スーパーのうずらの卵は販売されているものも孵化するって本当?

スーパーのうずらの卵は販売されているものも孵化する

スーパーで販売されている「卵」の多くは、ヒナになる可能性のない無精卵です。しかし中には「有精卵」も混じっています。

ウズラの場合は、ニワトリよりも有精卵が混じっている可能性は高いようです。

人の手で孵化させる場合、どんなことに気を付ければよいでしょう?

え?有精卵なの?スーパーで販売しているうずらの卵は孵化可能?

ウズラならではの理由

普通、卵を収穫する牧場では、メスだけを集めて卵を産ませることに特化した品種を育てています。

つまり、オスはいないんです。

なので、交尾のしようがないので全て無精卵を産ませることができるのですが・・・

うずらの場合は、雛のオスとメスの判別が非常に難しいと言われています。

首元から胸にかけて「茶色い羽を生やしているのがオス」「茶色に黒い斑点があるのがメス」らしいのですが・・

希に、「メスとほぼ同じ模様がありながらオス」という個体もいるらしく、メスだけの中にポツンとオスが混じってしまうことがあるのです。

そのため、うずらの場合は有精卵が混じっている可能性があるんですね!
引用元-うずらの卵は、食べるよりも育てる方が経済的!? | ミネルヴァのトリビア

有精卵の割合は?

大体1~2パックに1つは有精卵があると言われています。

実際に、うずらを孵化させたことがある人に言わせると、

有精卵のほうが、丸みがあり、デカいです。

だそうです。

中には、4パック買ってやっと孵化したという人もいるみたいですが、そこまで低い確率というわけでは無さそうですね。
引用元-うずらの卵は、食べるよりも育てる方が経済的!? | ミネルヴァのトリビア

  • 通常、卵の採取が目的の場合メスのみを飼育する
  • ウズラは雌雄の区別が難しいためオスが混じる可能性あり
  • 1~2パックに1個の割合で有精卵が混ざっている

優先順位によるのでしょうが

ニワトリの雌雄はお尻で見分けるようですね。瞬時に見分けてより分けるお仕事もあるみたいです。ウズラもニワトリと同じかと、なんとなく思っていましたが、意外に難しいものなんですね。しかし、有精卵を見つけるために、少なくとも1~2パックの卵を犠牲にするのは……。

重要なのは温度と湿度!うずらの卵を孵化させたいなら

無精卵と有精卵は見分けられる?

買って来たばかりの卵ではどれが無精卵でどれが有精卵かはわかりません。またどのくらい有精卵が入っているかもわからないので、運次第です。卵を選ぶとき、できるだけ白っぽい色をしたものを選ぶと良いかもしれません。
白くなっている卵はカルシウム質で覆われており、比較的若いメスが産む卵です。鳥の世界でも若いほうがオスに持てるので、有精卵である可能性が高くなります。

温度は38度前後、湿度は50%前後になるように環境を整えます。1日に4,5回、卵を90度ずつ回転させる「転卵」をしなくてはなりません。転卵は卵の黄身が殻の内側に引っ付かないようにするための作業です。転卵は暖め始めてから14日程度まで続けましょう。
引用元-スーパーのうずらが孵化する。うずらの育て方 | KONOMI

検卵は、ライトを当てて

スマートフォンなどのライトを当てて、中の様子を確認します。検卵ができるのは3日目くらいからです。血管などはすでにできているので、もし変化があれば有精卵の可能性が高くなります。
6日目くらいまで試してみて、全く変化がないものは無精卵の可能性が高くなります。無精卵は光をきれいに通します。中が見えない卵は有精卵の可能性があります。
引用元-スーパーのうずらが孵化する。うずらの育て方 | KONOMI

  • 有精卵の可能性が高いのは白っぽい卵
  • 温度38度前後、湿度50%、日に4~5回転卵する
  • ライトを当てると有精卵か否か分かるのは3日目以降

生まれた後の雌雄の区別も難しいのですから、卵の状態では、なおのこと、区別は難しいでしょう。というより、卵での区別は、ほかの鳥でも至難の業かと。それゆえ、順調に育っている卵を見つけたときには、喜びもひとしおといったところでしょうか。

「転卵」が卵を孵化するためには必須!うずらに限らず3時間置きに行う事

温度や湿度管理は?

発泡スチロールの箱に電気毛布を敷き、その上にうずらの卵。
湿度を上げるため水を入れたコップを置きます。
湿度を50%、温度を37~38度。温め始めた日を0日として、17日間温めます。

保温の際、ホッカイロを使うのは避けた方が良いと思います。
ホッカイロは酸素を消費して発熱するため、箱の中が酸欠状態になってしまいます。

転卵&検卵

最初の14日間は3時間おき(深夜も)に転卵をします。
自由研究には、「卵の中身がかたよらないようにするため(ヒナをきちんと成長させるため)」と書いてありました。

3時間おきに携帯のアラームをセットしてひたすら卵を転がす日々…。
深夜の転卵も、授乳が出来たんだから大丈夫…と自分に言い聞かせて転がす日々…。
引用元-うずらの孵化の方法【孵卵・転卵・検卵】

検卵が可能な時期になると、卵が動くとか血管が見えるという話もありますが、そんな様子は見受けられませんでした。

一応見た目の違いはあるものの、まだはっきりは分からないまま残りの1週間…
私はもしかしたら腐りかけの卵に話しかけているのかもしれない…
と心が折れそうになりながらも、見ていると卵の柄まで可愛く思えてきて、3時間おきに卵を愛で続けました。
引用元-うずらの孵化の方法【孵卵・転卵・検卵】

  • 温度、湿度、温める期間について
  • 最初の2週間は、3時間ごとの転卵が必要

孵化の必要条件、結構多いんですね

卵が孵るには、いくつもの条件が必要。親鳥が温める際は、体温のみならず、体から出る水分、足で転がして向きを変えるなど、一つ一つ上げてみるといろんな要素が集まっているんですね。親鳥は本能で行っているのでしょうが。

親に卵を孵してもらったほうがいい?うずらのヒナを孵化したい場合は

親鳥に孵化させる

◎ウズラのヒナを孵化をさせる方法

① 自育させる場合
良い所 ・親まかせでラク。
・お金がかからない。
悪い所 ・ウズラは抱卵しない事が多い。
・抱卵しても途中で放棄してしまうことがある。
・多くのヒナを孵化させることが出来ない。

☆ゲージを囲ったり あまり見ないよう注意する。
☆ヒナが生まれたら ゲージの隙間から出ないように工夫する。

人工的に孵化させる

② 自作の孵卵器で孵化させる場合
良い所 ・安く製作出来る。
・成功した時の感動が大きい。
悪い所 ・手間がかかる。
・失敗する可能性が高い。
・1日4回の転卵が大変。

☆自作孵卵器内で温度が一番安定してる所に種卵を置く。
☆夏場の方が成功しやすい。

③ 冷温庫で孵化させる場合
良い所  ・1万以下で購入可能。後から冷温庫として活用出来る。
悪い所  ・温度差がかなり出てしまう為 弱いヒナが生まれやすい。
・1日4回の転卵が大変。
引用元-ウズラのヒナの孵化のさせ方・注意する事

  • 親鳥に孵化させる場合のメリットとデメリット
  • 孵卵器で孵化させる場合のメリットとデメリット
  • 冷温庫で孵化させる場合のメリットとデメリット

種の保存の本能は、あるのか、無いのか?

ウズラは自ら卵を孵すことが少ないんですね。それは初めて知りました。途中で放棄してしまうなんて、飽きっぽい性質なんでしょうか。しかし、最初から托卵するカッコウよりは、自分で温めようとする分、いいかなとも思いますが。

大変だからこそ生まれた喜びは大きい!うずらの卵を孵化させる方法

転卵するときに注意してほしいこと

転卵をして箱を閉じ、数時間後にまた箱を開けて転卵し、箱を閉じて数時間後にまた箱を開ける…この作業をひたすら4日間続けて下さい。

この間、箱の中の温度をきちんと管理しましょう。37度~38度を保っているのがベストですが、個人的には36度~40度くらいまでなら安全圏だと思っています。その範囲を超えるとあぶないです。

なお、転卵の角度はぴったり90度である必要はありません。私は卵に印をつけずに回したので、その日によって70度だったり100度だったりしたと思います。

また転卵は常に同じ方向に回してください。つまり90度同じ方向に回せば、4回の転卵で丁度1周する事になります。

ちなみに私は家にいる時には、だいたい3時間ごとに転卵を行っていました。ただし夜中に起きるのはつらいので就寝中の5、6時間は転卵しませんでした。

引用元-スーパーのうずらの卵を孵化させる方法と手順02 – AnKonKit | アンコンキット

ついにヒナからのアクセス!

17日目くらいに、雛が卵の中から殻を破ろうと「はしうち」を始め、自力で卵から出てきます。

16日目だったり、19日目に生まれる事もありますので、もし17日目に生まれてこなくても、ダメだったと早とちりせずに20日目くらいまでは気長に待ちましょう。
引用元-スーパーのうずらの卵を孵化させる方法と手順02 – AnKonKit | アンコンキット

  • 転卵のタイミング、角度、温度と湿度の管理について
  • 17日目以降にヒナの「はしうち」が始まる

意外と人間って無力

ヒナ自らが、カラの中からつついてくる「はしうち」。親鳥が温めているときは、そのはしうちを合図に、親鳥が外からつついてカラを壊してくれることもあるようです。でもこの段階になってもうまくカラを破れないヒナもいるようです。