職場の男性の付き合い方!女性への嫉妬には大人の対応で上手に返そう

職場の男性から嫉妬されたときこそ大人の対応で返そう!

嫉妬は女性のものだと思っていませんか?男性だって女性に嫉妬をするんです。

しかも、男性の嫉妬は女性よりも長引いたり怖いと感じる人もいます。

職場での女性に対する嫉妬について、分かりやすくまとめてみました。男性からの嫉妬を上手くかわして、良好な人間関係を築いていきましょう。

職場の男性との接し方に【要注意】男性だって女性に嫉妬する時が!

男性も出来る女性に嫉妬する

「男性も嫉妬をする」ことを認識する

「嫉妬」というと女性の嫉妬の方が注目されがちですが、

男性も「仕事ができる女性」や「優遇されている女性」には嫉妬をします。

「仕事ができてうらやましい」という感情と、

「優遇されていてずるい」という感情です。

まず、大切なことは

「男の人も嫉妬をする」

という認識を持つことが大事です。

そういう視点を持っていれば、

「じゃあ、男性から嫉妬を受けないためにはどう行動すればいいか?」

と自分の行動や発言が変わってくるからです。

男性も嫉妬することを忘れないこと

女性は、「女性からの嫉妬」をかわす方法は

知らず知らずのうちに身につけているものです。

でも、『男性は嫉妬しないだろう』と勘違いして

不注意な発言や行動をしてしまい、男性の嫉妬を受けやすく

なってしまっていることが多いように感じます。

引用元-男性からの嫉妬とうまくつきあうには | *Craft Gre 私のすきなこと*

 

  • 男性も、出来る女性や優遇されている女性に嫉妬をする
  • 男性は嫉妬しないと思っていると、不注意な発言をして嫉妬を受けてしまう
  • 男性も嫉妬するということを認識しておく

嫉妬するのは女性だけではありません。

男性の嫉妬は恐ろしいですね。やはり会社においては男性の力が強い場合が多いので、嫉妬を受けるととても仕事がやりにくくなりそうです。男性はプライドが高い人が多いと言います。うまく男性を男性を立てておいた方が楽なのかもしれませんね。

嫉妬される前に早めに手を打とう!!女性が職場の男性と付き合う時のポイント!

男尊女卑な人も少なくないのが現実

表面上だけでも“周囲の男性”を立てる工夫を

男性はプライドが高い生き物だと言われているが、残念ながら男性社会の職場にあっては、態度にこそ出さないにせよ、心のどこかに“男尊女卑”的な思想を持っている男性も少なくない。

例えばプロジェクトが成功したときにアナタだけが上司に褒められるようなシチュエーションがあるとすれば、特に注意してほしいポイントがある。

男性を立てる気遣いは必須

他の男性の嫉妬心をうまく回避するためには、たとえ自分の努力が他の人に比較して大きく貢献したことであったとしても、「いいえ。●●さんが△△してくださったお陰なんです」などとひと言添えるように心がけ、周囲の男性陣を立てる気遣いを忘れないようにしよう。これを怠ると、男性の嫉妬心からアナタがその褒めた上司と不倫関係にある、などの根も葉もない噂すら立てられかねない。

「同僚男性を立てるなんてバカバカしい!」と思わずに、表面だけでも立てる工夫をすると、彼らからの嫉妬心を回避しやすいだろう。

引用元-デキる女性ほど注意!職場での「オトコからの嫉妬」を防ぐ2つの心得 | BizLady(ビズレディ)|美しく働く女性の興味にレスポンス!

 

  • 会社には男尊女卑の考え方の人も少なくない
  • もし褒められるような場面があっても、周りの男性への気遣いを忘れないこと
  • 男性の嫉妬心は怖いので、表面だけでも男性を立てることを忘れないこと

男尊女卑の考え方は、少なからずあると思っておいた方が良いですよ。

やはり、会社は男性社会。それに加えて、男性はプライドが高い生き物ですから、女性は気を付けていかなければなりません。また、男性女性に関わらず、謙虚な姿勢でいる事は仕事をする上で大切なことですよね。それが結果的に自分を助けてくれることになるんです。

 

実は嫉妬している人が周りにいるかも!?あなたも職場の男性に気を付けて!!

男性の嫉妬は長引く

■男性の嫉妬が怖い

・女性の嫉妬は日常茶飯事だし時が経てば忘れると思うけど、男性の嫉妬はずるずるあとを引きそうだから(24歳/女性)

・社会的な地位を用いてねたんでくる(31歳/男性)

・好きな歌手の話をしただけで、同じ土俵に立って文句を言われたことがあった(35歳/女性)

男性の嫉妬は女性より怖い

・男性の方が力もあるし、嫉妬がエスカレートして何かされたら女性より怖いと思う(29歳/女性)

・男性は思いつめるところがあるから(43歳/男性)

・年の近い職場の連中同士で、足の引っ張り合いをしているのを見て以来男の嫉妬はみっともないし、カッコ悪いと思う(41歳/男性)

男性は仕事などで同性に対して嫉妬しているイメージがあるようです。

引用元-「女性の嫉妬」と「男性の嫉妬」、怖いのはどっち?「男性>女性」 | 「マイナビウーマン」

 

  • 男性は、女性よりも長引き面倒
  • 男性の方が思い詰めて嫉妬がエスカレートしそう
  • 男性の方が力もあるので怖い

女性の嫉妬より、男性の嫉妬の方が怖いと思っている人が多いようです。

女性の嫉妬は、男女がらみのことが多いですよね。また、多くの場面で男性よりも女性同士に嫉妬をすることが多いと思います。会社においても、あまり男性には嫉妬をする人は少なく、むしろ目標や良きライバルになることがあります。男性が女性の能力に嫉妬してしまうのは、男尊女卑の考えが根底にあるからなのかもしれませんね。

 

嫉妬されないよう上手に付き合うコツとは!?職場で男性と良好な関係を築くには…

お互いの良い特性を利用する

特性を利用する

男と女お互い持っていない特性を最大限に利用すればいいのです。

・男性の特性として感情面で言えば「男性は女性よりも単純で直情的」

・女性の特性としては相手を陥れるにしても「男性よりもしたたかな技を持っている」

女性は周囲を味方にする力がある

女性の特性について一例を挙げるとすると、女性の職場で気にいらない相手に対しては「周りから有利な状況を固めていく」などが挙げられます。どういったことかと言うと、自分の周囲の女性に自分が有利な状況になるような下工作で周りを固めていくということです。

気が付けば同僚すべて彼女の味方につけているなどということは良くあります。そのような非常に巧みな戦略を人間関係の構築に利用できるのが女性だと思います。上記の例はあくまで一例ですが、そのような策を色々な場面で応用しましょう。

例えば、男性では照れがあってできないような事でも女性ならできてしまいます。仕事が上手くいかなくて悩んでいる同僚に「大丈夫、大丈夫、見る人は見ているものよ」とか「失敗は次に挽回すればそれでいいことなんです。気にしない気にしない。」とか女性だから言えるようなセリフはあります。

引用元-男女の特性を理解する!職場の男性社員との人間関係を良好にする方法 | nanapi [ナナピ]

 

  • 男性と女性のそれぞれの良い特性を利用しあうと良い
  • 男性は単純で直情的な特性を持っている
  • 女性は男性よりも一枚上手の技を持っている
  • 女性は、周囲を味方につけることが出来るような技がある

男性と女性の特性をそれぞれ生かせば、人間関係がうまくいきますよ。

お互い足を引っ張りあわず、それぞれの力を合わせることが仕事をしていく上では重要なことです。お互い認められるところは認め合い、助け合えることが理想ですね。女性から見ると、やはり男性は単純なところがあります。苦手な人でも、表面上であっても男性を立ててあげるようにすると良いですね。

 

もしもターゲットにされたとき心掛けたい対応とは?職場で嫉妬された時のポイント

嫉妬しやすい人には近づかず、私語を慎むこと

嫉妬しやすい人とは物理的な距離をとる

嫉妬しやすい人だとわかったとき、自分にできることはまず、できる限り物理的な距離を取るということです。

職場が同じ、学校が同じ、または家族の中にそうした人がいる場合、なかなか自分の意思では距離が取れないように感じるかも知れませんが、できることから始めましょう。職場の人物ならば、仕事以外の私語を慎む、仕事以外のことを話しかけられても軽く流して深入りしない、など自分にできることが必ずあります。

嫉妬しやすい人は、誰かがごく普通に日常を話題にしただけでも、そのことに対して嫉妬するわけですから「自慢しないようにする」という自分の感覚は通用しないのです。

つまり「家を建てたけれど、間取りが悪くて後悔している」というただの状態や感想を話題にしても「あの人は家を建てたことを自慢している」と捉えるわけですから、話し方や内容に注意したところで、嫉妬しやすい相手からは嫉妬されてしまうのです。

とにかくよけいなことは話さないように距離を置くことが最も有効です。

引用元-嫉妬心とは何かを理解し、嫉妬したりされたりしない方法

嫉妬の裏にある気持ちを考える

物事を多面的に捉える

物事を多面的に捉える訓練をすることで、他人からの嫉妬心をうまくかわせるようになります。
起きた出来事を、「嫉妬された」という面以外から、どう捉えることができるかをすぐに考える練習をするのです。

自分にとって居心地が悪い状況にあって、その原因が誰かの嫉妬心だとすると、どうしても「相手が悪い、自分は悪くない」という結論にたどり着いてしまいます。

それ以外に「嫉妬されているように感じるということは、相手より私の方が優れているところがあるのだな」「嫉妬しているあの人には、どんな心の傷があるのだろう」「結果だけ見ていて、私の努力や挫折は見えていないのだろう」など、様々な捉え方ができます。
そうすることで、相手にとって嫉妬心が収まるような会話ができるようになります。

自分の失敗談や苦労話をさらりと伝えることや、逆に「なぜかそうなったのは運が良かったから」と伝えることで、嫉妬の矛先を自分に向けないようにできるのです。

引用元-嫉妬心とは何かを理解し、嫉妬したりされたりしない方法

 

  • 嫉妬する人とは、物理的な距離をとった方が良い
  • 嫉妬する人の前で、無駄話や私語は誤解のもと
  • 嫉妬している人が悪いと結論付けるのではなく、相手の心理を読み取る事
  • 様々なとらえ方をすることで、嫉妬の矛先を変えることが出きる

嫉妬する人を多面的に見ることで、嫉妬の矛先を変えることが出来るようになります。

なるほど、という意見ですね。相手のことを冷静に分析することによって、自分の事も客観視することが出来ます。自分の言動も見直しながら、相手とうまく付き合うことが出来そうですね。もしかしたら、昨日の敵は今日の敵は今日の友。意外と仲良くなれるかもしれません。どうしても無理な時は、物理的な距離をとると良いですね。