どうしよう!レーヨンを自宅で洗濯!縮んでしまった時のリンス活用術

レーヨンを洗濯で縮ませてしまった時のリンスの活用方法!

レーヨンを自宅で洗濯して縮んでしまったら、どうしたらよいのでしょうか?

リンスやコンディショナーを使った対処法や手順、レーヨンという素材の特徴をご紹介します。

乾燥機で衣類が縮む理由と縮みやすい素材、乾燥機を使うときの対処法も参考にしてみてくださいね。

リンスで元に戻る!?レーヨンを自宅で洗濯・・縮んだ時の対処法とはまさかの!

レーヨンは水洗いに不向き

レーヨンは人気の高い魅力的な素材ですが、弱点もあるんです。

レーヨンは、水に濡れると強度が乾燥時の50%程度に低下してしまいます。このため、洗濯などで水濡れしてしまうと形が崩れたり、縮んでしまったりします。水ジミができやすいのも特徴です。さらに、弾性に乏しいためしわになりやすく、摩擦に弱いという特徴もあります。

これらの点から、レーヨン製品は基本的に水洗いできないとされます。
ウォッシャブルレーヨンもある
引用元-レーヨンを自宅で洗濯する方法。縮んだ洋服を復活させる | iemo【イエモ】

レーヨンを水洗いして縮んだときの対処法

うっかり縮ませてしまっても大丈夫です。ヘアトリートメントなどに含まれるシリコンの力を使えば、縮みをある程度戻すことができます。

縮みを戻す方法は、洗面器などに30度前後のぬるま湯を入れ、シリコン入りのヘアトリートメントを溶かします。その中で縮んでしまったレーヨン素材の洋服を30分程つけ置きします。その後、綺麗な水でよくすすぎ、脱水します。

ここで使用するヘアトリートメントの量は、1枚につき2プッシュから3プッシュほどです。シリコン入りなら、リンスやコンディショナーでもできますよ。
ゆっくり伸ばすのがポイント
引用元-レーヨンを自宅で洗濯する方法。縮んだ洋服を復活させる | iemo【イエモ】

  • レーヨンは水洗いすると縮んだり形が崩れたりする可能性あり
  • レーヨンが縮んだ場合、ヘアトリートメントなどを使って戻すことができる

レーヨンが縮んでも諦めないで

うっかりレーヨンを水洗いしてしまい後悔したことのある人も多いのではないでしょうか?レーヨンが縮んでしまったら諦めるしかないと思っていたのですが、コンディショナーやリンスなどである程度元に戻すことができるとは意外です。

再生方法はリンス!レーヨンなどの衣類が洗濯で縮んだ場合

用意するもの

・コンディショナー(リンス)
・水

使用するのは、お使いのコンディショナー(リンス)で構いません。コンディショナー(リンス)には、髪の毛をサラサラにしてくれる成分が含まれているため、洋服の繊維もサラサラにし、伸ばしてくれるんです。
引用元-あっと驚く!お洋服が縮んでしまっても再生できる方法 | nanapi 【ナナピ】

STEP1:つけおき

桶か洗濯機にコンディショナ(リンス)ーと、対象物のお洋服がしっかり浸かる量の水を入れます。手でよくかき混ぜてから、縮んでしまったお洋服を入れます。そのまま30分浸します

●コンディショナーの量はセーター1枚に対して2~3プッシュ、ワンピース、カーディガンに対して3~4プッシュです。

STEP2:すすぐ

その後、よくすすいで脱水します。手で行ったほうが安心ですが、大変な場合は、手で押しすすいだあと軽く洗濯機の脱水にかけると簡単です。

STEP3:干す

干す際は、ハンガーにかけると、伸びてしまう可能性があるので、平干しがオススメです。

おわりに

洗濯物の縮みを防ぐには、できるだけ、他のものと別に洗い、柔軟剤の替わりにコンディショナーを使うといいでしょう。

コンディショナーで浸けておくだけなのに、驚くほど諦めてたお洋服もまた着られるようになりますし、とても簡単なので、ぜひやってみてくださいね。
引用元-あっと驚く!お洋服が縮んでしまっても再生できる方法 | nanapi 【ナナピ】

  • コンディショナーと水を混ぜ合わせる
  • 30分つけ置きする
  • しっかりすすいだ後、脱水して平干しする
  • 普段の洗濯でも、柔軟剤ではなくコンディショナーを使うと◎

レーヨンを縮ませないよう、洗濯絵表示をチェックしよう

少しの手間で縮んだ洋服を戻すことができるとは驚きですね!しかし完全に元通りというわけにはいかないので、なるべく衣類を縮ませないよう普段のお手入れから注意が必要です。自宅で洗う場合は、取り扱い絵表示を確認しましょう。

自宅で洗濯!奥の手はリンスで!レーヨンの素材の衣類が縮んでしまったときは

レーヨンはシルクに似た美しい人工線維

シルクに似せて作られた人工繊維で、なんと人工の素材としては最古の歴史を持っています。

19世紀の終わりに高価なシルクの代わりとしてセルロースで作られたのが始まりです。
引用元-レーヨンを自宅で洗うための洗濯法 – ハナの洗濯ラボノート

日本では20世紀の初めに木材パルプを原料として作られるようになり
以前のように燃えやすいという事はなくなりましたが、非常に水に弱い素材となっています。
引用元-レーヨンを自宅で洗うための洗濯法 – ハナの洗濯ラボノート

シルクに似た光沢と手触りを持っている美しい素材です。
レーヨンは人工繊維ではありますが、天然素材を使っているために吸湿性、放湿性にすぐれ夏でもサラリと着る事が出来ます。そそのため、レーヨンを使ったアロハなどのシャツは非常に人気があります。

レーヨンは水洗いNG

コットンよりも吸湿性に優れている反面、水を十分に吸水してしまうと繊維が膨張して縮みやすい性質を持っています。
そのため、レーヨンは水洗い禁止となっていることが多いのです。

クリーニングに出しても一部のクリーニング店以外ではドライクリーニングのみに対応というところがほとんどです。
残念ながらドライクリーニングでは汗は落とせませんので、たくさん汗をかいてしまったという場合は思い切って自宅で洗うというのも有りかと思います。
引用元-レーヨンを自宅で洗うための洗濯法 – ハナの洗濯ラボノート

  • レーヨンは歴史のある人工線維で、木材パルプで作られている
  • シルクに似た素材として人気で、吸湿性にすぎれているが水に弱く、水洗いはNG
  • クリーニングではドライクリーニング対応なので、汗汚れを落とすことができない

水洗いしたいなら、手洗いでスピーディーに

レーヨンの形をキープするためには、クリーニングに出すのが一番ですが、汗を落とすことができないというのはちょっと抵抗がありますよね。水洗いNGのレーヨンを自宅で洗う場合は、縮む可能性を理解したうえで、短時間で手洗いするようにしましょう。

リンスやコンディショナーはレーヨンだけじゃない!麻やウールにも万能

麻やウールの縮みの再生にも、リンスやコンディショナーが使える

コンディショナーかリンスで繊維をほぐします。

麻やウールのような天然素材の縮みには、髪に使うコンディショナーかリンスを使って戻すのが効果的です。

衣類が縮むのは、繊維同士がからまり合い、目が詰まってしまって起こる現象。

そこに、コンディショナーやリンスに含まれる油分を行きわたらせると、繊維のからまりがほぐれ、元のふんわりとした風合いに戻すことができるのです。

麻・ウールを再生させるための手順

洗い桶に水をはり、コンディショナーかリンスを溶かします。

洗い桶に、縮みを戻したい服がしっかり浸かる程度の水を入れ、2~3プッシュ程度のヘアコンディショナー、またはリンスを入れて溶かします。

セーターなどかさの多い衣類には、水とコンディショナー(リンス)の分量も多めにします。

洗い桶がなければ、洗面所の洗面ボウルを使ってもOK。

そこに縮んでしまった服をつけ込み、30分~1時間程度そのまま置きます。

時間がたったら軽くすすぎ、軽くしぼって干してください。

縮みを防ぐために、しぼる時はギュッと力を入れてしぼったりせず、バスタオルに挟み込むなどして、やさしく水分を取るようにしましょう。
引用元-麻の服やウールの服が縮んでしまった…!元に戻す方法は? | なちゅらるのある暮らし

  • 朝・ウールなどの衣類が縮んだ場合も、コンディショナーやリンスで繊維をほぐすと◎
  • 洗い桶などでつけおきし、脱水はバスタオルに挟むなどしてやさしく行う

自宅にあるもので衣類を回復できるのはうれしい

リンスやコンディショナーは、レーヨン以外の衣類の縮みの対処にも効果的なのですね!自宅にあるもので縮んだ衣類を回復させられるのは、ありがたいです。脱水に力を入れすぎると、また縮んでしまう可能性があるため、気をつけましょう。

便利なあのアイテム!乾燥機で縮んでも諦めないで!

乾燥機を使うと縮んでしまう理由

■乾燥機で乾かすとなぜ縮むの?

繊維を製造する過程で、引っ張って伸ばす作業があります。それが、繊維が衣類となり乾燥機にかけた時、熱により繊維が柔らかくなり、もとの状態に戻ってしまいます。これが乾燥機で衣類が縮む原因です。

乾燥機で縮む可能性が高い素材

■縮みやすい服は?

繊維の素材によって、縮み具合が違います。綿・麻・毛・絹・レーヨンなど天然素材のものが縮みやすいと言われています。また生地の織り方にも違いがあると言われ、ポロシャツ・ジャージ・Tシャツ・ニットなどがそれに該当します。
引用元-乾燥機で縮んだ服を元に戻す!家庭にある意外なアレが役に立つ | 情報倉庫

乾燥機を使うなら、大きめの衣類を購入しては?

大事な衣類は、なるべく自然乾燥してください。やはり乾燥機を使用することで、後悔することがあるかもしれません。そのほかの意見として、乾燥機にかけたとき、生乾きから完全乾燥の段階で縮む事が多いため、生乾きでの状態で取り出し、後は自然乾燥という人がいました。

また、毎日乾燥機を利用する人には、ワンサイズ大きい服を最初から購入するという意見もありました。近年はPM2.5の影響で外干しをあきらめ、乾燥機を利用する人が増えています。そのためにも上手に乾燥機を利用し、ストレスフリーな生活を送ってください。
引用元-乾燥機で縮んだ服を元に戻す!家庭にある意外なアレが役に立つ | 情報倉庫

  • 製造過程で伸ばした線維が乾燥機の熱で元に戻るため、類が縮んでしまう
  • 乾燥機で縮みやすい素材
  • 衣類は自然乾燥がベスト
  • 乾燥機を使うなら生乾きの状態で自然乾燥に切り替えるか、大きめのサイズの衣類を購入すると◎

乾燥機を使うデメリットを頭に入れておいて

衣類を乾燥機で乾かす場合、縮んでしまう可能性を頭に入れておく必要があります。縮みを完全に防げるとは限りませんが、ご紹介した方法を実践していると可能性も部屋すことができるはずですよ。