「ジェルネイル」が爪の痛みの原因?傷んだ理由と簡単ケアの対処法

ネイルで爪に痛みが・・・その理由と対処法を教えます!

女性の爪先をキレイに演出してくれる「ジェルネイル」。マニュキュアよりも発色が美しく持ちが良い特徴を持っています。

しかし、マニュキュアと違うところはその落とし方。それが原因で、爪に痛みが出てしまう人がいるようです。

爪に痛みが出た理由やその対処方法をまとめてみました。

爪に痛みが出た場合、自爪は休ませた方がいい?ジェルネイルをしているとき!

爪が傷んだら、休むことも大切

ネイリスト・講師をしていますharuです。
爪相当痛んでしまったみたいですね(; ;)かわいそう・・・。

通われているサロンさんの技術者の方が、どういった技術力や知識を持っていらっしゃるかという事にもよりますが、
ネイリストさんに正直に状態を話して信用・納得のいく回答が返ってくる事が予想されないのであれば、
「休憩」&「オフ」をお勧めします。
正直、残念ながら技術力・知識があいまいなネイリストさんが多く働いてしまっているのも事実だし、そのままそういった人に当たっていた場合やり続けると状態は悪化するばかりだと思います。(でも通われてるサロンがそうとは限りません!!)
引用元-ジェルネイルをしていますが、爪に痛みが出ました。 – 2週間… – Yahoo!知恵袋

スカルプをやめたら元に戻った

爪が相当に薄くなってきたのでは?
私も同じく痛みに耐えながらやってましたけど、限界にきてやめました。
最後は爪先を押すとグニャリと曲がる程、薄く脆くなりました。
一年くらいスカルプやめたら元に戻りましたが。
引用元-ジェルネイルをしていますが、爪に痛みが出ました。 – 2週間… – Yahoo!知恵袋

  • ジェルネイルをしていたら、爪が痛くなった
  • 爪が傷んだときは、ジェルネイルを休憩してみる
  • 痛みが出るのは、爪が薄くなったのでは?

爪に痛みが出るのなら、少し休んだ方が良いと思います。

最近は、マニュキュアではなくジェルネイルというものが主流になってきているようですね。ジェルネイルとは、合成樹脂でできた液体を爪に塗って、UVライトやLEDライトで固めるものです。持ちもマニュキュアよりも断然良いようですね。

痛みが出る原因は何が考えられる??ジェルネイルをした爪の状態について

ジェル自体が爪を傷ませたのではない

ジェルをして爪が痛んだというのは、ジェル自体が爪を痛ませた訳では決してありません。

爪が痛んだ原因は、ジェルのオフのやり方が悪かったorジェルが浮いて来たところからペロンと剥がしてしまった(又は何かに引っかかって剥がれてしまった)、大体このどちらかにあります。

原因→アセトンの多用、剥がした、削り過ぎ

ハードジェルをしている方は、オフの際ジェルを削って落とします。その際自爪を一緒に削ってしまって痛んでしまった。というパターンが考えられます。

アセトンは、使い過ぎに注意

また、ソフトジェルをしている人は専用の溶液「アセトン」でジェルを落としますが、1カ月に何度もアセトンを多用していると爪が乾燥してボロボロになります。

乾燥した爪は薄く割れやすくなり、もろくなってしまいます。最近ジェルネイルをしている人は、ソフトジェルがほとんどだと思います。この「アセトン」の多様により爪を傷める人がほとんどです。

アセトンは最高でも3週間に1度を目安に。1カ月に何度もアセトンオフするのは絶対にNGです。また、アセトン使用後はしっかり保湿をし乾燥を防ぐ必要があります。

引用元-【ジェルで爪は痛む?】痛みの原因と対処法|ジェルネイルキット実践記

  • 爪が傷んだ原因は、ジェルネイル自体の問題ではない
  • 傷んだ原因は、アセトンの使い過ぎや剥がしすぎ、削り過ぎが考えられる
  • アセトンは短期間に何度も使用すると、乾燥して爪がボロボロになるので注意
  • アセトンを使った後は、保湿をすることが大切

アセトンは3週間に1度くらいのペースで使用しましょう。

ジェルネイルは、自宅でできるジェルネイルキットが販売されています。最近では、100均でもジェルネイルを見かけました。かなり浸透しているのですね。ジェルネイルは剥がすときがポイント。爪を傷めないように、気を付けて行っていきたいですね。

ぶつけたかネイルで傷んだことが原因!?爪を押すと痛い時の理由

ぶつけた

指をどこかにぶつけてしまい、その時は一瞬のことであまり感じなくても、あとから痛くなることがあります。
しばらく冷やして痛みがやわらげば問題はありませんが、ずっと痛い、腫れてきた、という場合は捻挫や打撲、重症の場合は骨折の可能性もあります。すみやかに整形外科を受診しましょう。

指を酷使した

指を使う、普段と違う作業や運動をした場合、爪を押すと痛いと感じることはあります。
慣れない靴を履いた時も、靴ずれだけでなく足の指が痛くなることはあります。
しばらく様子をみましょう。足の指が痛い場合は靴を変えてみましょう。

ネイル

マニキュアやジェルネイルをする女性で、爪が痛くなることはあるようです。

マニキュアよりも爪にはやさしい、といわれるジェルネイルですが、ネイルを取る際に正しい方法で取らないと爪だけでなく指にも負担がかかります。

ネイルが部分的に剥がれて爪が引っ張られ、その下の指が痛くなることもあります。

またネイルをする際に甘皮とよばれる、爪の根元の薄い部分を処理しすぎると、出血して指が痛くなる原因となります。
甘皮は爪のキューティクルを保ち、根元から異物や細菌が入ることを防ぐ役割がありますので、ある程度は必要です。

ネイルをして爪が痛いと感じた方は、しばらくネイルを休んで様子をみましょう。
引用元-爪を押すと痛い!その原因と考えられる病気3つ | 医学.com

  • 爪が痛くなる原因は、打撲や酷使、ネイルなどが考えられる
  • ジェルネイルはマニュキュアよりも爪に優しいと言われている
  • ジェルネイルは取るときに注意が必要
  • 甘皮の処理をしすぎないこと

ジェルネイルは、オフするときに気をつけましょう。

ジェルネイルがマニュキュアよりも爪に優しいとは知りませんでした。ジェルネイルの方が持ちが良いうえに、発色も良いですよね。また、マニュキュアは乾いていないうちに触って失敗することがありますが、ジェルネイルはマニュキュアより乾くのも早いです。難点は落とし方。爪を傷めないように気を付けていきましょう。

痛んだ時にケアする対処法は??ジェルネイルで爪がボロボロになった時のお手入れ

ネイルは時々休憩が必要

出来れば「常にジェルネイル」という状態は避けたいもの。

オシャレ最優先にしていると、いつか大きなダメージが来て、自分が望むオシャレが楽しめなくなってしまいます。

時々、休憩させましょう。

ネイルを休ませているときの簡単ケア

そこで、ネイルをお休みしているときに出来る簡単ケアを2つご紹介しますね。

まず基本はベースを塗ること。

ベースコートを塗ることで、爪の強化ができます。

また、ヒビの入った爪をキレイに見せる効果も期待できます。

カルシウムやプロテイン配合のものもあります。

多少値の張っても、きちんとした商品を選ぶことが健康爪への近道。

もうひとつは保湿です。

ネイル専用のケアオイルもたくさんありますし、ハンドクリームでネイルケア可能なものもあります。

オリーブオイルやアボカドオイル、ホホバオイルなど髪に良いとされているオイルは、だいたい爪の保湿にも良いものです。

体の修復が行われる深夜の睡眠時間を活かせば効率良く回復できます。寝る前の保湿を心がけましょう。

引用元-ジェルネイルで爪が痛んだ時の対処法 | 聞いてみたブログ

  • 爪は時々休ませることが必要
  • 休ませている間は、ベースコートで爪を守ること
  • 爪には保湿をすること

爪にも休息が必要ですね。

爪は意外にも皮膚と同じタンパク質で作られているのだそうです。それを知ると、保湿が大切だということが分かりますね。また、健康な爪の為には、タンパク質やミネラル、ビタミンなどを摂取することも大切です。

変形する原因は何??巻き爪になって痛みが出るときの理由とは!?

【1】靴による圧迫

靴によって爪の両脇が圧迫され続けることが原因です。靴の先端が細い靴は、巻き爪になりやすい靴と言えます。立ち仕事中心の方などは、足に負担をかける時間も長くなり、巻き爪になりやすいです。

【2】爪の切り方(深爪)

深爪が巻き爪の原因になるのは、肉や皮膚の部分が増えてしまうことです。爪周りの肉や皮膚が盛り上がって爪の成長を妨げ、一方で爪は伸びようとするので変形し、巻き爪になってしまうのです。深爪の人はかなりの確率で巻き爪になります。

【3】爪の形状(遺伝的要素)

巻き爪がそのまま遺伝するということではなく、”巻きやすい“という爪の形が遺伝することも原因の1つです。厚さや硬さをいった爪の性質は人によって様々ですが、親から遺伝している場合が多いようです。ご両親のいずれかが巻き爪の症状に悩まされている方は、他の人よりも巻き爪になるリスクが高めだと思ったほうが良いかもしれません。
引用元-巻き爪 | ドクターネイル爪革命 | 痛くない足の爪のケア

  • 巻き爪になる原因は、靴による圧迫や遺伝、爪の切り方が関係している
  • 細い靴は巻き爪になりやすい
  • 深爪の人は、高い確率で巻き爪になる
  • 親が巻き爪だと、巻き爪になる可能性が高い

巻き爪になるのは、靴や爪の切りかた、遺伝が関係しています。

私も巻き爪や陥入爪に悩まされてきました。本当に痛くて、靴を履くのも嫌になってしまいます。しかし、爪をあまり切らなくなってから劇的に良くなりました。触り過ぎないことも大切かもしれません。