原因判明☆顔が赤い、肌がカサカサで悩む方へ。対処法をご紹介!

原因判明!顔が赤い&肌がカサカサのお悩みはこれで解決!

顔が赤かったり、肌がカサカサしたりするのは、加齢のせいなのでしょうか?

肌の赤み・カサカサの原因や治し方、補給したい栄養、カサカサ肌の改善に効果的なセラミド・NMFについてご紹介します。

乾燥肌の症状や脂性肌との違いについても、参考にしてみてくださいね。

加齢のせい?顔が赤い、肌がカサカサするのは

1-1-1.菲薄化

菲薄化(ひはくか)とは皮膚が薄くなることです。
表皮が薄くなることで肌のバリア機能が低下し、肌荒れが起こりやすくなります。
菲薄化は年齢を重ねて女性ホルモンのひとつエストロゲンが減少することで起こると考えられています。

1-1-2.コラーゲンの減少

女性ホルモンのひとつ、エストロゲンが減少することや、紫外線によるコラーゲンの破壊によって真皮層のコラーゲンの密度が低下します。
写真のようにコラーゲンの密度は年齢とともに低下していきます。
コラーゲンが減少することで肌の弾性がなくなり、肌がたるむようになります。

1-1-3.女性ホルモンの減少

女性ホルモン(エストロゲン)が減少することで肌が薄くなり、外部からの刺激に対応する力が弱くなって肌荒れが起こります。さらにコラーゲンが減少してたるみができるようになり、お肌の見た目にもシワが目立つようになります。

1-1-4.皮脂量の減少

30代ころから自分の力で肌の皮脂膜を作ることができない女性が増えてきます。
さらに40~50代にかけては皮脂量が急激に減少していきます。
皮脂膜が作れなくなると乾燥が進み、肌が荒れるようになります。
引用元-肌荒れの24の原因|肌が荒れてカサカサする、赤みがあるなど

 

  • 皮膚が薄くなっている
  • 紫外線・加齢によってコラーゲンが減っている
  • 女性ホルモンが少なくなっている
  • 加齢による皮脂量の低下

肌ケアは、年齢にあわせて行おう

顔が赤かったりカサカサになったりしているのは、加齢や女性ホルモンの分泌、紫外線などによる影響が大きいのですね。だからこそ、年齢にあった肌ケアが必要なのでしょう。皮膚トラブルが続くときは、今のケアを見直すチャンスかもしれません。

 

治し方とは?顔が赤い、カサカサになる原因は肌が薄くなっている

肌が薄くなっている人は、化粧品を見直すことが重要

肌が薄くなっている人にとって最も大切なことは、肌のうるおいをキープして、肌の自己再生力をうながすことです。そのためにまずやっていただきたいことは、化粧品の見直しです。洗顔は、合成界面活性剤の入っていない無添加の「固形石鹸」を使用し、ぬるま湯で洗い流すだけにします。
化粧水や乳液は、保湿能力の高い成分を配合しているものを選ぶとよいでしょう。保湿成分はいろいろとありますが、特にセラミドは角質層で水分を保持する機能とバリア機能の両方を兼ね備えているので、皮膚の薄い人にはピッタリな保湿成分だと言えるでしょう。

顔の赤み・かゆみの改善には時間がかかる

もちろん、これらのケアをしたからといって、すぐに赤みとかゆみが改善されるわけではありません。改善までにはある程度の時間がかるので、根気よく続けましょう。さらに、これらの情報を踏まえた上で、選んだ化粧品が自分のお肌に合っているかどうかも、常に確認するようにしましょう。

また、食生活の改善や生活習慣の見直しも、赤みやかゆみを伴う肌荒れの改善と予防に有効です。アルコール、たばこ、カフェインなどの嗜好品や香辛料などの刺激物は極力避けるようにしましょう。ストレスをためない生活や十分な睡眠も大切です。
引用元-【医師監修】肌の赤みやかゆみを伴う肌荒れの治し方・予防法 | スキンケア大学

 

  • 肌の赤み・かゆみがあるなら、洗顔料や化粧品を見直す必要がある
  • 顔の赤み・かゆみの改善には、継続的なケアが必要
  • 規則正しい生活やバランスの良い食事も、赤み・かゆみ改善に効果的

肌トラブルの予防には、生活・食事の見直しが大切

肌の赤み・かゆみだけでなく、肌トラブルを予防するには規則正しい生活やバランスの良い食事が重要です。また無理なダイエットなどもお肌の大敵!せっかく痩せても、肌があれていては気分が良くならないですよね。

 

栄養補給しよう!顔の一部が赤い、カサカサしているとき

肌がカサカサするときに摂取したい栄養

これはまだ激しい痒みもなくて、ガサガサしてんな~って時期の施策。

肌のターンオーバーを促進し、正常な肌、強い肌を作るためには、食事からの栄養プラスアルファだよね!

数あるビタミン剤の成分と配合量を比較した結果、

・新エバユースB26(第一三共ヘルスケア)
・天然ビタミンE(DHC)

を購入して、5月15日から欠かさず飲んでいる。

肌の不足している栄養を補うため、サプリメントがオススメ

その後炎症や痒みが酷くなってきたので、それを飲んで治ってきた、ということにはならなかったが

炎症を起こしていない部分の皮膚は明るくつややかになっている気もするし、皮むけも異常なターンオーバーというだけでなく、日焼け後の皮むけのような正常さがあるときもあるし結構役に立っていると思う!

炎症でありただの肌荒れとか乾燥肌ではないのでこれで治るということはないが、栄養補給という意味では縁の下の力持ち的存在になっている。

新エバユースは1ヶ月分が終わったので、250粒(約4ヶ月分)を購入した。
今の症状が治っても、飲んでいくつもり。
引用元-顔などの一部に赤い炎症!ガサガサ痒い…原因を突き止めたよ!

 

  • 肌がカサカサするときに摂取したい栄養
  • 肌の不足している栄養を補うため、サプリメントがオススメ

食事だけで不足する栄養を補うため、サプリメントを活用してみては?

肌の異変に気がついたら、肌のターンオーバーをサポートする栄養を摂ることを徹底しましょう。食事だけで栄養を補うことが難しい場合は、サプリメントを活用すると良いですね。効果を感じられるまで時間がかかるので、是非継続してみてください!

 

「セラミド・NMF」って何?カサカサ肌を改善される

セラミド・NMFは肌の表面にある成分

カサカサ肌が改善できるセラミド・NMFってなんでしょうか?

これは肌の一番表面、角質層にある成分のことです。どちらも大量の水分を抱えたり挟み込んで離さない性質があります。

これらが肌の一番表面で水分を維持。肌水分量を高めることで、刺激や異物を防ぐバリア機能を発揮します。さらに肌善玉菌の活動も活発にし、肌荒れを防ぎ、水分による透明感もアップさせちゃいます。

セラミドは、ヒアルロン酸やコラーゲンよりも保湿力がある

保湿というとヒアルロン酸やコラーゲンが有名ですが、最も保湿力が高いのはセラミドなんです。NMFはちょっと落ちますが、やはりヒアルロン酸等にはないメリットがあります。

セラミドとNMFは、

・化粧品で比較的かんたんに浸透させることができる
・もともとあるべき場所に浸透するから馴染みやすい

という2つのメリットがあります。

ヒアルロン酸やコラーゲンは一時的にしか潤いを維持できません。だから保湿してもすぐにカサカサ感が戻ります。

しかし、セラミド・NMFは角質層の中で水分をしっかりキープ。だから水分を長時間維持するから潤いのある肌になるんです。
引用元-顔がカサカサに乾燥してしまう理由・原因

 

  • セラミド・NMFは肌の表面にある成分
  • セラミドはひらる論さんやコラーゲンよりも保湿力が高い
  • セラミド・NMFの潤いは長持ちする

鼻をかみすぎて肌がガサガサ・・・セラミド・NMFが気になる!

私はアレルギー性鼻炎持ちなのですが、症状がひどいときは鼻のかみすぎで肌がガサガサになってしまいます・・・。ヒアルロン酸やコラーゲンが配合されている基礎化粧水を使っていましたが、今後はセラミド・NMF配合のものを探してみます!

 

乾燥肌なのだろうか…?肌がカサカサするのは

乾燥肌の症状

・肌がカサカサ、ゴワゴワ、ザラザラ

・なんとなく肌が硬くなっている(マット肌?)

・洗顔後に顔がつっぱる、化粧水が浸透しない

・シワがひどい(若いのに・・・)

・化粧のノリが悪い

・クリームなどで保湿しないとすぐに赤くなる・痛い

このような症状が出ている場合、ほぼ間違いなく「乾燥肌」です。

肌のバリア機能が低下しているので、肌の中の水分はドンドン蒸発していきます。

”うるおいを失いザラザラしたり、カサカサしたり・・・当然化粧のノリも悪い。

肌表面の皮膚が剥がれかけていて安定しないため、粉を吹いたり 、ちょっとした刺激ですぐに赤くなったり・・シワも。。(怖)

顔がテカっている人は脂性肌?乾燥肌?

肌の水分量が低下している状態なので、洗顔料での洗顔後など、顔がつっぱったりしていれば「きっと自分は乾燥肌なのだろう」とすぐに気づけるはずですが、一つだけ注意しておきたいのが、普段、顔がけっこうテカる(皮脂が多く分泌されている)という方の場合。

その場合、見た目的には「脂性肌」なのですが、もしかしたら肌の内部が乾燥しているために「皮脂が多く分泌されている」のかもしれません。
引用元-肌(顔)が乾燥してカサカサ!『乾燥肌』とは? 原因はなんだ!? | ニキビ肌荒れを綺麗に治す方法を元汚肌の20代男が語るブログ

 

  • 乾燥肌の症状
  • 肌が突っ張る場合は乾燥肌
  • 顔がテカっているから「脂性肌」と考えていたら、肌の内部が乾燥していることも

乾燥肌と脂性肌を間違えないで!

肌の乾燥が原因で、皮脂が多く分泌されている可能性もあるのですね。顔がテカっているからと「脂性肌」だと安易に考えず、そのほかの肌の症状を踏まえたうえで判断し、ケアすることが大切です。