アトピーの子供、どんなクリームがおすすめ?子供のアトピー徹底解説

アトピーの子供にはクリーム?気になる子供のアトピーについて

 

アトピー性皮膚炎に保湿が必要なことはわかっていても一体どんな保湿剤を選べばいいのか迷いますよね。

保湿以外に大切なことはどんなことでしょうか?

子供がアトピー性皮膚炎になる原因なども併せてその対策をまとめました。

ぜひ参考にしてください。

選び方のポイントも!アトピーの子供にはどんなクリームを使えばいいの?

アトピーの肌の水分を保持する保湿剤

乾燥するアトピー性皮膚炎の方は、皮膚の水分量が低下している状態のはずです。そのために、肌に水分を与え、保持する保湿剤が必要となるのです。

そのため、保湿剤を使用する場合は、アトピー性皮膚炎の方は肌の刺激になるような添加物をなるべくないオイルやバーム、保湿クリームなどを選ぶようにしなくてはなりません。しかし、無添加なら何でも安心というわけではないようです。中に配合されている脂質の種類、例えば、オレイン酸などの不飽和脂肪酸によっては、角質層に浸透してしまうことにより、角質層内の細胞間脂質のバランスを崩すことがあるそうです。

そうすると、逆にバリア機能を果たさず、バリア障害を起こして角質層の水分保持力、バリア機能が低下するそうです。保湿剤を選ぶ際には、配合されている油の種類もよく確認するようにしてください。
引用元-アトピー性皮膚炎は保湿が重要?今すぐ使いたいおすすめの市販品をご紹介|WELQ 【ウェルク】

アトピー 保湿剤・クリームの紹介

肌表面または角質層で水分を抱え込み、保湿する保湿成分です。湿度が低くても保湿力を発揮し、上述の「水分を吸着する成分」よりも高い保湿力を有します。

代表的なものとしては、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などがあげられます。ヒアルロン酸は肌に塗ると、NMF(天然保湿因子)と似た働きをします。
引用元-アトピー性皮膚炎は保湿が重要?今すぐ使いたいおすすめの市販品をご紹介|WELQ 【ウェルク】

 

  • アトピー性皮膚炎の乾燥肌には保湿が必要
  • 無添加の保湿剤でも脂質の種類に注意する
  • コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が有効

アトピー性皮膚炎の子供にはどんな保湿剤がいいのでしょう?

子供のアトピー性皮膚炎に悩むお母さんたちは大変です。知らず知らずのうちにその痒さから自分の肌を搔き壊してしまったり痒さのあまり眠れなかったり、子供を辛さから解放するためにお母さんは奔走します。

 

病院のクリームが一番効果あり。アトピーの子供にはこんな処方薬を使おう

保湿を忘れずに

アトピー性皮膚炎は乾燥肌になってしまうと痒くなってしまうので定期的に保湿剤を塗ってあげることが大切です!

朝起きて1回とお風呂あがりに1回で、毎日最低2回は必ず塗るようにしていました。

保湿剤は市販のものもたくさん売られていますが、病院で貰う保湿剤が一番効果が高いと思います。

私の子供はアトピーの症状がひどくなるまでは、市販の保湿剤やローションを使っていましたが病院でもらう保湿剤のほうが保湿力が高く、効果も高かったので市販で買おうか迷っている方は病院で保湿剤を貰ったほうが良いです。

病院で処方される薬

アトピー性皮膚炎のときに病院で処方された薬は、保湿剤「ヒルドイド」と炎症を抑える薬「ステロイド軟膏」でした。これを家で毎日塗ります。

ステロイド剤には効果が弱いものから強いものまであります。

顔につけるものや身体に塗るもの、ステロイドは塗る部位によって薬の種類が変わってくるので、湿疹の状態を見て病院の先生が症状にあったステロイド軟膏を処方してくれると思います。
引用元-赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の症状と原因まとめ – 結婚生活ブログ Web論

 

  • アトピーからくる痒さ予防のために1日最低2回は保湿する
  • 市販の保湿剤より病院の処方薬の方が効果がある

アトピー性皮膚炎にはこまめな保湿が有効です。

ステロイド剤というと強い薬だというイメージから敬遠する人もいますが、正しい使用方法で塗布すれば確実に皮膚炎には有効です。そして何よりもこまめな保湿を心がけましょう。

 

お風呂に入って代謝能力を上げよう|アトピーの子供、クリームを塗る以外にもできるスキンケア

お風呂の温度は38℃前後!温まりすぎに注意

目安は体温に近い温度の38℃前後が代謝能力を促進します。水温計をチェックしながら38~39℃を保ちながら入浴をしましょう。
子どもなら15~30分くらい、大人は30分以上がおすすめです。できれば一日二回入れると「代謝能力」が上がりやすいです。

適温でかく汗は肌が自ら行う有効なスキンケア

アトピーの子は、汗をかきにくいのが特徴です。汗をかきにくいと、肌自体が行うスキンケア能力が著しく低いということなのです。
肌の「汗腺」から出る汗と「皮脂腺」から出る皮脂が混じって「皮脂膜」ができます。この「皮脂膜」が出来ると皮膚のバリア機能として、弱酸性に保たれ皮膚を守ってくれるのです。
引用元-アトピー用の入浴剤 | バイバイアトピー

 

  • アトピーの子供の入浴に気をつけたいこと
  • 湯音は38℃が適温。温めすぎると痒くなる。
  • 一日二回入浴すると代謝が高まる
  • 適温で汗をかかせるのが乾燥肌のために有効

入浴法にもコツがあるんですね。

アトピー性皮膚炎の子供は汗をかきにくいんですね。これは気づきませんでした。確かに汗をかくと皮膚が何かに保護されるような感じがします。代謝を高めて汗をかきやすい身体にすることも大切ですね。もちろん清潔に保つことを忘れてはいけません。

 

 

大人とは違う?!子供のアトピー・気になる原因を探る

子供のアトピーが出る原因

アトピーは肌が弱く抵抗力のあまり無い子どもであれば、赤ちゃんのときからの付き合いになってしまうことがあります。
アトピーの出る原因は様々ですが、ダニや花粉といったものや汗をかいたまま放置しておくなどの皮膚の健康状態を損なう環境に長時間さらされたり、肌に合わない石鹸などの刺激物を一定感覚で使用することなどで発症しやすくなるといわれています。13歳以上の子どもとなればそういった刺激物以外にも心身的ストレスなどが原因となってしまうこともあります。

アトピーの症状

アトピーの症状としてはかゆみが主となります。肌の乾燥を感じたり、なんとなくかゆいと感じ無意識に掻き毟るような状態になります。
引っかいた部分は赤くなり次第に熱をもつことで更に肌が敏感な状態となり、引っかいた場所が出血しやすい状態になったり、皮膚が波打つよう状態になることもあります。赤ちゃんは寝転がった状態が多いため、頭皮の乾燥にも似たアトピー症状が出たり、オムツや背中など汗をかきやすく布団と接触することの多い場所に症状が出やすいといわれています。乾燥やかゆみをわずかでも感じたら、こまめに塗れタオルや水で洗い流し清潔に保つことで症状が悪化することを防ぐことが出来ます。
ストレス性のものである場合、睡眠や健康状態、疲労や心労などの要因を改善することで症状を緩和させることができます。
引用元-子供のアトピー・乾燥肌に効果の実感できる保湿剤ランキング!

 

  • アトピーの主な症状は痒み
  • 原因はダニや花粉、皮膚への刺激物
  • 思春期以降はストレスが原因になることも
  • 乾燥からくる痒みから皮膚が炎症を起こす

掻き毟った後の赤い皮膚は痛々しいです。

アトピー性皮膚炎は特定のアレルゲン物質によって引き起こされるものです。ダニや花粉、肌に合わない刺激物には敏感に反応するので遠ざけなければなりません。まずは掃除をこまめにして心身ともに清潔に保つことが大切ですね。

 

悪化させないためにできること。アトピー撃退には○○をしっかりと!

掃除をしっかりする

アトピー性皮膚炎は、薬でよくなるかもしれません。でも皮膚炎を治すためには原因となるものを取り除くことも大切です。特にアレルギー体質の人にはダニやハウスダストは大敵ですよね。

ダニはほこりが大好きです。ダニの住み家を作らないためにも掃除をしっかりしておきましょう。1日の多くを過ごすお家はすっきりきれいにしておきたいですね。

  1. 1日1回は掃除機をかけましょう
  2. 換気をしっかりしましょう
  3. 棚の上などほこりがたまりやすいので要注意
  4. 布団やカーペットの天日干し
  5. ぬいぐるみも洗濯しましょう

きれいだと思っている場所でも案外ほこりが溜まっているものです。大掃除のときだけ、なんて言わずにこまめにきれいにしたいですね。

食事管理をする

食事は体内で吸収されるものなので、特に注意が必要です。アレルギー反応がある食べ物は除外し、代替食を考えましょう。

お子さんを幼稚園や保育園に預ける場合は、必ずアレルギー反応のある食材を伝え、食事の時は除去してもらうようにしてください。

ただ除去するだけでなく、お子さんが栄養不足にならないように別の食材で補えるように気をつけてあげてくださいね。
引用元-子供がかかるアトピー性皮膚炎とは?薬や食べ物はどうしたらいいの?原因、症状、対処法まとめ 【ママリ】

 

  • こまめな掃除がアトピー対策の基本
  • 食事内容にも気をつける
  • アレルゲンを摂らないように

まずは部屋を清潔に保ちましょう。

住まいを清潔に保つことは喘息や慢性気管支炎の子供のみならずアトピー性皮膚炎の子供のためにも大切なことなんですね。私も含め、皆さんも十分心がけましょう。