ただし責任を持って雇用契約を満了していきたいので、三ヶ月や半年くらいの契約を継続していきたい”、など仕事に対する真剣さや熱意も伝えていきたいですね。条件にあったお仕事紹介があるといいですね。

引用元-長期のお仕事ってどれくらいの期間?|マイナビ派遣-派遣社員の求人サイト

  • 派遣社員の多くは一年未満の勤務期間
  • 長期とは概ね六ヶ月以上の勤務期間
  • 自分の希望は派遣先企業からの発注概要も考慮して伝える

派遣社員の勤務は三ヶ月更新の人が多いようです。

派遣の長期勤務は、仕事内容によっては三ヶ月でも長期とみなされることもあるでしょう。大切なのは自分が責任を持ってその仕事に携われる期間を見極めて契約に臨むことではないでしょうか?

 

長期間働きたい場合はどうする…?派遣に関する法律も確認しよう

契約更新の際に期間延長を勧められる場合がある

派遣社員の契約更新の際には、同じ3ヶ月更新の場合と、6ヶ月へ、1年へと期間を延ばすように勧められる場合もあります。

たとえば自分としてもその職場を気に入りできるだけ長く働きたい、派遣先もできるだけ長期でと言ってくれたとします。しばらく先まで保障されているのはありがたいし、自分を気に入ってもらえるのは嬉しいものです。

派遣先としても頻繁な更新手続きが面倒であったりもします。契約書は派遣会社が作成し、スタッフは契約書にサインするだけですが、派遣先は大きな企業であるほど3ヶ月ごとに契約更新の稟議書をあげたりと面倒な社内手続きがあったり、忙しい上司は出張などでなかなかつかまらないということもあります。

3ヶ月後どうなるか分からないよりも、6ヶ月・1年先まで仕事があるというのは安心です。それでも長期契約は気分的に重いのでずっと3ヶ月ごとの更新で続けたいという方もいます。契約期間の選択の自由も派遣社員に与えられた特権なのです。

派遣で同一勤務先に勤務する期間は

ただし、派遣で同じ職場で働くには期間が法律で定められています。

・一般的な業務(一般事務等):3年

・物の製造業務:3年

物の製造業務の受入は1年のみでしたが、平成19年3月より最長3年へ延長されました。それ以上同じ職場で勤務するには派遣先が正社員への登用をする義務がでてきます。

そのためその期間で契約満了となるケースが多いのです。あなたがどんなにその仕事や職場を気に入って気の合う仲間ができ、仕事も慣れてスムーズにこなせるようになり、もっと長く勤めたいと思っても契約満了という日が訪れます。これは派遣社員にとっての宿命でもあります。

ちなみに、紹介予定派遣は派遣期間終了後は直接雇用されることが前提なので6ヶ月が限度です。

引用元-派遣社員の就業期間 – 派遣社員マニュアル

 

  • 派遣に関する法律も覚えておこう
  • 派遣先企業も頻繁な更新手続きは面倒だったりする
  • 長期雇用を勧められても同じ職場で派遣として勤務できる期間は決まっている

派遣社員を三年以上同じ職場で勤務させると派遣先企業は正社員に登用しなければならないという法律があります。

派遣社員として長期間勤務したいと思っても三年間が期限と法律で決められているようです。それ以上の雇用は派遣先によるんですね。正社員登用を希望していてその道が開けるのなら契約満了時期もクリアしたいものです。

 

まずは1カ月頑張ってみよう!派遣を長く続けたいならクリアしたい

積極的な姿勢で仕事をする

たとえ、派遣先企業が求めるスキルに足りなかったとしても、その不足分を補おうとする積極的な姿勢が1ヶ月打ち切りを防ぐこともあります。企業が長期的な派遣社員を探している場合、何度も派遣社員を面談して採用をすることは望ましくないことです。

PCなどのスキルが少々足りなかったとしても、将来性が見えればそのまま契約更新するケースもあります。実際に企業の派遣採用担当者が「今度の派遣社員は、少しスキルが足りないけれど、人当たりも良く、仕事も積極的に取り組もうとしているから続けてもらうことにした」と話していたことがあります。当たり前のことのようですが、仕事には積極的に取り組みましょう。

更新の不安は避けられないけれど

希望の仕事に就け長く続けたいと思っても、更新の不安はどうしても避けられないでしょう。突然の人員削減など、企業の都合でやむを得ず1ヶ月で終わってしまうケースは派遣社員にはどうすることもできません。

まずは1ヶ月をクリアしましょう。そして、担当している仕事をしっかりと取り組んでいきましょう。

引用元-3/3 最初の1ヶ月が大事! 派遣更新を続けるコツ [派遣で働く] All About

 

  • まずは勤務一ヶ月クリアを目指す
  • 仕事のスキルが不足していたとしても積極的な姿勢を示すことが大切
  • 派遣先の都合で契約打ち切りになる不安はつきまとうもの

派遣社員の弱みは派遣先企業によって突然の契約打ち切りもあるという点。

どんな仕事にもリスクは伴います。派遣社員というと自分の都合で派遣期間を決めることが出来ますがその逆もあるということです。派遣先企業の都合で突然の契約打ち切りという事態もあり得るという認識を持っていましょう。