女性の一人暮らしの注意点は?アパートの1階で洗濯物を干したい時は

女性の一人暮らし、アパートの1階で洗濯物を干すのはNG?

女性が一人暮らしをする場合、物件探しの際には、男性以上にチェックポイントがあります。

防犯上の理由から、1階は避けた方がよいという意見もあります。しかし、1階ならではのメリットもあるんですよね。

メリットとデメリット両方ピックアップして考えてみましょう。

こんなメリットが!アパートの1階に住もうと考えてる方へ

緊急時にも移動がスムーズ

1階の魅力は、なんといっても移動の容易さです。買い物で荷物が多くなったとき、子どもと出かけるときも重宝します。 エレベーターや階段の昇降も基本的にないため、災害時など緊急の場合も迅速な避難が可能です。

洗濯物が干しやすい

マンションによっては「美観を損ねる」といった理由から、中層階以上のベランダで洗濯物を干すことを禁止しているところもあります。 なにより、風の強い日などの洗濯物の落下リスクがなくなることも嬉しい点ですね。

下層階は水圧が安定

上階に行けば行くほど、水をより低い場所からくみ上げるため、水圧は弱くなってしまいます。一方、1階ならば水の移動距離も短いため、水圧の心配はいりません。 シャワーも水圧が安定し、バスタイムも快適ですね。

意外と防犯性が高い

「1階は出入りが楽だから泥棒も侵入しやすいのでは?」という不安の声も多いです。 しかし、実際はそうではありません。 1階は人の出入りが多いため、人目につくのを避けたい泥棒にとっては、犯行をしにくい場所だからです。 最上階であっても、隣接した建物伝いに侵入したりと犯行手口はさまざま。 階数と防犯性は必ずしも比例しないのです。

他の部屋の臭いが気になりにくい

料理やタバコの煙は、上に昇っていくため、1階ではほかの部屋からの臭いを気にすることは少なくなります。 家族や友人と、焼肉や鍋パーティをする場合も、あまり心配いりません。

引用元-アパート「1階部屋」のメリットとデメリットは?|仲介手数料無料の賃貸・お部屋探しはウチコミ!

  • エレベーターや階段を使わないため、出入りが容易
  • 洗濯物の落下リスクが少ない
  • 上層階ほど水圧が低くなる
  • 1階は、人の出入りの多さから、防犯リスクは意外と低い
  • 下の階から上がってくる臭いを気にする心配はない

「意外と……」は結構多い

実際に、そこで生活してみないと分からないことはたくさんありますよね。日本の高層住宅は、ここ数十年の間に普及してきたものですから、なおさらです。メリットもデメリットも、思い込みと分かればすぐに頭の中の情報は上書き修正しましょう。

もちろんデメリットも!アパートの1階に住むと・・

このデメリット、あなたは許容範囲?

マンションやアパートの1階のデメリットは以下の通りです。

・湿気がこもりやすい
・害虫が侵入してきやすい
・2階以上の部屋から落下物の心配がある
・上階の足音や落下音が気になる

引用元-マンションやアパートの1階のメリットデメリット

  • 建物の1階ならではのデメリットは存在する
  • 湿気や虫などは、1階だと特に気になる

メリットもデメリットもすべて書き出してみよう

2階以上の建物の場合、各階層でメリット・デメリットは違います。自分自身の優先順位は?どこまで譲る(耐える)ことができるのか、で決める必要があります。建物自体の立地条件や構造によってもずいぶん変わってきますので、トータルの条件で考慮を。

危険?洗濯物も部屋も見られる?1階での女性の一人暮らしはオススメできない

1階は、外部から中が見えやすい

1階の部屋は外から丸見えになりがちです。
夜はとくにレースのカーテンくらいですと、外から中の様子がよく見えてしまいます。
カーテンを閉めても、シルエットが見えたりします。
また、盗撮の危険もあります。
暑い時期は特に、外の空気を入れたいので、窓を開ける機会が多くなります。
それに、音も漏れやすく、部屋での行動や姿が見られやすい状態です。
部屋ではゆっくりくつろぎたいものです。
誰の目も気にしないで、部屋で過ごすためにも1階は避けたほうが無難です。

引用元-女性が1階のアパートやマンションに住まない方が良い理由4つ

洗濯物には要注意

お天気の良い日は特に洗濯物を外に干したいものです。
しかし、1階に住んでいると、好きなように洗濯物を干すことができません。
女性が不用心に洗濯物を干してしまうと、下着泥棒にあう危険性もあります。
かといって、家の中に洗濯物を干しても、カーテンを開ければ、見えてしまいます。
1階は特にプライバシーを守る方法が少なく、もっとも危険な目に遭いやすい階だと言えるでしょう。

引用元-女性が1階のアパートやマンションに住まない方が良い理由4つ

  • 1階は外から中が見えやすいので、カーテンや窓が開けづらい
  • 女性の場合、洗濯物の下着を盗まれることもある

「1階あるある」のお話

物理的なデメリットですね。盗難に関しては、1階のみ防犯用の柵が取り付けてある物件もあります。こういう場合は男女問わず安心感はあるでしょう。しかし、柵に目隠し効果がなければ、窓やカーテンを開け放つのは難しいですね。2階くらいでも同様のことがいえます。

それでも洗濯物を干したい!女性のアパート1階暮らしでの防犯対策とは

一人暮らしの女性の洗濯物は、部屋干しが多い

女性の一人暮らしで1階に住んでいると「洗濯物が丸見えになる。。」
こんなデメリットがあるため、せっかく天気がいい日でも洗濯物は毎回部屋干しをしている女性の方は多いです。

男性物の衣類でカモフラージュ

しかし考え方を変えてみて、洗濯物を思いっきり外で干してしまいましょう。
「男性物の下着、Tシャツ、靴下、etc」なんでも結構ですので、とにかく男性ものを道路側に向けて、自分の下着などの洗濯物は見えないように隠して干しましょう。男性物は100円ショップでもたくさん販売されています。
多めに男性ものを購入して「彼氏と住んでいる!」「中に男性が住んでいる!」という事をアピールすると共に、自分の洗濯物で見られたくない下着などは手前に干して隠してしまいましょう。
男性が中に住んでいると思わせる!
これだけでセキュリティがかなりグレードアップします。

引用元-女性の一人暮らし!1階の防犯対策はコレで安全! | インフォトライブ

  • 独り暮らしの女性は、防犯上の理由から、洗濯物を外に干しづらい
  • 男性物のシャツなどで目隠しをするとセキュリティー度がアップ

マイナスをマイナスのままにしないために

「居住者が女性」だと目を付けられ、住居侵入、盗撮、下着窃盗の被害に遭うのは、怖いうえに腹立たしいですね。しかし洗濯物の部屋干しは、デメリットの部分もあります。分かっているリスクは回避するに限りますが、健康面や臭い対策なども含めて考えましょう。

安心できる物件のポイントは?女性のアパート一人暮らしではこんな物件を選ぼう

セキュリティ対策は万全?

これは今更言うこともないかもしれない、最重要ポイント!
カメラ付きインターホンやオートロックは必須だよ。
敷地内に大家さんが住んでいる物件もオススメ。困ったことがあったらすぐに相談できるし、自力でご近所付き合いを始めるよりも気楽だからね。
※ ちなみに、オートロックの物件で鍵を部屋に忘れたまま外出してしまうと、絶望するよ!気をつけて!

引用元-【一人暮らしの女性はチェック】東京で暮らす女性のための賃貸物件の選び方ポイント6つ | イエマミレ

駅から何分?どこを通る?

ここでオススメなのが、実際に歩いて駅からどれくらいかかるのか測ってみること!
住んだときの環境を考えて駅と自宅の周辺の様子や、どんなお店があるかもチェックしよう。
※ 呑み屋の多い場所を通らなければならないときや街頭のない通りがある物件はあまりオススメできないかも。。。

引用元-【一人暮らしの女性はチェック】東京で暮らす女性のための賃貸物件の選び方ポイント6つ | イエマミレ

洗濯機は、外置き?中置き?

古い物件だと、洗濯機の設置場所ベランダにあることも多いよ。
暖かい時期はいいけど、ベランダで洗濯するって冬はかなり試練です。寒い!
また、「女性の一人暮らし」だと察知される理由の1つが「洗濯物」。不安な女性は下着だけでも、できるだけ室内に干すといいかも!

引用元-【一人暮らしの女性はチェック】東京で暮らす女性のための賃貸物件の選び方ポイント6つ | イエマミレ

  • カメラ付きインターホン、オートロック付の物件か?
  • 駅からの距離、周辺の様子、街灯なども要チェック
  • 洗濯機置き場もチェックしよう

被害に遭ってからでは遅いんです

オートロックも万全ではないので過信は禁物。部屋単位の防犯は必須です。意外に窓の防犯が緩い人がいるので、気を付けたいもの。駅からつけられて被害に遭うケースもあるので、通る道周辺の状況は、朝、夜など異なる時刻でのチェックも行った方がいいですね。