睡眠?それとも食事?同時にきた時、どちらを優先にさせるべき?

睡眠と食事のどちらかをとるなら優先させたいのは・・・

睡眠と食事とでは、どちらを優先したほうが良いのでしょうか?

睡眠や食事を減らすデメリットや、睡眠や食事の重要性をご紹介します。

仕事の効率をあげたり、美肌を目指していたりする場合は、食事よりも睡眠をとることをおすすめします。

Q、どちらを優先にした方がいい?睡眠と食事とでは

仕事が忙しく、1日1食しか食べられないことがある

深夜に帰宅して、何も食べずに寝てしまい、
朝起きて、何も食べずに出かける。
そんな感じで、「一日一食」という日が結構あります。
(昼食は昼休みがちゃんとあるので食べます)
こんな状態は体に良くない、というのは分かるのですが、
睡眠時間をけずってまで食事する必要があるのかどうか、気になります。

医学的には食事と睡眠のどちらを優先するべき?

忙しい時期を過ぎれば、元の「一日三食」に戻れるとは思うので、
「どうしたら良い?」という質問ではなくて、
医学的(?)にはどっちを重要視するのが正解なのかが知りたいんです。
詳しい方、教えてください。

引用元-「睡眠」と「食事」どっちが大事? – ヘルスケア(健康管理) | 教えて!goo

 

  • 仕事が忙しく、1日1食しか食べられないことがある
  • 睡眠時間を減らしてまで植字の時間をとるべき?
  • 医学的には食事と睡眠のどちらを優先するべき?

私は睡眠を優先することが多い

仕事が忙しく、どうしても食事か睡眠時間を減らさなくてはならない状況ってありますよね。私の場合はどうしてもお腹が空いて眠れなさそうな時以外は、睡眠を優先しています。みなさんは、どちらを優先していますか?

 

A、どちらを重要視するのが大切か…「睡眠」と「食事」

食事を減らすと肉体・睡眠を減らすと精神に悪影響

食事を抜くと結果的にセーフモードと言うか
「睡眠」時間がどうしても長くなります。
当然肉体的にも虫食まれ、免疫力が低下し、ウイルス性の病気になるのでは?
世に言う「食べていないと眠ってしまう」状態です。
逆に睡眠を削ると、精神的情緒的に不安定になり仕事どころではない。
これは、アメリカのDJが不眠不休でラジオ番組のパーソナリティを努めた結果です。

「睡眠」と「食事」にはどっちを重要視するのが正解なのかはありませんが。
まぁ「食事」を削ると肉体的に、「睡眠」を削ると精神的に駄目になるのでは?

引用元-「睡眠」と「食事」どっちが大事? – ヘルスケア(健康管理) | 教えて!goo

練る時間は削ってもいいがい、食事は少しだけでも食べる方が良い

今はそういうことはないですが,若い頃は,気がつけば丸一日何も食べていなかったり,寝ていなかったりということがよくありました。泊り込みで研究していて食事も睡眠も完全に忘れていたのですネ。
ただ,限界に達するまで寝なければ立ったままでも,歩きながらでも勝手に寝てしまいます。

ですから,寝る時間をいくら削ってもよいと思っています。
けれども,食事については,特に脳は糖分を欲しがりますし,低血糖状態となることもよくないですから,何か少しだけでも摂るのがよいでしょうネ。
コーヒーに砂糖を多めに入れて飲むだけでもかなり違うと思いますヨ。
別に義務的に一日三食食べる必要はありません。

引用元-「睡眠」と「食事」どっちが大事? – ヘルスケア(健康管理) | 教えて!goo

食事と睡眠どちらが重要かは、人それぞれ

人によって違うと思いますよ。
私は食べなくとも寝ないと動けませんし、仕事にミスが出そうで怖いです。そういうときは寝ることに専念して寝る前に少量だけチョコレートをつまんでおきます。

引用元-「睡眠」と「食事」どっちが大事? – ヘルスケア(健康管理) | 教えて!goo

 

  • 食事を減らすと肉体的に、睡眠を減らすと精神的に不調に陥ることがある
  • 睡眠時間を減らすのは大丈夫だが、食事をまったくとらないと低血糖に陥る
  • 食事と睡眠どちらが重要かは人それぞれ

食事を減らす場合も、栄養補給として手軽に食べられるものを常備しておこう

私は睡眠時間が少なすぎると、眠気で作業効率が悪くなってしまうので少しでも長く睡眠時間を摂れるようにしています。忙しくてなかなか食事の時間が取れないときは、栄養補給のために手軽に口にできるゼリーやチョコレートなども常備していました。

 

どちらと大事!「食事」と「睡眠」について

睡眠不足は血糖値の上昇を招く

・睡眠不足の危険性

睡眠不足が危険なのは、誰でも知っていることです。

こんなデータが出ています。「現在高血糖でないひとであっても、4時間未満の睡眠が1週間以上続けば、糖尿病の初期段階の症状を呈するほどに、血糖値は上昇する」

これはアメリカのシカゴの研究チームが出したものであり、血糖値と睡眠時間の因果関係を証明しています。

また、疲労を回復したり成長させたりする成長ホルモンは、寝ている間に放出されます。睡眠時間を削るということは、体の回復を遅くするということに等しいのです。

偏った食事は高血圧・糖尿病を引き起こすこともある

・不安定な食事のデメリット

また、偏った食生活もよくありません。油物の取りすぎは高コレステロールの原因になりますし、塩分の強いものは高血圧の原因になります。食べ過ぎや偏食が、糖尿病の原因になることもまた、よく知られています。

コンビニなどは、「多くの人に、安く、手早く、美味しく食べてもらう」というのがコンセプトです。そのため、油で揚げる料理や味付けが濃いものなどが多くなってしまうのです。

引用元-睡眠と食事どっちが大事? たった30秒でできる健康法 | パピマミ

 

  • 睡眠不足は血糖値の上昇を招く
  • 眠っているあいだに出る晟著ホルモンが減少することで、身体が回復しにくくなる
  • 偏った食事によって、高血圧や糖尿病になることがある

空き時間を見つけ、食事や睡眠を取ろう

睡眠不足も偏った食事も、どちらも健康に悪影響を与えてしまうのですね。忙しくて時間がなかなか取れないかもしれませんが、通勤時間など移動時間もうまく利用し、食事や睡眠をなるべくとるようにしましょう。

 

睡眠をとるべき!仕事の効率を上げるためには

脳が効率よく働くため、十分な睡眠は欠かせない

脳をよい状態に保つためには規則正しい生活が重要。なかでも1日の約3分の1を占める睡眠時間。忙しいとどうしても睡眠時間を削りがちで、寝ないで頑張ったことを自慢する人も少なくないが、脳の機能的にいえば、これは最悪。これまででも述べたように閃きは眠りから生まれるといってもよい。ただ、成人に適切な睡眠時間の長さは個人差が大きい。

睡眠の質をいくらあげても量が少なすぎるのはNG

「でも、睡眠時間が短くなりすぎて、損をしている人のほうが圧倒的に多い。睡眠は質も大事ですが、ある程度の量は絶対に必要です。仕事時間を減らしても、そのぶん睡眠時間を増やしたほうが仕事や勉強のパフォーマンスは必ず上がる」

引用元-集中力を高めるベストな運動、睡眠、食事は?:PRESIDENT Online – プレジデント

 

  • 脳が効率よく働くため、十分な睡眠は欠かせない
  • 睡眠の質をいくらあげても量が少なすぎるのはNG

無理矢理ショートスリーパーになろうとするのは危険

ショートスリーパーといって、短い睡眠時間でも問題なく生活が送れる人もまれにいます。しかしショートスリーパーでない人が無理矢理睡眠時間を減らすと、身体に大きな悪影響を及ぼすことがあるため注意が必要です。

 

食事と睡眠どちらをとるとよい?美肌を保つために

肌を美しく保つには、睡眠の方が圧倒的に重要

美肌にとって「食事」と「睡眠」は、どっちが大事なのか

肌によい食材や、美肌レシピなど、
美肌によい食事などがテレビや雑誌などでよく紹介されています。

美肌のために食事に気を遣う人も多いですが、
実は肌にとっては食事よりも睡眠の方が圧倒的に大事なんです。

美肌は夜寝ているときにつくられるからです。

寝不足の肌への影響はてきめんで、
ニキビなど肌のトラブルの他、肌老化の原因になります。

寝不足で荒れたお肌にどんな高価な化粧品をつけても回復しませんし、
ビタミンCなどのビタミン類をたくさん摂っても回復はしません。

「寝だめ」をすることはできない

何かと忙しい今の時代は、ついつい睡眠時間を削りがちですが、
睡眠は何ものにもかえられない肌の命です。

食事も大切ですが、食事は今日適当に済ませてしまっても、
その後の数日間でその分を補うことができます。

睡眠はその日、その日が大切で、後からリカバリーすることができません。

「食いだめ」はできますが「寝だめ」はできないということです。

引用元-美肌にとって「食事」と「睡眠」は、どっちが大事なのか – 美肌・美顔をサポートするマイクロバブル

 

  • 肌を美しく保つには、食事よりも睡眠の方が重要
  • 寝だめをすることはできず、睡眠時間が短いと肌荒れや肌の老化を招く

美肌のため、睡眠時間は減らさないように!

美肌のためには、しっかりと睡眠をとることが何より大切です。よく「昨日たくさん寝たから今日はあまり寝なくて大丈夫」という人がいますが、寝だめはできないので注意しましょう。とくに22時~2時までのお肌のゴールデンタイム睡眠をとりたいものです。

 

「睡眠」を優先させよう!睡眠と食事が同時にきたら…

食欲と睡眠欲は、睡眠欲を優先させよう

もし、食欲と睡眠欲どちらもが同時にやってきたのなら『睡眠』を優先させることを心がけてください。

どちらも少しの時間我慢すれば、体内でエネルギーの消費と引き換えに体力を回復させます。ですので、どちらも我慢すれば一時的に元の健康状態に戻ります。

しかし、どちらも後々ツケが回ってきますので、できればどちらも満たしたいのです。

もしどちらかを優先させるとなると、食事をしてから睡眠をとった方が効率的に思えます。睡眠は何時間も必要になりますし、食事は早ければ5分程度で食べ終わりますからね。

お腹が空いて目が覚めることはまずない

これが反対になってしまうと、睡眠で何時間もたったあとに食事をとるので、お腹がすいて起きてしまうことがあるかもしれません。

ですが、その心配はいりません。私の経験上、「お腹がすいたから起きた」ということはありません。起きて少し時間が経ってからお腹がすくことはありますが、お腹がすいたから起きたということはないと言えます。

睡眠前に食事をすると、消化に悪影響

また、食事よりも睡眠を優先させる一番の理由は、『寝る前に食事をとるとうまく食べ物を消化できない』というデメリットが生じるからです。

眠っている間は消化器官が正常に働きません。そうすると肥満や肌荒れ、睡眠障害などあらゆる健康が害されます。

引用元-夜勤では食事と睡眠どちらを優先するべきか? | 夜勤ライフ

 

  • 食欲と睡眠欲は、睡眠欲を優先させよう
  • 可能なら、食事と睡眠どちらもとるのが望ましい
  • お腹が空いて目が覚めることはまずない
  • 睡眠前に食事をすると、消化に悪影響

食事は睡眠前でなく、睡眠後にとる

食後3時間は眠らない方が良いというのは、消化器官が正常に機能するためだったのですね。睡眠前に食事をすることは睡眠の質の低下にもつながる可能性があるため、起きたあとに食事をとるようにしましょう。