応援します。仕事への支障を回避!職場の男性に抱く苦手意識を克服

仕事に支障が?職場の男性に苦手意識を持つあなたへ

どうしても職場の男性と話すのが嫌…。毎日が憂鬱でたまらないすね。

しかし、いつまでも苦手だと思っていても前へは進めません。自分のその苦手意識と向き合ってみましょう。

職場の男性に抱く苦手意識の克服方法やアドバイスを調べてみました。

初めの一歩、改めて考える…職場の男性が苦手な理由に向き合う

なぜ苦手か理由を書き出してみよう

どうして、男性不信に陥ってしまったのか、先ずは自分自身と向き合うことから始めましょう。つまり、自分で自分のカウンセリングをするということです。

真っ白な紙を用意して、なぜ男性不信に陥ったのか、自分の頭の中に浮かんだ答えをできるだけたくさん書き出していきましょう。

すると明確な理由が自ずと浮かんでくるはずです。

例えば、嘘をつかれた、浮気をされた、酷いケースだと暴力を振るわれたなどなど。その理由が分かれば後は簡単です。

客観的に分析

何故、嘘をつかれたのか、浮気をされたのか等、自分自身に悪いところは無かったかを、考えてみましょう。

この時、決して悲観的に捉えて考えてはいけません。あくまで客観的に自分を分析するのです。

これを機に自分をしっかり自己分析することによって、また違う角度で、
自分の新たな一面と出会うことが出来ますし、新たな価値観を養うことが出来ます。

また、改めて自身の長所や短所を知ることで、ポジティブな気持ちになれるはずです。

引用元-こいぴた

 

  • 男性不信に陥っている理由を書き出してみる
  • 自分を客観的に見て、分析してみる
  • 自分の新たな一面を発見し、違う角度で物事をみれるようになる

今の自分の状況を客観視することが大切です。

 

職場で嫌な男性がいると思うと、仕事も憂鬱になってしまいます。逃げ回るわけにもいかず、あからさまに態度に出すわけにもいかず、ストレスはたまる一方ですよね。この感情はなかなか消えるものではないので、思いっきり向き合ってみると良いかもしれません。

年を重ねると克服できるかも。職場で男性への苦手意識に苦しむのは若い人が多い

生活にも支障が出ている人も

元から人見知りだが、相手が異性だとさらに緊張をしてしまう…。かわいい一面にも思えるが、恋愛どころか社会生活に影響し、悩んでいる人も。

しらべぇ編集部では、そんな「異性と話すのが苦手な人」について調査を実施した。

全体での結果は34.5%。苦手意識を持っている人はある程度いるようだ。

■女性は年を重ねると克服! 男性は…

性年代別では、男女間で割合が逆転する年代が。

男女ともに共通するのは、若い年代ほど苦手意識を持っている人が多いところだ。年代が上がるにつれて減っているのを見ると、年を重ねて克服した人もたくさんいると取れる。

また40代までは女性の割合が高いが、50代以降は男性のほうが多くなり、逆転。年とともに減ってはいるものの、大きく減少していないのだ。

異性との会話術を人生のどこかで身につける女性が多く、男性は苦手なまま年を重ねる人が一定数いるのだろうか。

引用元-しらべぇ

 

  • 異性と話すのが苦手な人は34.5%もいる
  • 男女とも若い年代ほど異性と話すのは苦手な傾向
  • 女性の方が徐々に会話術を身につける人が多い

若いうちは男女ともに異性と話すことに苦手意識を持っている人が多いです。

私も、10代のころは男性と話すと緊張していました。どこかでモテたいと思っていたんでしょうね。だから、良く見せようとしたり、どう思われているかが気になってしまって、うまく話せませんでした。

 

職場での心構え|男性への苦手を今すぐ克服したいなら…

自信を持つ

自信を持つ事は異性うんぬんの前に、コミュニケーションに必要なものです。

ですので、過度に自分に自信が持てていない場合は、同性でも苦手な人は多いはずです。

その苦手は、自分の自信の無さが作り出しているものである可能性もあります。

また、自分の性別的な魅力に自信が無いという場合も異性とのコミュニケーションに問題をきたします。

ダメな異性と思われたくない、魅力のない異性だと思われたくないなどの心理作用が働いてしまっては、コミュニケーションにも拒絶反応が出てしまいます。

こういう事を避けるにはまず自分に自信を持つ事が重要になります。

自信を付けるにはコンプレックスを減らす事が有効です。

引用元-Answer

怖がらない

小さい頃は男性女性の区別はあまり大きく無いですから、意識する事も無く普通に接する事が出来たと思います。

しかし、そんな中で、どこかで異性の異性らしい怖さを見てしまった場合、異性に対して強烈なトラウマとなり、異性が怖いと思い込んでしまう様になったという例もあります。

こういう事があると大人になってもそのまま引きずってしまい、異性恐怖症になってしまいやすいです。

この事が原因で異性に対して過剰になってしまう事になるのですが、実は異性にも色んなタイプの人間がいますので、その一例だけで過剰に決めつけてしまわない方がよいです。

引用元-Answer

 

  • 人とうまくコミュニケーションをとるためには、自信が不可欠
  • 自信を無くすためには、コンプレックスを取り除くこと
  • 成長過程に異性に対してのトラウマがあると、異性恐怖症になってしまいやすい

コンプレックスを無くす努力をすれば、自然と話せるようになるかもしれません。

誰とでも屈託なく話せて、自分の意見も言える羨ましい憧れの友だちがいました。その友達に、なんでそんなに誰とでも話せるの?と聞いたところ意外な答えが…。私は人見知りで悩んでいる、とのこと。一生懸命話すように努力していたんですね。周りからの自分と自分が思う自分は違うのかもしれません。

2つのポイントで職場の男性への接し方を変える!苦手の克服に向けたアドバイス

最初は挨拶だけでも積極的にする

挨拶は社会人の基本です。さらにこちらの方が身分が下であれば、積極的にこちらから仕掛けないといけないものです。男性苦手を克服するための第一歩としては、まず積極的に挨拶しましょう。

男性苦手だという意識があると確かになかなか挨拶もしづらいというのもわかります。しかし、別に無理に顔を見なくてもいいので、その人のいる方を向いて挨拶をするようにしましょう。

そこからちょっとづつ顔を見ていえるようにしていけばいいのです。最終的には目を見ていえるようにしなければなりませんが、今はまだできるところからでもまったく問題ありません。

挨拶されたという記憶は残っても、目をみただのなんだのというのは、最初のうちは気にならないものです。ですのでとにかくできるところから少しづつ進んでいきましょう。

引用元-そっか〜(人´∀`)

相づちのさしすせそ

女性が使うといい相づちのさしすせそというものがあります。これをうまく使えばそれだけで、男性は気持ちよく話が出来るようになるでしょう。そうすれば会話が盛り上がっているように感じてくれ、いい印象を与えることができるでしょう。

相づちのさしすせそとは、以下のようなものです。

さ・・・さすがですね!
し・・・知りませんでした!
す・・・すごいですね!
せ・・・センス良いですね!
そ・・・そうなんですかー!

引用元-そっか〜(人´∀`)

 

  • 苦手であっても、挨拶はすること
  • 目は見れなくても、身体を向ければ大丈夫
  • いい相槌を使うだけで、男性は気持ちよく話してくれるようになる

挨拶から始めてみるとよいですね。

挨拶だけならできそうですね。どんなに苦手だったとしても、社会人として最低限のマナーです。声がちいさくても、会釈だけでもいいから、すこしずつ努力をしていきましょう。相手にその思いは伝わるはずです。

ちょっと待って、キケンです…男性が苦手だから女性の多い職場を選ぶってどうなの?!

女性が多い職場は面倒?

Q.「女性が多い職場」と「男性が多い職場」、どちらが面倒だと思いますか?

「女性が多い職場」91.1%
「男性が多い職場」8.9%

圧倒的多数で「女性が多い職場の方が面倒」という結果になりました。やっぱり「女性同士のドロドロ」が面倒なのでしょうか。それぞれを選んだ理由を聞いてみましょう。

<「女性が多い職場」と回答した人の意見>

■派閥とかで気を使う!

・「ヒエラルキーや派閥、ご機嫌取りなど気を使うことがたくさんあるから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「女性が多いと派閥ができたり陰口が増えたりとめんどくさそうだから」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

引用元-マイナビウーマン

■嫉妬が多そうで疲れそう!

・「女性が多いと仕事に無関係な職場の人の悪口やねたみも多くて疲れそうだから」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「仕事の出来不出来とは無関係の嫉妬による嫌がらせで心身ともに疲れそうだから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

引用元-マイナビウーマン

働く女性のみなさんは「女性が多い職場の方が面倒」と思っている人が多いようです。

立場の違いや派閥、ご機嫌取りに陰口に嫉妬と、気を使うところが多すぎてまさに「女性同士のドロドロ」のオンパレード。

ほかに女性が1人もいない職場だとそれはそれで寂しそうですが、気持ち的には意外とさっぱりしそうな気がしますね。

引用元-マイナビウーマン

 

  • 女性が多い職場は面倒だと思う人が全体の9割
  • 女性が多いと派閥ができたりするかも
  • 仕事と関係のないところでの嫉妬や悪口が多そう

女性が多い職場もそれはそれで大変かもしれません。

私も女性が8割の会社で働いていましたが、やはり面倒なことは多々ありましたね。しかし、女性だからこその気遣いもあり、どちらがいいかは一概に言えません。どちらにせよ、苦手は必ず克服できると信じて、少しずつ努力をしていきたいですね。