切実…「元夫と再婚したい」の声。安易な離婚で後悔する前に熟考を

元夫と再婚したい!離婚して後悔する前によく考えて!

離婚をしてみると、元夫の生活は案外悪くはなかったことに気づく人がいると言います。

今は別れたい気持ちでいっぱいかもしれません。しかし、別れてから後悔しないために、もう一度考えてみましょう。

離婚をしたけれど、意外と後悔している人たちが多いという事実。ぜひ参考にしてみて下さいね。

後悔するかも?!よく考えて…元夫と再婚したいと考える人って多いの?

3組に1組が離婚している日本

離婚した相手と復縁したいと考える人は多い!

結婚することよりもエネルギーを使い、大きな傷を負ってしまうのが夫婦の離婚ですね。
経済や社会環境が大きく変化した日本では、結婚に対する考え方もおおらかになり、いまや3組に1組のカップルは離婚をし、4組に1組は再婚カップルが結婚していると言われています。

離婚した人と再婚する人も多い

そんな再婚カップルの中に何割か含まれているのが、一度は離婚した相手同士の再婚カップル。
「話し合いや手続きを経て、大変な苦労をして別れたのに何故?」と思われがちですが、離婚した相手との復縁を希望する人は意外と多いものなのです。

離婚をする理由は様々ですが、やっぱり一度は好き合って結婚した相手ですから「離婚をしなければ」「もう一度やり直せたら」という思いを持つのはごく自然なことかもしれませんね。中には相手から離婚を切り出されて納得をしないまま離婚をしてしまい、心を相手に残したまま過ごしてしまった人もいますし、別れてから相手への深い想いに気が付いたという方もいるでしょう。
引用元-【離婚後の復縁】元旦那との再婚は別れたあとの関係がカギ – マーミー

 

  • 3組に1組が離婚、4組に1組は再婚カップルが結婚
  • 離婚した相手ともう一度結婚するケースが意外と多い
  • 別れてから相手の想いに気づく人もいる

別れてから相手の大切さを感じる人も多いのです。

なんと3組に1組が離婚しているとは、驚きの事実です。私の周りではそれほど多くはいませんが、数組離婚しています。確かにそれほど珍しいことではないですね。昔よりは離婚しやすい世の中になったという事でしょうか。

 

離婚は間違いだった、元夫と再婚したい。後悔の日々を送る貴女へ

連絡を取り合っていれば復縁できるかも

離婚後の状況で復縁可能性は変わる

現在も連絡を取っている場合

今現在、元夫と連絡を取っているという方は、復縁可能性が高いと言えるでしょう。なぜならば、連絡を事務的なものであっても取っているということは、相手側もあなたを拒否しているわけではないからです。

さらに連絡内容が事務的なものに限らず、とりとめのない内容も入っている場合は、お互いが嫌い合っていないため、復縁できる可能性が非常に高いのです。

離婚後の生活が充実していると復縁できないかも

相手が離婚後の生活に不自由ない場合

こちらは相手が今の経済的状況であったり、1人の時間が増えたということに対して不自由なくある程度満足している状況を指します。この場合は復縁できる可能性がやや低めです。

なぜならば、あなたと共に暮らしていた結婚生活よりも、今の生活の方が自分に合っていると相手が感じているからです。このままだと復縁に発展する可能性が低いですが、あなたの頑張り次第では可能性が残っていますので頑張りましょう。
引用元-離婚は失敗だと後悔してる人必見!元夫と復縁して再婚する8つの方法 | BELCY(ベルシー)

 

  • 離婚後も連絡を取り合っていれば、相手は拒否しているわけではない
  • 連絡をとりあっていれば、復縁の可能性は十分ある
  • 相手が離婚後に満足できる生活状況だと、復縁できる可能性が低い

離婚後も連絡を取り合っている場合は、復縁できるかもしれません。

もし自分が離婚して新たな恋人がいるとしたら、元妻や元旦那とは連絡を取ろうとは思わないですよね。子供がいる場合は事務的な連絡は取るとは思いますが、世間話などはしないと思います。頻繁に連絡を取り合える状況なら、復縁も考えられるかもしれませんね。

復縁へのステップ|離婚を後悔…元夫と再婚したい!

1. 子供と会わせる機会を増やす

これは、子供をだしに使うという考えではなく、子供にキューピット役になってもらうしかないでしょう。
子供がいるなら、そのようにしたほうが復縁はしやすいです。
子供にさりげなく「お母さんが家でお父さんのことばっかり話している」などと言ってもらうのはいかがでしょう?
悪口はいけませんよ。
元夫の良いところを子供に沢山聞かせてあげてください。
子供と元夫が会うときに、さりげなく弁当を作るとか、そんなことをしてみるのも良いかもしれません。
元夫をとことん気遣えば、夫は振り向いてくれるかもしれませんよ。
引用元-離婚を後悔しているなら…元夫との復縁の一歩の踏み出し方4選 – Clover(クローバー)

2. 2人でデートなどに出かける

映画でも、ショッピングでもなんでも良いので2人でデートできる機会を作ってください。
もしくは、子供がいるのなら、子供の欲しがっているものを夫に相談してみるのも良いでしょう。
あの頃のように楽しく笑えたのなら、また恋人からやり直すことができるかもしれません。
焦らずゆっくりと進めていきましょう。
まず、デートなのですが焦りが見えると、デートすらも敬遠されてしまいかねません。
自分の歩幅と相手の歩幅を見ながら、ゆっくりと歩み寄ってみて下さい。
引用元-離婚を後悔しているなら…元夫との復縁の一歩の踏み出し方4選 – Clover(クローバー)

 

  • 子供にキューピット役になってもらう
  • 子供に元夫の良いところをたくさん伝える
  • 元夫に気を遣えば復縁できるかも
  • 二人で出かける機会を作り、少しずつ歩み寄っていくこと

子供と会う機会を増やして、距離を縮めていきましょう。

子供にとっては、離婚しようがしまいが、父親であることは変わりません。仲良く一緒に暮らすことを一番願っているのは、子供なのかもしれないですよね。子供がお父さんのことを大好きになるように、日頃からの言動に気を付けていくと良いと思います。

 

「離婚を考える理由」に違いが…男性と女性、それぞれの声

男女で違う、離婚の理由

女性の離婚を考えるときの理由として

夫の収入が少ない
子供の面倒をみない
浪費癖がある(ギャンブル、酒)
嘘をつく
浮気している
暴力を振るう(DV、モラハラ)
などが挙げられます。

一方、男性側の意見としては

料理や家事をしない
自分の親や兄弟と不仲
子供の面倒を見ない
働かない
すぐに怒る
などに対して不満を持つ人が多いようです。

離婚したことを後悔する人は意外にも多い

このような相手への不満は日々の積み重ねから起こりますが、その思いはだんだんエスカレートしていきます。

そして、少しでも早く、この不満やイライラから解放されたいとの思いから、スグにでも離婚届けにサインして「新しい生活を始めたい」と考えるようになります。

離婚した事により、新しい生活がハッピーになれば問題ありませんが「離婚したことを後悔している」と感じている人が大勢いるのも現実です。

「結婚したことを後悔する」人に比例するくらい、「離婚したことを後悔する」人が多いという現実、あなたは信じられますか?
引用元-「離婚=後悔?」離婚経験者が語るバラエティー豊かな誤算と後悔 | みんなの夫婦生活

 

  • 離婚したくなる理由は、男女で違う
  • 日々の不満が積み重なり、離婚して新たな生活を始めたくなる
  • 離婚したことを後悔する人はたくさんいる

離婚したことを後悔する人は、意外にも大勢いるのです。

失ってみて初めて分かる事ってたくさんあります。その時はこのストレスから解放されるなら離婚したほうが良いと思っても、いざ離婚してみても幸せにはなれないことに気づいたりします。みんな間違いながら生きているんですよね。

 

えっ、2組に1組はまた離婚してしまう?!離婚→再婚、その後を追ってみた

2分に1組が離婚している日本

3組に1組が離婚

年々離婚率が上昇傾向にある日本。実は……2分に1組が離婚し、その過半数が同居年数10年未満という結果のようです。

厚生労働省が2015年1月1日に発表した『人口動態統計の年間推計』によると、日本の離婚率(人口1000対)は『1.77』。

人口1,000人当たりの結婚5.2件ですが、離婚1.77件。

つまり、約3組に1組が離婚していることになります。

アメリカが2組に1組の計算になり世界の主要国離婚率ではロシアの次に多い2位。

日本は6位ではあるものこのまま増え続けるとアメリカ並みの離婚率になるとも言われているそうです。

結婚する4組に1組が再婚カップル

4組に1組は再婚

日本では年間で70万組程のカップルが結婚し、その後約25万組程の方が離婚されているよるです。

その70万組の4分の1はどちらかが、または両方が『再婚者』であると言われています。

離婚の数が増えていれば再婚の数が増えることは当然ですが、その背景として『失敗はしたものの、この先ひとりで生きていくのは不安』という思いが大きいようです。

誰かとつながっていたいという気持ちが、再婚へと向かわせているのかもしれませんね。

バツイチ人の離婚率は50%

再婚者の2組に1組は離婚している

現在の日本のバツ1の離婚率は、おおよそ50%と言われているそうです。

実に2組の再婚者の内1組は、バツ2を迎えるということになります。

バツが増える人ほど離婚率も増えるという結果もあるようです。

『結婚⇔離婚』が常用化してしまう傾向があるようです。

・我慢ができない
・自分中心の生活を変えられない
・理想が高過ぎる

などが捨てきれず離婚を繰り返してしまうようです。
引用元-後悔してない? 子連れ再婚するシングルマザーの実態と夫の本音 | パピマミ

 

  • 3組に1組が離婚をしている
  • 2分に1組が離婚をしていて、離婚率は上昇傾向にある
  • 4組に1組が再婚カップル
  • バツイチの人の離婚率は50%で、バツが増えるほど離婚率も高くなる
  • 離婚する人は繰り返してしまう傾向がある

 

一度離婚をすると、何度も離婚を繰り返してしまう人が多いのです。

これは驚きの事実ですね。よく、親が離婚していると、子供も離婚率が高いという事を聞いたことがあります。離婚をするという事がどういうことかと分かると、ハードルが下がるのかもしれません。でも誰もが、離婚をするために結婚なんてしないですよね。