ダウンジャケットやコートは毎年クリーニングに出す?必要性は?

ダウンは毎年クリーニングに出す必要はある?ホントのところとは

ダウンジャケットやコートは、毎年クリーニングに出していますか?

ダウンジャケットをクリーニングに出す必要がある理由や、優れたクリーニング店を選ぶメリット、自宅の洗濯機での洗濯についてご紹介します。

ダウンジャケットの普段のお手入れも、参考にしてみてくださいね。

毎年クリーニングは必要?ダウンジャケットやコートの汚れとは

ダウンのコートにクリーニングは必要ない

以前、仲良くしている近所のクリーニング屋にダウンのコートを持っていったときのこと。

クリーニング屋のオバチャン曰く
「ダウンのコートなんてクリーニングに出さなくてもいいよ。表面の汚れを軽くふき取って、干して片付ければ十分。」
とのことでした。

ですので、クリーニング屋に出すとしても毎年は必要ないと思いますよ。
私も毎年は出しません。
引用元-冬物クリーニングって毎年必要? – 洗濯・クリーニング・コインランドリー 解決済 | 教えて!goo

カシミアのコートは、クリーニングで生地にダメージを与えることも

ダウンは目立った汚れがないようなら必ずしもクリーニングに出す必要はないですし、カシミヤのコートならむしろ洗わない方がいいです。クリーニング自体の方が生地に負担をかけたり、カシミヤの風合いをそこねてしまうと聞いたことがあります。
引用元-冬物クリーニングって毎年必要? – 洗濯・クリーニング・コインランドリー 解決済 | 教えて!goo

一度でも着たら、保存前にクリーニングに出すのがべスト

もちろん望ましいのは、たとえ一度でも身につけて外出したものでしたらクリーニングに出してから保存することです。たしかに出費は無視できないほどの額になりますが、とにかく、わが家ではそうしています。

なにしろ虫に食われて穴があく心配もなく、次のシーズンにまた取り出して、清潔なものを身につけるのはとても気持が良いし、気分が引き締まるからです。

一度しか身につけていないし、あまり汚れていない。虫干しもした…….、だから大丈夫とお考えなら、それもまたひとつの結論かもしれませんが。
引用元-冬物クリーニングって毎年必要? – 洗濯・クリーニング・コインランドリー 解決済 | 教えて!goo

  • ダウンのコートはクリーニングに出さずに自宅でのケアでOK
  • カシミアはクリーニングに出すことで生地に負担をかけてしまう
  • 一度でも着用して外に出かけたなら、シーズン終わりにクリーニングに出すべき

我が家では、着る機会が多かったもののみクリーニング

ダウンジャケットやコートをクリーニングに出すかどうかは、意見が分かれるところですよね。我が家では、シーズン中着る機会が多かったものだけクリーニングに出すようにしています。

クリーニング代を安くする方法もあるようですね。

1年に2回も?ダウンジャケットをクリーニングに出す必要があるのはこんな理由が

クリーニングに出さない?

確かにコートはシャツ、肌着のように毎回洗濯(クリーニング)する衣類ではございません。
それでは、皆さんはどのくらいの頻度でコートをクリーニングしているんでしょう?

あるアンケートによると、70%の人がワンシーズンに一度だけ。
つまり、もうコートを着なくなる春先に1回しかクリーニングしない、ということです。

クリーニング店の感覚としても、そのような方が多いと感じています。
実際に着用されているであろう冬場には、ほとんどクリーニングへ出てきません。
引用元-コートをクリーニングに出す最適な頻度は何回?

最適な頻度は?

ズバリ!オフシーズンに1回+シーズンの真ん中で1回の合計2回をオススメします。
12月~2月、3ヶ月間1度もクリーニングせずに着続けると、汚れが蓄積しコートにとってもよくありません。

あきらかに汚れたり、しみがついた場合にはそのタイミング以外でも早めに対処しなければなりません。
付いたばかりのしみなら簡単に落とせますが、時間が経てば経つほど落ちにくくなり、しみ抜きに余計なお金がかかってしまいます。
引用元-コートをクリーニングに出す最適な頻度は何回?

  • コートは、ワンシーズンに1度しかクリーニングに出さない人が多い
  • シーズン中に1度はクリーニングに出した方が◎
  • 時間がたつほど汚れが蓄積し、落ちにくくなる

コートは2着以上用意しておくと◎

コートのためには、年に2回はクリーニングに出した方が良いのですね!しかしシャツなどのようにコートを何着もそろえていない人も多いのではないでしょうか?しかし同じコートばかり着続けると、生地への負担が多いため、2着以上用意することをおすすめします。

優れたクリーニング店を選ぼう!長くダウンジャケットと付き合うために必要

優れたクリーニング店を選ぶ

ダウンジャケットの大きな特徴は、保温性です。その保温性を保つうえで重要なのが”ふくらみ”を損なわないことです。
汚れをしっかり落とし、ふくらみを復元するには、相応の手間と技術が必要です。
洗たく回数の少ないダウンジャケットを家庭洗たくで済まして次のシーズンまでしまうという方法は、例えば汚れが完全に落ち切れていなければ、カビや臭いを引き起こしたり、コーティングの劣化を早める原因になります。また、洗たくや乾燥に手間をかけず、また誤った方法で行えば、”ふくらみ”も本来の”ふくらみ”を取り戻すことが出来なくなります。

ダウンクリーニングには、専門的な知識と豊富な経験が大切

また、ダウンジャケットは品物によっては様々な加工が施されていたり、付属品がついていたりします。そうした加工や付属品も含めて、一番良いクリーニング方法を判断出来るクリーニング師のいるお店を選びましょう

ダウンジャケットに限らず、知識と経験の豊富な優れたクリーニング店を選んで利用することが、衣服を長く楽しむうえでポイントになります。
引用元-ダウンジャケットと上手に付き合う(家庭洗濯とクリーニング) | 東京都クリーニング生活衛生同業組合 – スマートフォンサイト

  • ダウンジャケットでは、ふくらみを維持するための適切なクリーニングが必要
  • 知識や経験に秀でているクリーニング店を選ぶと、衣類へのダメージが少ない

最適なクリーニング店を探してみて

選ぶクリーニング店によって、ダウンジャケットの質を維持し続けられるかが変わるとは驚きです。素人にはどのクリーニング店でもサービスの質は変わらないように感じられますが、お店によって得意分野は異なるもの。クリーニング店選びにも注意が必要です。

宅配クリーニングの高品質な業者を利用するのも一つの手ですね。

可能?ダウンジャケットは自宅の洗濯機で洗えるの?

手頃な値段のダウンジャケットは、自宅で洗える可能性あり

軽くて暖かくオシャレなダウンジャケットは、今やアウトドアのみならずタウンユースでも欠かせない防寒着となりました。
しかし、1回のクリーニングに数千円ほど掛かってしまうというのが唯一のマイナス点です。

ダウンジャケットの自宅洗濯ということであれば、水洗いができる製品か否かです。
高級な素材のものは基本的に水洗い不可ですが、比較的安価なダウンジャケットは大丈夫な場合が多いです。必ず事前に表示タグで確認してください。

自宅でダウンジャケットを洗う時の注意点

とはいえ、洗濯機使用でもネットのカバーや手洗いコース設定は必須で、洗った後は形をしっかり整える作業が重要になってきます。
自宅洗濯した結果、ダウンの厚みやフワフワ感が失われてしまったという失敗も珍しいケースではありません。
そして、プロの資格を持つクリーニング師は、一律ではなく個々のダウンジャケットに即した洗浄方法を選んで実践しています。
引用元-ダウンジャケットはクリーニングへ出す必要ない?

  • ダウンジャケットを自宅で洗えるかは、洗濯表示を見て確認する
  • 自宅での洗濯に失敗するケースも少なくないため、手洗いコースを選択したり、洗濯後形を整えたりするすることが大切

自宅で洗濯するなら、失敗する可能性も考えて

ダウンジャケットを自宅で洗濯するときは、失敗しても後悔しない覚悟が必要です。お気に入りの絶対に形を崩したくないダウンジャケットは、費用は掛かってもクリーンイング店に依頼するようにしましょう。

長持ちさせたい!ダウンジャケットは普段から正しく扱おう!

ダウンジャケットの正しい保管方法

普段のダウンジャケットの扱い方、ちゃんと知ってる?
オンシーズン中のダウンジャケットってどの様に扱われていますか?そのままなんとなく置いてたり、ハンガーに吊るしていても、かけている場所などにも注目していただきたい。ダウンジャケットの中綿であるダウンは、フェザーとは異なり空気を包んでその効果を発揮させます。
着用した後には身体から見えない水蒸気を纏っています。そのまま風にあてずに置いておけば、本来のふっくらした状態は保つ事ができません。ダウンジャケットを着用した後は、型値崩れを防止するためにしっかりとしたハンガーにかけて、風通しのよいところにしばらく吊るしておく事も大切です。

ダウンジャケットの普段のお手入れ

また、汚れにいたっても明らかな汚れ以外にも、見えないホコリなどが蓄積して、結果「汚れ」となって眼に見えて来ます。全体的な汚れを出来るだけ緩和させる方法には、「ブラシをかける」つまり汚れを蓄積させない様に軽くブラシをかけるという方法がおすすめ。

他にも固く搾った布で、表面を水拭きして、風通しのよいところにかけてあげるのも合わせて行うと良いでしょう。襟ぐりや袖口、直接肌に触れていないとはいえ、案外と触れています。マメにそうした手入れをするだけでも「案外とワンシーズンキレイに着こなせた」という方も少なくありません。

引用元-失敗しないダウンジャケットのクリーニング!洗い方・脱水は要注意!?|JOOY 【ジョーイ】

  • ダウンジャケットを着用したあとは、しっかりとした作りのハンガーにかけて、風通しの良い場所につるす
  • 軽くブラシをかけたり、きつく絞った布で水拭きしたりすると、きれいな状態をキープできる

子ども用のダウンジャケットは特に汚れやすい

ダウンジャケットは、普段からこまめにお手入れをすることが大切です。我が家には小さな娘がいるのですが、娘用のダウンジャケットはこまめにお手入れをしないと、袖口などがすぐに黒ずんでしまいます・・・。