本当?就活中・女子のスーツ選びはスカートがおすすめ?!実態を調査

就活中の女子のスーツはスカートがおすすめ?気になる実態とは

 

就活中のスーツ、女子はスカートとパンツどちらを選んでもいいのでしょうか?

新卒者のリクルートスーツが黒系のスカートスーツが多い要因はどこにあるんでしょうか?

スカートの方が有利なのか、パンツスーツでもかまわない企業はあるのか等

就活中のスーツスタイルについてまとめました。

それぞれにメリットがあります。スカート or パンツ?就活中の女子の服装

パンツスーツかスカートかは職場に合わせて選ぶ

パンツスカートなのかスカートなのかはあなたが希望する職場に合わせて選ぶべきなのです。そこで、それぞれを選んだ際のメリットを比較してみます。

ブラウスの襟には、襟元でシャツが開いた状態になる「スキッパー(開き襟)」のタイプと、首元までしっかりボタンがある「レギュラー」のタイプがあります。

これらは、基本的にはどちらを選んでも構いません。
ただ、スカートとパンツの時と同じように、両者にはメリット・デメリットがありますので、それらを比較して選びましょう。

スカートを選ぶメリット

過去の就活の歴史においては、スカートを履く女性が一般的だった。

そのため、スカートをはくことで協調性や真面目な感じの印象を与えることができる。

役所や金融機関など、お堅い職場の場合は、スカートのほうが印象良さそう。

パンツスーツを選ぶメリット

パンツはスカートよりも動きやすいため、仕事が早いスマートな印象を与えることができる。

ITベンチャーなど、スピードが求められる職場の場合は、パンツのほうが印象良さそう。

引用元-講師は知らないと恥ずかしい!スーツの着こなし術【女性編】|塾講師ステーション情報局

 

  • 就活中の女子の服装
  • パンツスーツかスカートか
  • 職場に合わせてチョイスする
  • お堅い職場はスカートのイメージ
  • ITベンチャー等スピードが求められる職場はパンツスーツのイメージ

就活中の服装は迷いますよね。

日本で言うリクルートスタイルの女子は黒系のスカートスーツのイメージが強いですよね。私は見かけるたびにみんな同じでつまらないなと思うのですがあれは企業が求めるスタイルなんでしょうか?パンツかスカートかくらいは選びたいですよね。

 

迷ったらスカートをおすすめする理由|就活中の新卒女子にアドバイス

パンツは新卒者のイメージが薄くなる

女子の場合、悩んだり迷うのであれば、スカートを選んでください。
パンツ、スラックスは、新鮮さフレッシュな印象を損ねてしまい兼ねないからです。

テレビドラマなど観ると分かると思うのですが、女性がパンツスーツで、ビシッときめている姿をみると、どんなイメージを抱きますか?

仕事がバリバリできる、実績あるキャリアウーマンって感じではないでしょうか。

どちらかといえば、キャリア志向で転職者というイメージが強いです。
ここで、お話している事は、新卒の方を対象にしていますので、キャリアよりもフレッシュさを大切にしていただきたいと思います。

長すぎない丈のスカートはフレッシュなイメージ

どうでしょう、そう考えるとスカートのほうが、それとなく学生の雰囲気がしてフレッシュなイメージが湧きませんか?

また、いくら同じスカートといっても、丈の長いスカートはどうでしょう。これも、あまりフレッシュという感じではないですよね。
スリット入りのスカートもあまりスリットが深いと同じですね。

このように身につけるものによって、ガラッと印象が変わってきますので、スーツを選ぶときにも、よく考えて慎重に選ぶようにしてください。
引用元-女性のパンツとスカート-就職活動で面接を上手にうけるポイント

 

  • 新卒者の場合、迷ったらスカートを選ぶべき
  • パンツスタイルだとキャリア志向でフレッシュな印象が欠けて見える

着ている服によって確かに人の印象は違って見えます。新卒で就活中の女子は学生の雰囲気を残しつつフレッシュなイメージを大切にと思うとスーツに着られているような黒いスカートスーツがいいのかもしれませんね。

スカートやパンツを選ぶ際はここに気を付けよう!就活中の女子・服装のポイント

スカートは座ったときに膝上10 cm以内がベスト

女性の就活生がスカートスーツを選ぶ際に最も気をつけたいポイントは、丈の長さです。スカートの裾幅が広すぎない点や、スリットが深くないスーツを選ぶのは当然ですが、意外と盲点なのが座った時の丈の長さです。スカートを試着する際、立った状態では確認しますが座った時の状態は見落としがちです。

スカートの腰周りのサイズにも気をつけて、椅子に座った時にウエストがきつくなく、裾が膝上10 cm以内に収まる丈のものを選びましょう。

パンツはきつすぎず、緩すぎずのサイズ感がポイント

パンツスーツの場合、あまりに細身のものや、逆にあまりに大きいサイズのものを選ぶのはよくありません。
まず、座ったときにウエストや太もも、ヒップがきつくないサイズが適切です。また、しゃがんだ時にウエストから下着が見えない事と、ヒールの高さを考慮した適切な丈の長さに調整している点がポイントです。

座った時にくるぶしが見えず、立った時はヒールが少し見える位が、丁度良いリクルートパンツの丈です。
引用元-就活で女性が着るスカートorパンツスーツの印象の違い | 就活のことならキャリアパーク

 

  • スカートは裾幅、スリットの深さ、丈に気をつける
  • 丈は着席した時膝上10cm以内に収まるものを選ぶ
  • パンツは細身過ぎないもの、座ったときにくるぶしが見えず立った時にヒールが少し見えるくらいものを選ぶ

スカートもパンツも選ぶ時のポイントが大切です。

読んでみると当たり前のことが書かれていますね。おしゃれを一番に意識するのではなくて仕事に就く上でどんな印象を持たれた方がいいかを一番に慮しなければいけないということです。スカート丈は具体的な基準があるので参考にしましょう。

 

最終的には…あなたの選びたい方を選ぶことが大切|就活中、スカートかパンツかで印象をチェンジ!

相手に与える印象を考慮する

パンツかスカートか、どちらかが明確に有利ということはあり得ません。

ただし、相手に与える印象は変わります。

スカートは女性らしさと愛嬌

スカートを選ぶと「女性らしさ」と「愛嬌」を相手に印象付けることが出来ます。

また、就活の基本はスカートです。

スカートを選ぶことでマイナスの印象を与えることはありません。

パンツは活発さと優秀

パンツを選ぶと「活発さ」と「優秀」の印象を相手に与えることが出来ます。

商社や大手メーカーの総合職など、いわゆるキャリアウーマンを目指すのならばパンツを選ぶと良いでしょう。

ただし、一昔前まで女性のスーツスタイルはスカートが圧倒的に一般的でした。

そのため、中小企業などの風土を大切にしている年配の方からはウケが悪いことがあります。

どちらが似合うのか

何より大切なのは、あなたが似合う方、履きたい方を選ぶこと。

普段からスカートを履いている人が面接の時だけパンツを履いたりすると、慣れないスーツと相まってどうしてもスーツに着られている様な風体になってしまいます。

自分に似合うスーツを選ぶことで自信にも繋がり、毅然とした態度で面接に挑むことが出来るのです。
引用元-女子の就活にはパンツよりもスカートの方が断然有利!?の真実

 

  • スカートかパンツかは相手に与える印象を考慮して決める
  • スカートは女性らしさ
  • パンツは活発さ
  • 大切なのは自分が着たい、似合う方を選ぶ

最後はやはり自分が着たい服を選ぶのが一番。

新卒者でなければリクルートスーツは自分に似合うものを選ぶのがベストのようです。何社もトライする場合はスカートかパンツかで印象を変えてみるのも良さそうですね。派手すぎない抑え目な色合いということだけ抑えておきましょう。

 

 

身だしなみにも気をつけたい…就活中の女子は要チェック

ヘアスタイル


引用元-恥をかかないための就活マナー – 就

女性
・髪の色は地毛に近い色のほうがビジネスシーンでは浮かない
・前髪も額や眉毛を出すと明るい印象に
・長い髪はおじぎをしたときなどに顔にかからないようにすっきりと束ねる
・パーマをかける場合は、ボサボサな印象を与えないようにする
引用元-恥をかかないための就活マナー – 就活支援 – マイナビ2017

細過ぎる眉毛も避けたほうがよい
引用元-恥をかかないための就活マナー – 就活支援 – マイナビ2017

女性
・厚化粧でもノーメイクでもなく健康的で自然なメイク
・目元を黒く強調し過ぎるメイクには特に注意!
・カラーコンタクトは避ける
引用元-恥をかかないための就活マナー – 就活支援 – マイナビ2017

コート

・コートを着た途端、だらしない感じ、派手な印象にならないものを選ぶ
・基本的には、若々しく見える長さ(ロングコートよりもハーフコートがよい)
・オーソドックスなタイプのトレンチコートであれば、長く使える
・スーツ、靴、かばんなどと相性の良いもの(トータルコーディネイト)
・自分の体型に合っているもの
・厚手のコートは、会場で手に持つ際に、ごわごわしてまとめにくく不便(ライナーの取り外し可能なタイプであれば、3シーズン使える)
引用元-恥をかかないための就活マナー – 就活支援 – マイナビ2017

女性
・色は、黒、紺、濃いグレー、ベージュなどが合わせやすい
・ベルト付きの場合は、きちんと締める
引用元-恥をかかないための就活マナー – 就活支援 – マイナビ2017

 

  • 身だしなみにも気をつける
  • ヘアスタイル、顔
  • コートはだらしない印象にならないように

スーツだけではなく、身だしなみも含めてトータルで好印象になるように気をつけましょう。

スーツが決まったらその他の身だしなみにも目を向けましょう。髪形、メイク、靴、コート、持ち物等トータルでバランスよく着こなすことが大切。私は靴と腕時計、バッグを同系色に揃えるのをおススメします。おしゃれ感もあるしその気遣いが仕事にも生かせると思うのです。