幼稚園の【未就園児プレ保育】面接を受ける時の服装や成功の秘訣まで

幼稚園のプレ保育からの面接!面接を成功させるための秘訣!

幼稚園に入園する前に通うプレ幼稚園。多くの幼稚園が未就園児向けに導入しています。

プレ幼稚園は何をするのでしょうか?

プレ幼稚園の内容や選び方、幼稚園の面接の服装や聞かれる設問などまで調べてみました。参考にしてみて下さいね。

面接を受ける必要はあるの!?プレ幼稚園って何をするの?

プレ幼稚園とは?

「プレ幼稚園」とは、年少(主に3歳児)より一つ下の年齢(主に2歳児)の子ども達を対象とした未就園児クラスのことを言います。園によってその形態は様々で、最近では1歳児から短時間のプレ保育をする園もあります。いずれにせよ、近年多くの幼稚園がこの未就園児クラスを導入する傾向にあります。

子ども達は、決められた日(曜日)に親と共に、あるいは一人(母子分離)で、数時間~半日程度、幼稚園の先生方や同年齢のお友達と様々な体験をします。

具体的な内容はその幼稚園によって千差万別ですが、次のような内容のものが多く見受けられます。
■絵画・創作活動・リトミック・体操・苗植え・ダンス・リズムあそび・水あそび・英会話・お芋ほり
■季節の行事(運動会・クリスマス会・節分会など)
そのほか、在園児との交流やみんなでお弁当を食べたりもします。

プレ幼稚園のメリット

プレ幼稚園の目的やメリットとしては、
・お友達や先生と関わりをもつ。
・集団生活に慣れる。
・園での基本的な生活習慣を身に付ける。
・家庭ではできない知的体験や、情操体験ができる。
・入園が優先されることがある。
引用元-プレ幼稚園は利用すべき?費用・面接&説明会の注意点・準備品リストまとめ | Conobie【コノビー】

  • プレ幼稚園とは、2歳から3歳の未就園児むけのクラスのこと
  • 決められた日に、数時間先生やお友達と様々な体験をする
  • 幼稚園に入る前に、先生やお友達とかかわりをもつことができる
  • 集団生活に慣れたり、基本的な生活習慣を身に着けることができる

プレ幼稚園は、幼稚園に入る前にお友達や先生との関りを持つことができます。

我が子もプレ幼稚園に通っていました。座って話を聞いたり、列を並んで待つこと、お弁当をみんなで食べるなど、幼稚園に入ってから必要なことを学ばせてもらいました。4月の頃はまったく座れず走り回っていた子も、3月になるときちんとお話を聞けるようになっていましたよ。プレ幼稚園は通って良かったです。

入る時はどこの幼稚園でも面接は必ずある?プレ幼稚園の保育の目的とは??

プレ幼稚園の目的

近年、少子高齢化や共働き世帯の増加、子育て支援政策などの影響に伴い、プレ幼稚園クラスを開設している幼稚園が増えています。幼稚園がプレ保育を行う目的としては、以下の点が挙げられます。

●幼稚園のことを良く知ってもらえる
●入園前に幼稚園に慣れてもらえる
●子育て支援の一環として遊びの場を提供
●幼稚園への入園者数を確保できる

プレ幼稚園に入園する前に内容をチェック

プレ幼稚園の保育内容は?

プレ幼稚園の保育内容は、幼稚園によりかなり差があります。もちろん費用も様々です。プレ幼稚園選びの段階から幼稚園選びが始まっていると思って、プレ幼稚園の入園先を決める際には、以下の点をよく確認しておきましょう。

●親子一緒または母子分離のどちらであるか(園によっては途中から母子分離になる場合も)
●回数(毎週・毎月など)
●費用(入園料や毎月の保育料)
●保育内容(遊び中心・お勉強中心・英語教育の有無・外遊びはあるかなど)
●保育時間(午前中で終わるのか、お弁当や給食はあるかなど)
●通園手段(幼稚園バスは利用できるか、自家用車の駐車スペースはあるかなど)

プレ幼稚園にはいつから通う?募集はいつ頃始まるの?

プレ幼稚園がいいと聞いても、初めてのママはいつ頃、どのように入園手続きをして、いつから通わせられるのかよく分かりませんよね。園によって多少違いはありますが、こちらでは一般的な目安をご紹介します。詳細は各園に確認しましょう。
引用元-プレ幼稚園はいつから?必要?服装は?メリット&体験談 – マーミー

 

  • プレ幼稚園を行っているところが増えている
  • 入園する前に幼稚園の事を知ってもらったり、入園数を確保するため
  • プレ幼稚園は、幼稚園によって費用や回数、内容など様々
  • プレ幼稚園を決めるときには、内容をよく確認すること

プレ幼稚園は、幼稚園によって内容は違うので良く調べましょう。

プレ幼稚園に入ると、その幼稚園のことがよく分かります。先生の雰囲気や子供たちの様子もとてもよく分かるので、入園したい幼稚園があるなら入ってみるのがおススメです。プレ幼稚園に通っても、必ずその幼稚園に入園しなければならないわけではありません。子供に合う幼稚園を選ぶためにも、プレ幼稚園はいいですね。

【私立幼稚園の面接の内容について】プレの面接のある・なしは様々…

面接で聞かれる一般的な質問内容

一般的に子どもへの質問が多かったのは、

・お名前
・年齢
・絵を見て、名称が言えるかどうか(パトカー・犬などの単語の理解)
・〇・△・□の理解
・色の理解(一般的には、 赤・黄色・青)
・先生の指示を理解し、模倣できるか
(一般的には、音の再現などがあります。
例えばタンバリンで先生が鳴らした通りに子どももできるかどうか)
面接前に名前を言えるようにと練習しているママもいると思います。
知らない大人を前に座ることに、緊張する子どもも多いでしょう。

答えられなくても大丈夫

練習していても、本番になると答えられなくてがっかりすることもありますよね。

でも、落ち込んだり、イライラする必要はありません。
お受験幼稚園でないなら、子どもに質問をするのは正しい答えが知りたいからではないのです。

質問された時の子どもの態度
大人とのかかわり方
わからなかったときにどうするのか

を知るのが目的なのです。
もちろん、現在の発達状況も先生はチェックしています。
でも、入園までの数カ月の間にまだまだ子どもは変化しますので、今答えられないからといって問題になるわけではないのです。
引用元-3歳・4歳の私立幼稚園の面接時・入園時に知らなくて反省!知らなくて不安だったこと5選 | 後悔したくないママのための知育応援サイト

 

  • 私立幼稚園の面接では、名前、年齢、色など簡単な質問をされることが多い
  • 面接時の質問は、正解しなくても大丈夫
  • 質問を通して、子供の発達状況を見ている

面接では答えられなくても大丈夫ですよ。

上記の面接は、入園するときの面接ですね。私の通っていたプレ幼稚園は、先着順でした。あまりにも希望者数が多いと面接もあるのかもしれません。しかし、プレ幼稚園の面接の内容で落とすなんてことはないはず。月齢差が大きい頃ですから、気にしなくても良いと思いますよ。

着て行くのにふさわしい服装は何??プレ幼稚園の面接時や説明会に出席するとき

清潔感を意識した服装

当日の服装は(夫の)会社の上司に会う日をイメージ。

ワンピース+カーディガン
スカート+シャツ+カーディガン

どれも黒・ベージュ・グレー・白あたりの落ち着いた色味のもの。

目立ち過ぎず、清潔感を意識した「きちんと服」。

下の娘の説明会では、紺のセットアップ(トップス&スカート)を着ていきました。
引用元-みんなどうする?幼稚園の説明会・面接に着ていく服装を考える。 – 家計とお買いモノと。

目立たない服装が一番

実際の説明会では、私と同じ「きちんと服」の方が半数位いましたね。

スカートやパンツ+ニットやシャツ

ジャケットをはおっている方もいました。

やはり皆さん説明会ということで、少し意識した服装をしているのかな?という印象です。

もちろんデニム・チノなどカジュアルな服装の方も沢山いましたよ。

デニムはダメ?いえいえ、そんなことありません。

デニムでもカジュアルでも清潔感のある服装なら、問題ないと思います。

小さい子どもを連れていることもありますし、気になりませんでしたよ。

それより問題なのは、目立つ服装ではないでしょうか。

過度に肌を露出しているような服装
派手すぎる色・デザインの服装
派手で大ぶりなアクセサリーやサングラス
ヨレヨレで清潔感にかける服装

このような服装は、やはり悪目立ちしますよね。

説明会には、これから同級生になるママ達・先生方もいます。

やはり第一印象は大事ですから、「説明会の時の〇〇な人」なんて思われないようにしたいですね。
引用元-みんなどうする?幼稚園の説明会・面接に着ていく服装を考える。 – 家計とお買いモノと。

 

  • 幼稚園の説明会では、夫の上司にあっても恥ずかしくない服装で行った
  • 清潔感が大切
  • デニムでも清潔感があればOK
  • 肌の露出や派手な衣装、清潔感のない服装は目立つ

幼稚園の説明会は、清潔感のある服装を意識すると良いですね。

私の子供が通ったプレ幼稚園の説明会の時は、2、3歳の子を連れて集まるわけですから、わいわいがやがや。ほとんどの人がラフな格好でしたよ。幼稚園の説明会は、少しきちんとした格好をした人も多かったですね。雰囲気も全然違いました。幼稚園によって差が出るところですので、よくチェックしてくださいね。

幼稚園の先生がチェックして見ているのはどんなとこ?幼稚園の面接で確認すること

面接は、クラス分けや担任決めのため

幼稚園の面接では主に子供がどのような子なのかが一番知りたいそうです。

それが、クラス分けや担任を決める時の参考になるんですね。

例えば、経験豊富な先生と新任の先生では器量も違ってきます。

少しお世話が必要な子だったら、経験豊富な先生のクラスに入れよう…とかそういう基準になるわけですね。

親子の様子も見られている

また、面接の主体は子供ですが親御さんの様子も見ているそうです。

例えば、我が家の場合私が面接で子供に助け舟を出しましたが、それも親の対応として見られていたわけですねー。

そこで、じっと黙って見ているお母さんもいるでしょうし、「なんでわからないの?」と言うお母さんもいるかもしれません。

先生は、普段の親子の関係をそういうところから観察しているんですね。

また、親御さんが敬語がきちんと使えているか、そういうところを見る幼稚園もあるそうです。

お母さんがタメ口だから落とした…とかそういうことはないでしょうけど、大人としての最低限のマナーは兼ね備えておきたいところですね。
引用元-幼稚園の面接で何を聞かれるの?服装は何を着ていく?

 

  • 幼稚園の面接は、クラス分けや担任決めのために行っている
  • 親子の関係を観察されている場合もあるので注意
  • 敬語は最低限のマナー

幼稚園の面接は、クラス分けのために行っています。

願書の時点で、抽選や先着順など、すでに人数は決められているはず。私は、面接で落とされたという話を聞いたことがありません。答えられるか、出来るかなどが気になってしまいますが、合否には関係ないのですね。親子でリラックスした状態で受けられると良いですね。