夫婦二人の生活費の平均は?平均を知り節約するなら今こそチャンス

夫婦二人の生活費の平均って?平均を知って節約につなげよう

結婚して二人で生活を始めると、どのくらいのお金がかかるのでしょうか。

2人とも実家暮らしだったりすると、想像もつかないかもしれません。

夫婦二人の生活費の平均や、やりくりしていくコツ、貯金するための方法など、体験談を踏まえてご紹介します。

平均ってどれくらいなの?夫婦二人の生活費についての質問

子なし夫婦の生活費

夫婦二人 子供無しの場合の生活費について質問です。

結婚後、二人で新生活を始めるに当たって、双方とも今まで実家暮らしだったもので、夫婦二人で生活費がいくらかかるのかさっぱり見当がつきません。

収入が低めだったら?

ネットで平均などを検索してみても収入の高めの結果ばかりで参考になりません。

収入は手取りで 夫18万 (妻8万 パート予定)です。

夫が保険に無加入だったものですから、保険にも新規加入したいのですが、生活費のうち保険料にいくら割けるのか計算するのに生活費が知りたいのです。

引用元-夫婦二人 子供無しの場合の生活費について質問です。結婚後、二人で新生活を始… – Yahoo!知恵袋

  • 子供なしの夫婦二人の生活費はどのくらいか知りたい
  • 手取りは夫婦合わせて26万くらい
  • 保険料にどのくらい割けるか

子なしの夫婦の生活費はどのくらいですか?

実家で暮らしていると、実際にどのくらいかかるか分からないものですよね。一番大きく変わってくるのが、住居費だと思います。子供がいないうちは、貯金もできるのが理想だと私は思います。

平均についての回答!夫婦二人の生活費の一例です

光熱費、食費を切り詰めている

生活費も様々だから一度普通に生活してどこを切り詰めいくら保険料かけられるか確かめるのが一番ですよ。

ちなみにうちは夫の収入のみでの旦那さんと同じくらいの月収で子ありです。

生活費は五万、固定費10万です。

うちは家賃56000円と高いけど車は一台のみで維持費が少ない。

光熱費、食費をかなり切り詰めてる。

ってのがあります。

貯蓄は残り三万と生活費からもうちは余る前提での五万だからいくらかここからも貯蓄してます。

引用元-夫婦二人 子供無しの場合の生活費について質問です。結婚後、二人で新生活を始… – Yahoo!知恵袋

節約することも浪費することも…

平均的な相場は、13~15万程度ではないでしょうか(家賃、高熱費など差引いて)

でもこればっかりは、もっと節約することも、もっと浪費することももちろん可能な訳で・・・難しいですよね。

ただ、超高給取りという収入でなければ(失礼ですが)、家賃や光熱費などの固定費なんかも、彼女さんに管理させてみては如何でしょうか。

そうすれば光熱費を節約したり家計簿をつけたりと、賢くやりくりなさるのではないでしょうか。

引用元-夫婦二人暮らしの場合、生活費はどの程度必要ですか? – もうす… – Yahoo!知恵袋

  • 手取り18万、子どもありで、月々3万円貯金
  • 光熱費や食費を切り詰めて生活している
  • 生活費の相場は13~15万円
  • 節約も浪費もできるので一概には決めにくい

生活費は13万~15万くらいではないでしょうか。

手取り18万で、家賃56000円の車所有で貯蓄3万とは凄いとしか言いようがありません。10万くらいで生活しているということになるので、子供がいるのに素晴らしいと思います。我が家は節約していても、食費だけで5万はかかっているかも…。

生活費の平均はこれくらい!夫婦二人分なら

2人暮らし夫婦の平均生活費

総務省統計局の家計調査によると、二人以上の世帯の消費支出は271,411円となり、住居費、自動車購入費などを除いた世帯の消費支出は239,387円となっています。

この結果は、二人以上の世帯の消費支出となっており、全ての年代層が対象となっています。

そのため収入にも差があり、結婚したばかりで旦那さんと二人暮らしの方の生活費平均はこの金額より下回ることでしょう。

結婚してから子供がうまれるまでの時期が一番貯金をできる時となりますので、収入を生活費の7割程度の抑えると良いでしょう。

引用元-気になる夫婦の生活費大調査!自分は平均より上?それとも下?

夫婦二人なら食費は2~3万におさえる

生活費の大まかな内訳と、総務省家計調査における内訳の平均を見ていきましょう。

総務省統計局における二人以上世帯の消費支出とその内訳

・食費 70767円

・家賃 14536円

・光熱費、水道費 21716円

・家具、家事用品費 8668円

・被服費 12145円

・保険医療費 11387円

・交通、通信費 34603円

・教育費 10098円

・教養娯楽費 29584円

・その他 57907円

このように、総務省の家計調査と比べると、結婚したばかりの二人暮らしでは節約できる部分が多いことが分かります。

まず、食費ですが2人でしたら2~3万円以内に抑えることを目的としましょう。

そして教育費や娯楽費に関しては、収入に合わせて削ることを心掛けましょう。

しかし、家賃は賃貸であればこの平均金額からは上回りますので全体のバランスを考えて目標の生活費額をたてましょう。

引用元-気になる夫婦の生活費大調査!自分は平均より上?それとも下?

  • 2人以上の世帯の消費支出は約27万
  • 子供が産まれるまで貯蓄できる時期
  • 二人暮らしなら節約できる部分が多い
  • 食費は2~3万に抑え、教育費や娯楽費は削る

子供が産まれるまでは貯蓄に回せるようにしたいですね。

家賃平均が14536円とは、持ち家の人が多く含まれているという事でしょうか。2人以上の世帯ということに幅がありすぎてよく分かりません。二人で賃貸の家を借りるとしたら、地方でも40000円以上、都内なら10万は最低でも超えるのではないでしょうか。

調査結果を紹介。生活費の平均はだいたいこのくらいです

生活費の平均

リクルート・ブライダル総研が、2014年の6月に464人を対象に行った調査によれば、夫婦の生活費の平均的な内訳は次のようになっています。

生活費 20~25万円

内訳

・住居費 6~8万円 (ローン、住居費含む)

・食費  3~4万円

・光熱費・通信 3~3.5万円

・家具・家事用品 1~2万円

・被服 1~2万円

・保険・医療 2~2.5万円

・教養・娯楽 1~2万円

住む場所で大きく変わる

住居費に関しては、住む場所によって家賃に差があります。

首都圏は、2LDKで9万円~10万円くらいが相場であるのに対し、首都圏以外の場所によっては、2LDKで4万円くらいが相場のところも。

引用元-いくらあれば生活できる?夫婦の平均生活費2015 | mamaPRESS

  • 夫婦二人の生活費の平均は20万~25万
  • 住居費に大きな差がでる

住む場所によって、家賃はかなり変わってきますね。

我が家の支出は、これに加えて車のお金や、旦那さんのお小遣いなども加算されます。食費が3~4万円が平均だとは驚きです。我が家も贅沢をしているつもりなどは全くありませんが、もっとかかっています。

どうしたらいいの?生活費を節約してやりくりしたい!

外食は大敵

食費は、毎回安い食材で完全に自炊するのであれば、月に3万円に抑えられます。

ただし、外食はもちろん、お惣菜を買うなどすれば、すぐに超えてしまいます。

また、なかなか削るのが難しい通信費も、キャリア契約なしのスマートフォンや携帯を使うと、節約になります。

最低限の生活をするのであれば、20万円あれば充分です。

しかし、家賃が10万円の場所に住み、食費を3万円に節約、残り7万円で光熱費、日用品、保険、通信費などを払うとなると、

それらですべて消えてしまうためそれぞれが自由に使えるお金はなく、節約しても貯金は厳しいでしょう。

引用元-いくらあれば生活できる?夫婦の平均生活費2015 | mamaPRESS

固定費を抑えて、楽しみに使うお金を増やそう

住宅費・車のローン・光熱費・通信費・保険料など、何もしなくても毎月出ていくお金を固定費といいます。

固定費を抑えられれば、彼との楽しみに使えるお金が増えます!

たとえば、「憧れのマイホームはいったん我慢して、通勤で便利なところに賃貸を借り、その分車はもたない」など、固定費の少ない生活を楽しむのも良いでしょう。

引用元-夫婦2人の生活費っていくらぐらいが普通?[花嫁きれい]

  • 安い食材で自炊をすれば食費は3万
  • 外食や総菜を買えば、すぐにオーバーする
  • 最低限の生活なら20万で暮らせる
  • 毎月の固定費を抑えることが大切

生活費は節約しなければどんどん大きくなります。

生活していくのって、どうしてこんなにお金がかかるのでしょう。子供を持つ私が思うことは、働けるうちにたくさん稼いでおくということ。今も大変ですが、子供が産まれてから働くのは、比にならないくらい大変ですよ。

今がチャンス!一番貯蓄しやすいのは夫婦2人で暮らしている時こそ

夫婦二人の時こそ貯金する

夫婦二人暮らしの生活費は、それぞれの地域や家庭でも全然違いますが、

「夫婦二人暮らしの時が1番貯蓄がしやすい。」そうです。

総務省の家計調査によると、特に1番お金が貯まりやすい年齢は

25歳~29歳で25.8%だそうです。

2人で協力!

また、1年間の貯金額は100万円以上と答えた方がかなり多くいたそうです。

夫婦二人暮らしだからこそ、夫婦で協力をすることが大事です。

生活費で減らせる所は減らし、

減らせない所は最初に決める段階でよく話し合うようにして、

節約しつつ貯金も頑張ってみましょう。

引用元-夫婦二人暮らしの生活費はいくら?月の光熱費や食費などまとめ | ママと主婦の生活のお悩み!改善と相談の部屋!!

  • 一番お金が貯まりやすい時期は、25歳~29歳
  • 二人暮らしのときこそ、協力して貯めるべき
  • 良く話し合いをすること

子供がいないうちに、たくさん貯めておきましょう。

子供がいない時期に貯金をし、それを頭金にしてマイホームを購入しました。旦那さんの給料で生活をして、自分の給料は全て貯金。節約も