採用を勝ち取れ!事務のお仕事、どんな資格が就職に有利なのか調査

事務ではどんな資格があると就職に有利?

 

就職や転職の際に持っていると有利だと言われる資格。

事務職の場合、どんな資格を取得していると有利なのでしょうか?

人気の資格はあるのでしょうか?

それ以外に大切なことは?

資格以外、採用時に求められるものも含めてまとめたので参考にして下さい。

就職・転職に有利な資格、事務職の場合は…

資格よりまずは「字」がきれいかどうか

事務職で持っていると就職・転職に有利な資格とはなんでしょうか

「資格」が即「有利」とはなりません。

「資格」さえあればという考えは捨てたほうがよいです。

採用にあたって、一番重視されるのは、「人物」及び「やる気」です。

そして、事務職であれば、「字」がきれいだと有利です。

履歴書も最近ではPCで作成できるようになりましたが、やはり心のこもっているのは直筆です。

PC主流の時代ではありますが、意外と「字」を書く機会は多く、「字」がへただと、マイナス評価につながります。

履歴書は手書きしましょう。

その上で、「資格」があれば有利です。

女性の一般事務に有利な資格は?

実務経験が求められる場合がありますが、それは、男性や専門的な職種の場合です。

ここでは、女性の一般事務に有利な資格ということで話を進めていきます。

事務職の場合、その仕事に役立つ資格がよいです。

おすすめは、下記の資格です。

1.簿記(日商簿記2級ないし3級)

2.PCスキル(エクセル・ワード)

3.専門スキル(医療事務等)

4.その他(秘書検定)

引用元-事務職に有利な資格 – 就職に有利な資格ランキングまとめ

  • 有資格者である以前に「字」がきれいかどうか
  • 履歴書は手書きで書く
  • 仕事に役立つ資格を取得する

PC主流になってきましたが字はその人となりを表します。

事務系の資格も多岐にわたります。就職、転職を希望している時何らかの資格を有している方が有利だと思いますよね。ではどんな資格を有していると有利になるのでしょうか?給与設定が高めになることがあるのでしょうか?

 

資格があると有利な理由って?激戦の「事務」の採用を勝ち取るために

必要なスキルが身についていることを証明する資格が有利

事務系資格のメリットというと、取得すればやはり就職活動で有利になるという点です。

一般事務の仕事に就きたい場合は、パソコンや簿記、秘書検定など事務に必要なスキルが身についていることを証明する資格を取得していると、未経験であったり実務経験が少なくても大きなアピールポイントとなります。

病院や介護関係は増加傾向にあるので事務職の求人も多くなっている

また、病院や調剤薬局、介護施設など医療・介護分野の事務は、一般事務と違ったスキルが必要となるので、医療事務や介護事務、調剤薬局事務などの資格を有していると、専門知識やスキルが備わっているとみなされるので就職に有利になります。

特に、病院や介護施設は近年増えつつあるので、事務員の求人もそれに伴って多くなっており、未経験でも就職しやすい傾向にあります。

資格を有していると職場が見つけやすくて手当がつくこともある

また資格を有していれば、家の近くで職場も見つけやすく、引っ越してもその土地で同じ仕事につきやすいのが魅力だといわれています。

更に資格を取得していると、職場によっては資格手当てがつくこともあるので、無資格の人よりは給与が少し多くなります。

事務系資格は受験しやすい

また、事務系資格といっても、事務の分野や資格の種類によって難易度も異なりますが、比較的知名度の高い資格でも下級なら難易度もさほど高くないし、受験資格が制限されていない試験が多く、誰でも受験できるという手軽さもメリットのひとつだと言えます。

更に、年に数回実施する試験もあるので一度失敗しても、すぐに再チャレンジできるという受験しやすいのが魅力でもあります。

引用元-事務系資格取る!仕事に有利なのは?【通信講座スクール人気ランキング】

 

  • 秘書検定、簿記、パソコン等必要なスキルが身についていることを証明する資格
  • 医療事務、介護事務等専門的スキルを身につける資格
  • それぞれ就職しやすくなり有資格者には手当がつく場合もある
  • 事務系の資格は受験に再チャレンジしやすい

どういう業種に就きたいか考えた上で資格を取りましょう。

こうしてみると、医療事務系の資格を取る前に一般事務の資格取得にチャレンジした方が就職の門戸は広がりそうですね。特に基本的なPCスキルは必要不可欠なようなので勉強しておいた方が良さそうです。

 

パソコンの資格が有利?!一般事務に求められるスキル

パソコンスキルは必須

ブラインドタッチは言うまでもありません。

事務職で未経験でも可の求人はたくさんありますが、ワードもエクセルも全く使えないのでは、業務を覚える以前の問題です。

パソコンスキルは仕事以外も日常的に使う時代になっているので、使いこなすまでは行かなくても、最低限使えるようにしておきましょう。

マナーとホスピタリティーも必須

最後に、これはどの職種でも共通に言えることなのですが、女性の場合はマナーとホスピタリティーも必須です。

電話・来客対応の時に、敬語が使えなかったり気がきかなかったりすれば、会社のイメージダウンにつながります。

しかし、意外にも出来ない社会人が多いのが現実です。

実務経験がない場合には、転職、再就職活動でこういった部分、つまり社会人としてのマナー・ホスピタリティーをアピールするのも良いかもしれません。

引用元-一般事務② パソコンスキル・マナー・ホスピタリティーは必須要項

処理能力の速さがキメ手になる

事務の仕事をするために必要なもの、それはなによりも処理能力の速さです。

営業や技術系の職業と違い、事務には「これをやればいい」というものがありません。

ありとあらゆる庶務業務を、効率よくこなしていく必要があります。

転職・再就職活動においては、物事に優先順位をつけ、速く正確に業務をこなしてきた経験を見つけてアピールすると良いでしょう。

また、「これをやっておいたら○○さんが後で楽だろう」と、言われなくても先を見て仕事をすることができると強みになります。

これらを具体例を合わせて分かりやすく伝えることで、例え事務職そのものが未経験であっても、採用にぐんと近くなりますよ。

引用元-一般事務① さまざまな業務を処理するスキルの早さが決め手となる

 

  • 「未経験可」でも最低限のスキルは必要
  • パソコンはブラインドタッチが基本
  • 社会人としてのマナー・ホスピタリティーも大切
  • 事務職は処理能力の速さが要

有資格者である前に社会人としての基本を身につけておきましょう。

先にもありましたが、資格を持っていた方が有利という考えは後回しにした方が良さそうですね。会社側はやはりその人となりを重視した上での有資格者かどうかを判断基準にするようです。「未経験可」も鵜呑みにしてはいけないということです。

 

持っていると有利な資格は…?一般事務への就職を目指す

簿記2級以上

事務職の仕事の一つである様々な現金の出入管理、伝票や領収書の処理といった仕事は、帳簿即ち簿記に対する理解があった方が望ましいと言えます。

そのため、簿記に対する一定レベル以上の知識があることは、採用時の加点評価につながってきます。

但し、一言で簿記といっても採用時で評価して貰える水準は2級以上だと考えていた方が良いと言えます。

現在3級なら取得済みという方は、簿記に対する基礎的知識はあるはずですから出来るだけ早めに2級へチャレンジし、取得しておくことをおススメします。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

一般事務職において、パソコンやビジネス用ソフトの代表であるワード、エクセルといったオフィス用ソフトが使いこなせることは有利、不利というより、今や必須条件になってきたと言っても過言ではありません。

一般事務職への就職や転職を考えるなら、ワードやエクセルに対する操作知識の有無を客観的に証明してくれる「マイクロソフトオフィススペシャリスト」はぜひとも取得しておきたい資格の一つです。

引用元-一般事務職への就職・転職に有利な資格4選

 

  • 経理も事務職の中の一つ
  • 簿記は2級以上が有利
  • MOS資格も取得しよう

小さい会社は事務職が経理も兼務します。

私が始めて就職した会社は事務が経理も兼務していました。数字には弱かったのですが経理の基本を働きながら学ぶことが出来て大変いい経験になりました。今後事務系の仕事に就くならまずはMOSを勉強しようと思います。

 

「就職に有利」との噂…医療事務の資格を取得したい!

医療事務の資格は医科・歯科・調剤に分かれている

医療事務の資格を選ぶときは、医科・歯科・調剤の分野からまず選択するとよいでしょう。

自分の働きたい業務はこのなかのどれですか?

この選択で、病院や診療所、歯科医院、調剤薬局といった勤務先を大まかに決めていきます。

試験は学科と実技

資格試験の内容は、学科と実技の2つです。

このうち実技試験では、診療報酬請求業務(レセプト業務)に関するものが多く出題されます。

これは医療事務業務の基本ともいうべきものなので、しっかりと頭に入れておきましょう。

また、パソコン操作に自信がない人は、独学で勉強するか、パソコンに関する資格も取得しておいたほうがよいでしょう。

高度なものではなく、基本的な操作を知っていれば大丈夫です。

何を選べばよいか迷ったときは

どのような資格を取ったらいいのかわからない人、初めて資格を取得しようとする人は、医療事務全般をカバーするような基礎的な資格を選んでみましょう。

医療事務でスタンダードな資格といわれるのは、メディカルクラークに関するものです。

メディカルクラークとは、受付業務やカルテの管理などを行う人のことで、医療事務技能審査試験に合格すればその称号が与えられます。

引用元-医療事務に有利な資格を選ぶときのポイント

 

  • 医療事務の資格取得は働きたい業務を決めてから
  • 迷ったときは医療事務技能審査試験を受験する

医療事務は人気の資格です。

私の周りにも医療事務の有資格者が何人かいます。その中にはレセプト業務だけをいくつかの病院から引き受けている人もいて、医療関係の仕事の形態も色々あることを知り事務系の仕事に関する認識が広がりました。