楽しみたい!思春期女子と思春期男子の恋愛のススメ【必見】

思春期女子の恋愛のススメ

思春期は、女子にとっても男子にとっても恋愛のスタートとなる時期です。

思春期女子が男子を振り向かせる方法や、思春期女子の怒りが収まらない理由、中高生の恋愛心理についてご紹介します。

思春期女子の恋愛期間は、性交渉は控えるようにしてくださいね。

恋愛のスタートは思春期の時期!

思春期には、男女ともに甘い恋の夢を見る

男女ともに恋の夢を見ることが多い。思春期は夢の洪水に溺れる時期でもある。男性は女性と肌と肌を交わしている夢を見る。それがどれほど甘美な夢かは思春期の者にしかわからない。白日夢のようにその夢に溺れる者もいる。夢の中の女性は現実の女性よりも現実的で眩しく魅力的に映る。

女性も官能的な夢に浸る。柔らかく赤い唇が恋する男性の唇といつまでも触れ合っていたり、まだ硬さの残る白い乳房を男性によって揉まれたり、いつまでも深く愛される夢を見て、その思い出に密かに溺れる。

甘い恋の夢の影響で、性格が変わることも

それまで元気で活発だった性格が、内向的で、想いに沈んだり、考え込んだり、ひとりでいることを好む性格に変わることがあるのもこの時期の特徴である。中には性格が激変する者もいる。それほど夢のもつ力は恐ろしいものがある。思春期の男女は人知れず恋に苦しむ。

引用元-思春期

 

  • 思春期には、男女ともに甘い恋の夢を見る
  • 甘い恋の夢の影響で、性格が変わることも

思春期の男女にとって「恋」が大きな存在

異性を異性として意識するようになる思春期は、男子にとっても女子にとっても「恋」というものが大きな存在となっていきます。ただしそれを周囲に打ち明けることができず、ひとりで悶々としていることも・・・

 

男子を振り向かせるには「プチイメチェン」がおすすめ☆思春期女子必見!

メガネをかけたり、髪色を変える

【1】裸眼やコンタクトからメガネに変えて真面目キャラを演出する

「チャラくなる女子が多いなか、真面目化するのが好感度が高い!」(10代男性)というように、一見地味ながらメガネには男子を感心させる威力があるようです。さりげなく流行を取り入れたデザインを選んで、オシャレ女子としての立ち位置も狙っていきましょう。

【2】黒髪のカラーをワントーン明るくして控えめに雰囲気を変える

「いきなり金髪とかにされるより、あか抜けて見える」(10代男性)というように、ヘアカラーは違和感を与えない程度に変えるのが新鮮だと思われるようです。少しずつ色味を明るくしていけば、そのうち大胆なカラーにしても男子から似合うと言ってもらえるでしょう。

【3】2キロ程度痩せて、輪郭をシャープにする

「激痩せされると心配になってしまうから」(20代男性)というように、余計な誤解を与えないためにもダイエットは2キロ前後のダウンを目標にしたいところです。いつもと同じ大きさのお弁当を食べつつ運動を頑張るなど、健康的な手法で痩せたことをアピールすれば、好感を持たれるでしょう。

ヘアコロンや寄せてあげるブラで女性らしさをアピール

【4】ヘアコロンをワンプッシュして、「残り香」を漂わせる

「無意識のうちに目で追ってしまい、急に気になる存在になりそう」(10代男性)というように、男子の嗅覚に軽い刺激を与えて惑わせるパターンです。つけすぎると、かえって不快に思われてしまうので、やりすぎには注意したいところです。

【5】寄せて上げるブラを買い、さりげなく胸を膨らませる

「胸を意識した瞬間から、相手のことを女として見ちゃう」(20代男性)というように、下着を使った巨乳化作戦によって、男子の見る目が変わるパターンです。普段よりタイトなブラウスで胸のラインを強調するなど、少しの工夫で自然と色気がアップするでしょう。

【6】整体に通って、凛とした姿勢を身につける

「まるで客室乗務員のように、洗練された大人の女性に見えそう」(20代男性)というように、単純に姿勢を正すだけでもイメージの底上げに繋がるようです。ヨガやストレッチに挑戦するのも、美と健康の両方を手に入れる近道になるでしょう。

引用元-新学期こそ新しい自分!男子を振り向かせるプチイメチェン9パターン | オトメスゴレン

 

  • メガネをかけたり、髪のトーンを明るくしたりしてイメチェンする
  • ヘアコロンをつけたり、寄せてあげるブラを使ったりして女性らしさをアピールする

メガネ女子も人気なので、眼鏡を使ったイメチェンはオススメ

最近はメガネ女子も人気なので、あえてメガネをかけてイメチェンしてみても良いですね。また男女ともに異性を意識し始める時期なので、女性らしさをアピールするのも効果的だといえるでしょう。

 

思春期女子の怒りが収まらないのには理由がある☆思春期男子必見!

コンプレックスを指摘されると、想像以上に傷つく

(1)コンプレックスを指摘される

相談をくれたあなたも、好意を抱いている相手の女の子も、高校生。「思春期」の真っ最中です。知り合いの心理学の先生とお話をしたとき、この時期というのは、“他人からどう思われているかをもっとも強く意識する時”だと聞きました。

ですから、言った本人はそんなつもりがなくても、言われた方にすれば必要以上に傷ついていることはあります。要するに、擦り傷に塩を塗られた気分なんです。

そんなことをする人とは、もう関わりたくないと思うのは当然ですよね。

相手の言い方が許せない

(2)言い方が気に入らない

気に入らない! という書き方をすると、何さまだと思われるかもしれませんが(笑)。恋愛相談を聞いていると、喧嘩したカップルの場合でも、女の子の怒りがおさまらないときの原因の多くは、「もっと言い方があるでしょ!」というところです。

私も何度か書いたことがありますが、女性というのは、共感・同調を好む生き物です。そのため、よく女の子の会話をみていると、「わかる!」「そうそう」など、相手の意見を共感(同調)する発言がとても多いです。

例えば、あなたが謝ったから、「いつまでも怒る必要ないんじゃないか」と思うかもしませんが、ただ「ごめん」と言って終わったのであれば、“怒ってるからただ謝って終わらせようと思った”と思われてしまった可能性があります。

引用元-思春期女子の“怒りが収まらなくなる”理由3つ | 恋愛jp

 

  • コンプレックスを指摘されると、想像以上に傷つく
  • 相手の言い方が許せない

コンプレックスを指摘されたことは、いつまでも忘れられない

確かに、コンプレックスを指摘されるのはものすごくショックですよね。私の場合は以西ではなく母なのですが、悪気なくコンプレックスを指摘されたのを実は今でも根に持っています・・・。

 

恋愛心理学について|中学生、高校生などの思春期

思春期の恋愛は、失敗してしまうことも多い

中学生、高校生など、思春期における恋愛については、大人の恋愛とは異なり、
恋愛経験の少なさ、コミュニケーションの未熟さ、思い込みの激しさ、周囲のからかいの多さが特徴となります。

恋愛経験が少ないため、あらゆる行動が的外れであったり、失敗につながることが多いのですが、このようにして経験し、学んでいくわけです。

思い込みが強いため、失恋のダメージも大きい

また、非常に思い込みも強いですし、エネルギー量も大きいですから、大変な喜び、ウキウキワクワク感をともないますが、失敗した時は、その反動で、何日も寝込んだり、ふさぎ込んだり、自暴自棄になったり、落ち込みようも、ものすごく激しいです。

したがいまして、両親は、思春期の男女には、恋愛には失敗もあることを常々、教えておく必要があります。

もし、失敗もあるということを教えておかないと、実際に、相手にフラれたり、恋愛に失敗した時のショックがあまりにも大きく、長い間、学校を休んでしまうようなことにもなりかねません。

やはり、恋愛経験に乏しく、全てが初めての体験ですから、ある程度のことは、さりげないヒントのような形で、さらりと教えておいてあげるとよいでしょう。

引用元-思春期の恋愛心理学

 

  • 思春期の恋愛は、失敗してしまうことも多い
  • 思い込みが強いため、失恋のダメージも大きい
  • 恋愛に失敗はつきものだと、両親も伝えておくことが大切

思春期の恋愛に、過剰な干渉は控えて

思春期の恋愛は、大人の恋愛とはまた違うもの。その分体力も気力も使い、失敗したときは大きな傷となってしまうことも少なくありません。ただし親の過剰な干渉には反発してしまう時期なので、さりげないアドバイスが重要です。

 

性交渉は控えべき!思春期女子の恋愛期間は

思春期の性交渉は、女性にとってデメリットが多い

欧米の多くの研究結果から、10代の(つまり思春期での)妊娠・出産が、母子ともに悪影響を及ぼす可能性が高いことが報告されています。また、最初の性行為が早いほど、高校を中退したり大学に進学しなかったりする確率が高いというデータも、アメリカの研究で得られています。

例えば、18才ごろまでに性行為をしてしまうと高校中退の確率は約2倍高まり、大学に進学しない確率もやはり2倍ほど高まります。

ただし、これは女性に限った話で、男性には当てはまらないのです。男性は性的に女性よりもアクティブで、しかも自分が妊娠するわけではありません。それで思春期に強く性行為を求める傾向があります。そうした男性に好意を持ったがために、安易に性行為の求めに応じてしまうと、女性は「恋愛の陥穽」、つまり落とし穴に陥ってしまいます。

恋愛には覚せい剤と同じような中毒症状がある

思春期は男性も女性も精神的に未熟ですから、本来なら家族の形成を前提とすべきであるにもかかわらず、そうした正常な判断ができないまま、性行為そのものに溺れてしまいがちなのです。

実は、最近の脳科学で、覚醒剤が作用する脳領域と同様の脳領域が、性行為を伴う恋愛で活性化されることがわかってきました。これはアメリカの大学生のデータで、対象となった大学生たちが「性行為が伴った恋愛」をし、その結果を測定したところ、覚醒剤中毒ないし依存と同様の脳状態になっていたというものです。

つまり、恋愛にも「恋愛中毒」が存在するのです。

引用元-「女性は思春期の恋愛期間の性行為を控えるべき」と脳科学者│NEWSポストセブン

 

  • 思春期に妊娠・出産するのは、母子ともに良くない
  • 18歳までに性行為をした女子は、退学率が高く、進学率が低い
  • 恋愛には覚せい剤と同じように中毒症状がある

男性に性交渉を求められても、簡単に流されないで

最近の子どもは初体験の時期が早くなっていると聞きますが、早すぎる性交渉にはデメリットが大きいもの。特に女の子の場合は、妊娠してしまう可能性もあるため、男性にお願いされてもきちんと断ることが大切です。