仕事の悩み【続けるのが辛い時】40代の働き方…自分らしさを大切に

仕事がつらい・・・40代は自分のために生きてみよう!

40代といえば、職場では責任ある仕事を任され、家庭では子育てと、忙しく過ごしている人はたくさんいます。

しかし、親との別離や身体の変調を感じることが多いのもこの時期。立ち止まって、自分の仕事について考えることもあります。

40代の仕事の悩みや乗り切り方、数例ですがご紹介します。

「辛いと思った瞬間」はどんなとき??40代の仕事の悩みとは!?

人間関係の悩み

部署の異動などで新しい人との意見が全く合わず、やることなすことにケチをつけられる。(40代)

引用元-20代・30代・40代に仕事を辞めたい理由を聞いてみた

私の以前いた会社は、親族経営だったので、人間関係で一人と上手くいかなくなった時は、親族全員が敵に回り、面倒くさくなって辞めました。(40代)

引用元-20代・30代・40代に仕事を辞めたい理由を聞いてみた

給料の不満

安い給料でこき使われてるのかぁと思ったら、仕事をしているのが辛くなる。(40代)

仕事の内容や量などが入社当時に比べ徐々にハードになっていくのに賃金が上がらない。(40代)

引用元-20代・30代・40代に仕事を辞めたい理由を聞いてみた

やりがいを感じられなくなった

別に誰がやっても問題ない仕事で、自分がいなくなっても困らないんじゃないかと思えてしまった時。(40代)

製造ラインで一回数秒ので終わる流れ作業の工程をやっていた時、毎日がそれだけで終わることに虚しさを覚えて辞めたくなった。(40代)

引用元-20代・30代・40代に仕事を辞めたい理由を聞いてみた

  • 人間関係がうまくいかなくなり仕事を辞めたいと思った
  • やっている仕事に対して給料が見合わないように感じた
  • 職場での自分自身の存在意義が分からなくなった

誰もが通る道かな?

何の不満もなく、挫折もなく、一つの仕事を続けている人はいるのでしょうか?そう考えている私は人間が小さいのでしょうか?動機が向上心であってもワガママであっても、何らか壁にぶつかることはあるのでは?仕事に慣れたころに、ふと頭を過ぎるこんな思い。

 

【自分らしく働くこと】に決めた!40代の辛い仕事に対する意識とは!?

40代で自分の働き方を見直した

・「次の20年は“自分らしい働き方”をしたい」

体力的にも厳しさを感じ始める女性が多い40代。がむしゃらに働きキャリアを築いてきたものの、40代で働き方そのものを見直し、新しいスタートを切る女性も少なくない。

20代、30代を編集者として多忙な毎日を過ごしてきた塚本佳子さん(42歳)も、40代で「自分らしい働き方」を手に入れた一人。

父の死をきっかけに自分らしい働き方を見つけた、女性の話

それまでは「仕事は生活のため」と割り切って働いてきたが、38歳で父親を亡くしたことをきっかけに、「人生は短いのだから、やりたいことをやろう」と決意した。大好きな北欧雑貨のネットショップを週末副業でやろうと考えていたものの、理想の物件が見つからず、店舗兼自宅の一軒家を4000万円で建てることに。

建築家とやりとりを重ねる中で、自身の仕事観が大きく変化したという。「家づくりにかかわる人たちが楽しそうに仕事をしているのを見て、“私もこんなふうに働きたい”と心が揺さぶられました」

42歳で勤務先の会社を辞めて、北欧雑貨を扱うショップのオーナーに専念することになった。「予想していなかった展開だけれど、ようやく自分らしい働き方が見つかった気がする」と話す。

引用元-40代の働く女性、消費も仕事も「自分らしく」  :日本経済新聞

  • 40代で自分らしい働き方を手に入れた、元女性編集者がいる
  • 生活のための仕事から、やりたい仕事へシフトすることに
  • 他の人の仕事ぶりに感化され、好きな仕事を専業とすることになった

きっかけは大切に

「好きなこと」だから続けられる。「好きなこと」は仕事にすべきではない。仕事に関しては両方の意見が存在します。見聞きしたことも含めた自分の経験からは、どちらも正解だと思います。ただ、「好き」であることは、逆境でも踏ん張りがきく最大の条件だと思います。

 

辛いのは更年期障害が原因??40代女性が仕事で感じる負担について!

更年期障害の症状は仕事に影響する?

・更年期の症状が働く女性に与える影響

更年期の症状というと、ほてりや多汗、イライラしているというイメージが強いため、その程度なら仕事に差し支えないと思っている方が多い現状があります。しかし実際には、物忘れ、集中力の低下、無気力、眠気などの仕事に差し支える症状も起こります。そのため、仕事上のうっかりミスを連発してしまうこともあります。

引用元-更年期に働く女性のつらい悩み!更年期障害の辛い症状が仕事にも影響

退職のきっかけになることも

・更年期と働く女性の仕事事情

更年期の不定愁訴はある日突然始まって、日に日に違う症状が起こったり、強い症状があったりするので、仕事にも影響を与えてしまうことがあります。今まで難なくできていた仕事も、思うようにこなせなくなってしまうこともあり、更年期の働く女性の25%ほどが仕事量を減らしたり、退職する選択をしています。

とくに物忘れや集中力の低下によるミスが増えてしまうと、仕事に対する自信を失ってしまうこともあるようですから、まずは女性自身が更年期を理解することも大切だといえるでしょう。

引用元-更年期に働く女性のつらい悩み!更年期障害の辛い症状が仕事にも影響

  • 更年期障害の症状の中には、集中力の低下や無気力など、仕事に支障が出るものもある
  • 更年期の女性の25%ほどは、仕事量を減らしたり、退職したりしている

男性にも更年期障害はあるんですよ

更年期障害は、症状の軽重、発症する年齢など、人によって違います。見た目では分からないことも多いため、辛い思いをしている人も多いでしょう。衰えを感じ、ショックを受けたり、責任感から仕事をセーブするするのも分かる気がします。

 

仕事の付き合い方ポイント!40代独身女性…既婚者とは違いも!?

独身と既婚との違い

・40代女性の生き方

40代女性の生き方は、独身の人と既婚の人とでは生き方も大きく違ってくると思います。40代の独身女性の場合、キャリアを積みしっかりと自立している人が多く自分に投資する余裕が大きいので趣味や美容などに関して積極的な生き方の人が多いといえます。人とのかかわりや交流も多い分、自分磨きにもつながり若々しい女性が多いといえるかもしれません。

結婚している場合には、育児の経験を積み精神的な強さややさしさが出るようになり人としての評価も高くなる年代だといえます。

これからの生き方とは?

40代女性は、ホルモンバランスの崩れなど健康面での注意が必要になる年代でもありますので、今まで以上に健康に気を使った生き方が大切となってきます。

今までは自分が育てられてきた年月になり、40代からは人を育っていく年月になるといえるのが40代女性の生き方ではないでしょうか。色々な苦労を経験してきた40代女性の生き方は、前向きな人が多く自分自身をしっかりと把握した生き方をしているように思います。

引用元-魅力的な40代の女性達

  • 40代の独身女性は、キャリアを積み、自立している人が多い。
  • 既婚の40代女性は、育児の経験などから、精神的な強さ、やさしさが評価されるようになる
  • 健康面では注意が必要
  • 40代以降は「人を育てていく」年月になるのでは

「教える」というより「導く」という感じで

人との付き合い方も、仕事との向き合い方も、積み木を上手に重ねるように経験を積んできた人もいれば、上手に積めていない人もいるでしょう。しかし経験したことは無駄ではないはず。経験から生まれた知恵を、傲慢でも卑屈でもなく、さらっと伝えられたらカッコいいでしょうね。

 

転職を考えるのも1つの手段!?仕事が辛い時の解決策!

転職後に見えてくるものとは?

・転職時にこだわっていたもの

転職時にあれだけこだわった条件(残業時間、休日、給与など)、は働いているうちに忘れていきます。転職時の条件へのこだわりというのは、時間が経過するとどうでもいいものに見えてきます。

働き始めると、転職の時にこだわった条件たちよりも、仕事の内容、人間関係といったところが重要に必ずなります。転職活動中の自分を、冷静に見ることができるのがこの転職直後につらいと思っている時期です。お金が重要なのか、仕事の内容が重要なのか、次の転職の時のために自分で振り返ってみてください。

自分を縛る必要はない

わたしは入社直後でも、次の転職はなんとなく考えるようにしています。入ったら3年は頑張らないといけないという人もいますが、3年もの時間をムダに過ごすほうがもったいないです。また次の転職先を探せばいいや!という気持ちをもって、辛い気持ちを逃がしてもいいでしょう。

引用元-「転職後つらい・・・」慣れるまでの期間の過ごし方

  • 転職時と転職後では、仕事に求める優先順位が変わることになる
  • 辛いときには、「いつでも転職できる」という気持ちで乗り切ってみては?

仕事も自分もいろんな方向から見てみよう

転職後に「入る前に分かっていれば……」ということはいくつもあるでしょうね。しかし、それはどこでも同じだと思います。その仕事が、その職場が、自分に合っているか否か、それは何年いても正解は見つからないかも。決断は早くてもいいけれど、真剣に考えて自分で結論を出しましょう。

 

仕事で壁にぶつかったときの対処法!辛い時はリフレッシュが大切!

精神を落ち着けるために

・大きく深呼吸をする

もし仕事に行き詰まってつらくなったときには自分の精神を落ち着けるために大きく深呼吸をしましょう。ため息ではダメです。

止めれるのであればその作業を一度止めて、目をとじます。

おへその下あたりに意識を集中して鼻から細く長く息を吸い込み、口から吸い込んだ時間の倍以上かけて口笛を吹くように吐き出していきます。

これを3回繰り返してください。

そうすることで脳が活性化して、ストレスのせいで鈍っていた思考が再びクリアになります。

足のストレッチで血流を良くしてみよう

・足をストレッチする

深呼吸しても落ち着かないのであれば次は足のストレッチをしてみましょう。

精神的なつらさというのは、心の中だけの問題ではなく身体の緊張やつらさが影響を与えていることもあるのです。

特に足は身体の一番下側の部位で、立っていても座っていても血液がたまりやすく、脳に必要な血液の巡りが悪くなっている可能性もあります。

座っている人は椅子に座ったまま足を腰よりも少しだけ持ち上げてください。

そのまま足首をぐるぐるまわします。そうするだけで血の流れが良くなり、また血液がたまっている足全体を腰よりも高くすることで流れを良くする効果があります。

引用元-仕事ができないから辛いときの法9つ

  • できれば作業を止めて深呼吸を3回。そうすることで、脳が活性化して思考がクリアになる
  • 身体の緊張をほぐし血の巡りをよくするため、足のストレッチはオススメ

ラジオ体操もいいかも

仕事も生活もメリハリは大事です。可能であれば、散歩に行ったり音楽を聴いたり、リセットボタンを押すようなことは必要かもしれませんね。長すぎるデスクワークは、体にも脳にもあまりよろしくないという研究結果も、近年出ているようですから。