冬の必需品アクリルマフラー。自分で洗濯する時のポイントは?

アクリルマフラーの洗濯のポイントを紹介します!

寒い冬の必需品のマフラーですが、皮脂や化粧品で汚れがちです。

アクリルやウール素材ものが多いですが、これらは自宅でも洗濯できるのでしょうか?自宅で洗う場合、洗い方だけでなく干し方にも気を付ける必要があります。

それぞれの注意点を確認しておきましょう。

洗濯方法が知りたい!アクリルマフラーはどう干すのがベスト?

マフラーの洗い方・アクリルは?

マフラーを洗濯する時は、まず洗濯表示を確認して下さいね。

ではまずアクリル素材の洗い方からです。

アクリルの場合は化学繊維ということもあり比較的丈夫ですので、洗濯機で洗ってもOKです。

洗濯機で洗う場合は、たたんで洗濯ネットに入れましょう。

そして、手洗いモードや弱モードにして、おしゃれ着用洗剤や刺激の少ない洗剤を使って洗ってください。

柔軟剤も使用して大丈夫ですよ。

干すときも、気を付けて

洗い終わったら陰干ししましょう。

二本の竿などを使ってM字に干すのがおすすめです。

せっかくキレイに洗っても、干し方が悪いと縮んでしまう場合がありますので、干す時まで気を抜かないようにしたいですね。
引用元-マフラーの洗い方・アクリル、ウール、カシミヤは?

  • 化繊で丈夫なので、洗濯機でも洗える
  • ネットに入れて、手洗いモードで洗いましょう
  • 干すときは、竿は2本使い、陰干しで

丁寧に扱って

マフラーは、目立つ場所に巻くため、汚れやへたりがあると目立ってしまいます。しょっちゅう洗うものではありませんが、ぞんざいに扱うと型崩れや毛玉の元に。お気に入りのマフラーは、ふわっと空気を含んだ状態で、長く使いたいものです。

洗濯方法が違う?ウールのマフラーとアクリル洗い方とは

ウールのマフラーの洗い方

マフラーの種類もたくさんあり、ウール製やアクリル製などがありますが、これらのマフラーの洗い方はどうなっているのでしょうか。

ウール製のものでもドライマークが付いていれば自宅で洗うことが可能になります。
ですが、洗濯機でではなく、手洗いで洗うことになります。

洗う方法は先ほど書いた押し洗いになります。

先ほどと違うのは洗濯機で脱水はせず、すすぎ終わったらバスタオルなどでマフラーをくるんで水気を取るという方法になることです。

水気が取れたら日陰で干してくださいね。

アクリルのマフラーの洗い方

それに対してアクリル製は化学繊維になりますので、洗濯機で洗うことができます。
洗い方は先ほど書いた洗い方で大丈夫です。

マフラーもその物によって洗濯機で洗えるものと、手洗いで洗うものとに分かれるようですので、もし自宅で洗う時はそれらを確認しておいてから洗うようにして下さいね。
引用元-マフラーの洗い方は洗濯機?手洗い?ウールやアクリルのものは… | お役立ちなんでも情報局

  • ウールでも、ドライマーク付きなら自宅で洗える
  • 押し洗いし、バスタオルなどでくるんで脱水を
  • アクリルマフラーは洗濯機でも洗える
  • 洗濯の仕方はきちんと確認すること

意外と気を遣うアイテム

服を洗濯する際は、型崩れしないようにとか、付属のパーツが取れたり撚れたりしないようになど、気を付けることが多いですが、マフラーのように長方形の一枚物だとついつい気を抜きがちです。そのまま洗濯機に放り込んで他のものと一緒に洗おうものなら後悔することに。

自分で出来る!アクリルやウールマフラーの手洗い方法!洗濯機の使用はNG?

ストール・マフラーもお手入れが必要

ストール・マフラーは毎日使うことが多い上、化粧品や皮脂などが付着しているため必ずお手入れしておきたいアイテムです。

特にウール製品は汚れが残っていると虫食いの原因になるのでしっかりと洗っておきましょう。

洗い方の手順

デリケート衣類用中性洗剤で手洗いします。

縮んだり、風合いを損なわないよう優しく押し洗いしましょう。

アクリルなら安心ですが、ウールの場合は特に優しく。

なるべく負荷をかけないようにしながら短時間で洗い上げましょう。
引用元-【保存版】冬物を家庭洗濯してクリーニング代を節約する10の方法

その後、汚い水を排水し、水を入れ替えながら濯いでいきます。

洗濯機の脱水機能は使わずタオルドライ。

大判のバスタオルで包み込み水分を取り除いていきましょう。

ここまでで洗濯は完了です。

干すときに注意することとは

干し方はハンガー2本を使ってM字干しにします。

早く乾きやすい上に、重さが分散されるため型崩れを抑えることができます。

このときにフリンジ部分をほぐして整えておきましょう。
引用元-【保存版】冬物を家庭洗濯してクリーニング代を節約する10の方法

  • マフラーは皮脂や化粧品で汚れるため、手入れはきちんと
  • 中性洗剤で押し洗い、タオルドライが望ましい
  • ハンガー2本使いでM字型に干すと型崩れしにくい

汚れも丁寧に取りましょう

目立った汚れがあったとしても、ゴシゴシ擦り洗いは厳禁ですね。やさしく汚れを浮かすような洗い方がよろしいようです。アクリルやウール製品は、伸びたり縮んだりしてフワフワ感がなくなるのが一番避けたいところ。たくさん空気を含まないと温かくないので。

コツやポイント!マフラーを洗濯する場合

洗濯表示は必ず確認を

まずは、マフラーの取り扱い絵表示を確認します。これを確認すれば、どんな洗濯方法が可能かがわかります。「洗濯機マーク」や「手洗いマーク」が付いていれば水洗いOK。「ドライマーク」であれば、エマールのようなオシャレ着用の中性洗剤を使いましょう。

洗剤の種類をチェック

ドライマークの衣類も洗えるホームクリーニング用の中性洗剤がおすすめです。おしゃれ着やデリケートな衣類用のものですね。スーパーやドラッグストアで購入できます。
引用元-マフラーの洗い方。おしゃれがはかどる洗濯のコツ | iemo【イエモ】

洗濯機なら、「ドライコース」または「ソフトコース」を選びましょう。ゆっくり回ることで衣類に強いダメージをかけない洗い方をしてくれます。おしゃれ着洗剤を入れたら、スタートボタンを押して完了。

洗濯ネットは必須

マフラーやストールは洗濯ネットへ。ほつれや絡まり、型崩れなどを防げるので、生地をダメージから守ってくれます。装飾品が付いているマフラーなどは裏返しにして洗濯ネットに入れるようにしてくださいね。

手洗いの場合、ひどい汚れには前処理を

布地にしみ込んでしまったニオイや黄ばみなど、しつこい汚れには前処理を行うと効果的です。ひどい汚れには中性洗剤を、黄ばみなどには液体塩素系漂白剤を直接かけます。キャップの角などで軽くたたいて浸透させ、すぐに洗濯をしてください。
引用元-マフラーの洗い方。おしゃれがはかどる洗濯のコツ | iemo【イエモ】

  • 洗濯時には取扱表示を見て、洗い方や洗剤の種類を確認
  • ホームクリーニング用の中性洗剤がおススメ
  • 洗濯機を使う場合は、必ず洗濯ネットに入れる
  • ひどい汚れや黄ばみは、前処理しておく

扱いは服と同じです

マフラーやストールを、ただの四角い布地だと思ってぞんざいに扱うと、そのものだけでなく、他の洗濯物にも迷惑(?)をかけてしまいます。汚れは取れないし、型崩れはするしでは、二度手間以上のデメリットとなります。手抜きは後悔の元です。

家庭用洗濯機でもマフラーは洗えるの?自分で洗う方法

自宅で洗えるかどうか、どこで分かる?

「洗濯機マーク」か「手洗いマーク」が付いていれば、家庭で洗濯することができます。
引用元-クリーニングに出さないで、大切な衣類を自分で洗いたい – エキサイトニュース(1/2)

冬物の上着や小物を洗うダウンジャケットの場合、表面が洗える素材(綿・ポリエステル・ナイロン・アクリル)ならば家庭で洗濯が可能です。

基本は手洗いで丁寧に。

洗いおけの代わりとして洗濯槽を利用すると、脱水もすぐできて便利です。

高価なものはクリーニングに出して

コートも同様に洗えますが、素材によっては縮んだり、肌触りが悪くなったりする場合も。

高価なもの、繊細なものは素直にクリーニングに出した方が無難です。

手袋は押し洗い、マフラーは手洗いか、素材によっては洗濯ネットに入れて洗濯機で洗えます。

洗濯ネットは非常に便利で、ふだんの洗濯にも重宝します。
引用元-クリーニングに出さないで、大切な衣類を自分で洗いたい – エキサイトニュース(1/2)

  • 取扱表示に洗濯マークや手洗いマークがあれば、自宅での洗濯は可能
  • 自宅で洗うと縮む場合もあるため、心配ならクリーニングに出して
  • 自宅で洗うときは、洗濯ネットに入れること

仕上がりも想像してみて

クリーニングに出すと、時間もお金もかかるし……ということで思い切って自宅で手洗い。うまく仕上がればいいですが、手の込んだものやコートなど、プロに任せた方がいいものもあります。マフラーやストールも、よほど大切なものは無理して自分で洗わない方がいいかも。