旦那にストレス!ブログで愚痴ることでストレス発散!解決方法は

旦那にストレスを感じている方!ブログで愚痴ってストレス発散♪

人間関係の悩みはどこにも転がっているものです。家族間にもそのネタはあります。

職場や学校での出来事なら、最後の手段として辞めることもできますが、悩みの原因が「夫」では簡単にはいきません。

ブログで愚痴ることでストレス発散してみませんか?

ブログで愚痴ろう!旦那へのストレスを解消!

日頃の旦那はこんな感じ

今日から旦那がいる3連休…1日目。

怒鳴ることなく…この3日を終わらせたかったけど…

朝一番で私の雷は落ちた。

【腐った性根】

旦那はよく会社で怒られる。

100回中…90回は旦那。10回は…同期の同僚。

それくらいの頻度で…旦那は怒られる。

以前よりは…言ってくることは少なくなったが…

それでもたまに…帰宅すると私に怒られた話をしてくる。

ウンザリだ

たまに旦那ではなく…同僚が怒られた日…

旦那はその話もしてくる。

『今日…○○君…ミスしてめっちゃ怒られてたよ』

『あのミスは…怒られるよ…』

『さすがに俺でもしないな…』

『○○さん…めっちゃ怒ってたもん…』

『会社からしたら…すげー損失だからな…』

こんな感じで言ってくる。

でも…私はいつも…その話よりも気になることがある。

同僚が怒られたと話をしている時の旦那の表情…

ニヤついている。とても嬉しそうなのだ。

自分が毎日のように怒られているからだろう…

いつの頃からか…旦那は人の不幸を喜ぶことがある。

見ず知らずの他人ならまだしも…同期の同僚に。

息子のイタズラの原因を作ったのは……

そして…今朝一番で私が怒鳴ったのはこのことだ。

朝…私が家事をしている時…

旦那は息子と遊んでいた。

でも…すぐに息子がイタズラを始めた。

何故なら…息子がイタズラを始めたのは…

旦那が息子の見ていたDVDを…自分の見たい番組に変え…

ソファを陣取ったから。

引用元-宇宙人の性質: うちの旦那は一生宇宙人

  • うちの旦那は、会社でよく怒られているためか、他人の失敗を喜ぶようになった
  • 息子の見ていたDVDを差し替え、ソファも横取りしたことに怒り爆発

ブログ以外での逃げ道はあるのだろうか?

原因が原因だけに、お怒りになるお気持ち、お察しします。旦那さんの行動はしっかり目撃されているので、申し開きのしようもないでしょう。会社での様子も、部外者?の立場では言えることも少ないでしょうから、奥様のストレスもいかばかりかと。

ストレス発散法としてブログを・・旦那はアスペルガーかも!?

息子のことを調べるうちに分かってきた、夫のこと

息子にADHDの疑いが少しあり…発達支援通いが始まりました。少しでも息子に向いた育て方をしたい、そう思った私は発達障害について深く学び始め、そして数ヶ月前に気づいたのです。

夫は多分アスペルガー。
間違いない。

心が通じ合わず、一人ぼっちな気持ちで暮らしてきた原因はすべてこれでした。
アスペルガー症候群とは、どのような特徴を持つ障害なのか

アスペルガーの特徴

アスペルガーの大きな特徴としては、人の心情を理解するチカラが極端に少ないこと。
本音と建前の区別もつきません。
いわゆるKYで、本人に一切の悪気はなく、相手を怒らせて嫌われてしまうというコミュニケーション障害があるのです。
夫のことはこのブログでいくつか事例を紹介していますが、仰天なこと全て、アスペルガーと考えると納得です。
夫、女性ウケが最悪な理由 – 夫嫌いすぎる!兼業主婦ゆこりんの毒日記
これもアスペルガーなら納得です。

引用元-夫嫌いすぎる!兼業主婦ゆこりんの毒日記

  • 息子がADHDの可能性があるため、発達障害について調べていて、夫もそうだと気が付いた
  • 夫がアスペルガー症候群だとすると、さまざまな言動の説明が付く

なるほど、そうだったんだ

今まで不可解で、ときによっては不愉快だったことが、ある枠にすっぽりはまると、思わず手を打ってしまうように納得する。……この文章を読んでそんな印象を受けました。分類がつくと、対処法が分かる場合があります。周囲の人のストレスも少しは軽減されるかな?

【愚痴ブログ】帰省で旦那の両親にもストレスが!

義両親の攻撃

今年もやってきました帰省の季節。
本当にうんざり・・・。
かと言って、嫁だけ帰りませんというわけにも行かず、準備をして、帰省してきました。
もちろん、持参手土産以外に嫁から義理両親へのプレゼントは欠かさずに持って行きましたよ。

で、帰省中はみんな笑顔で和気藹々とそれなりに過ごし、嫁の私としても快く自宅に帰ってきました。
義理両親も終始笑顔で、孫との再会を喜んでくれて、送り出してくれました。

なぜ、矛先が私に!?

・・・が、問題はここから!

帰省から2週間近く経ってから、急に夫へ姑からの電話。
何が引き金になったのか知らないが、夫が姑の勘に障る言葉を何気なく発したらしく、そこから怒涛の姑の攻撃。
それがなぜか、夫ではなく、嫁である私へ怒りの矛先が向いているらしい。意味がわからない。
電話口で夫と姑が大喧嘩した後、すこぶる機嫌の悪い夫が私に一言。

「親がお前(嫁)に対して、あり得ないぐらいキレてる」

理由を聞くも、
「帰省した時から挨拶はないし(言動が)気に入らなかった」
「私達(義理両親)に孫の面倒をずっとみさせやがって」
「愛想が悪い」
「お前(夫)の嫁は人間として非常識すぎる」
などなど・・・

これでも夫はかなり言葉を選び、出来る限りオブラートに包んで私に言ったらしい。
引用元-夫にストレスを感じる日々Σ(`‐ェ‐´) 義両親の攻撃

  • 夫の実家への帰省は気が重いが、そつなくこなしたつもりだった
  • 夫と姑とのケンカがきっかけで、自分(嫁)に対する不満がボロボロ出てきた

好い方向へ持っていけるでしょうか?

なるほど。これだけ出てくるのは、今まで言わずに貯めておいただけなんでしょうね。でも、言いたいことがあるのはお互いさまだと思うんですね。人にもよるのでしょうが。しかし、決して愉快ではないと思いますが、思わぬ機会に本音が聞けたのは良かったのかもしれません。

夫源病かも?あまりにも旦那へのイライラが止まらない時は・・対処法は

ストレス源は「夫」

結婚している女性の5人に1人が経験するといわれるうつ病や精神疾患。それらの原因には、無神経で鈍感な夫の言動や夫の存在そのものがあるという説もあります。
夫自体が最大のストレス源になり、多くの妻が苦しむ、この症状を“夫源病”といいます。夫に対する嫌悪感やイライラが増大すると症状はかなり悪化してきます。
引用元-夫へのストレスが苦痛で耐えられないときの対処法 – エキサイトニュース(1/3)

妻が、自分を守るための非常手段

夫源病の恐ろしさや軽度の場合の対処法をご紹介しました。
今回は、夫源病の改善が困難な場合の”非常手段”について、大阪大学大学院 医学系研究科准教授の石蔵文信さんの著書『妻の病気の9割は夫がつくる』をもとに、ご紹介したいと思います。

■まずは夜の外出からはじめてみる
「妻が夫の世話をするのは当然だ」と思っている夫の場合、いきなり距離を置くのは困難です。まずは、身近にできることからはじめてみます。
たとえば、飲み会など夜間を空ける時間をつくることからはじめてみましょう。次に1泊の外泊、そして次第に長期旅行など、少しずつ距離を置く時間を長期にして慣らしていくといいです。

■「医師の命令」と押し切る
外出が多くなると、夫から文句をいわれたり、理由を聞かれたりすることもあります。
引用元-夫へのストレスが苦痛で耐えられないときの対処法 – エキサイトニュース(1/3)

  • 既婚女性の5人に1人が経験する、うつ病の原因は「夫」という説もある
  • 夫源病の改善が困難な場合、徐々に距離を置き、理由は「医師の命令」とする

夫以外の協力者を見つけて

妻のうつ病が「夫源病」であることが分かったとしても、簡単に離婚できない場合は、地獄の苦しみでしょう。帰る場所、本来なら安息の場所である自分の家に病原がいるなんて。しかしこの場合も、原因が分かったのなら、それなりの対処はできるでしょう。徐々にではありますが。

難しい?・・旦那の意識改革しか解決方法はない

夫源病の解決方法とは?

亭主関白の夫とそれに従う妻。「あなたがいるとうっとおしい」と言えない女性に多いそうです。
この背景には男尊女卑の考え方が見事に表れています。女性は家にいるもの。そんな考え方によるひずみではないでしょうか。

解決方法はひとつ、男性の意識改革。自分がストレスの原因だと認めること。

夫は妻に与えたストレスを認めることができるか

はっきり申し上げましょう。無理です。何十年もそうして暮らしてきた男性に変われというのは難しい。そもそも自分がストレスを与えているとは夢にも思っていないのです。簡単に変わってくれる人であれば、奥様は発症しないはずです。

夫婦間のコミュニケーションが大事だとか、お互い趣味を持ち、外出するようにとかよく言われることですが、非現実的です。夫から離れない限り、奥様の苦しみは続くのです。夫が単身赴任になった途端に症状が改善された例があるくらいですから。

熟年離婚を回避するコツでも書きましたが、奥様に対していたわりがなさ過ぎです。家族であり妻である女性をもっと大切にしてほしい。奥様がいないと困るのは旦那様ですよ。甘えが過ぎるのではありませんか。

身体を壊してまで守るものはないと常々考えています。病の原因を取り除くのが一番早い回復方法です。

妻の思いに気付かず自分勝手に振る舞い続ける夫。見方を変えると哀れです。離婚件数が減らないのも頷けます。
引用元-主人在宅ストレス症候群に苦しむ女性達-ビューティフルなバツイチ生活のススメ

  • 夫源病の解決に最も効果的なのは、夫の意識改革
  • 夫源病の原因になるような男性は、自分がストレス源だとは夢にも思っていないだろう
  • 病の原因は一刻も早く取り除くべき

まず、夫に気づかせるには、どうしたらいい?

妻がうつ病になるくらいのストレスを与えるような人なので、職場でもいろいろやらかしているのかもしれません。それとも外面はいい人なのでしょうか?いずれにしても、事態は深刻です。第三者の介入が必要になるかもしれませんね。家族間では解決は難しいでしょう。