グラニュー糖と上白糖ではクッキー作りには何が適しているのか?

グラニュー糖?上白糖?クッキー作りはどっちがいい?

クッキー作りに適しているのは、グラニュー糖と上白糖のどちらなのでしょうか?

グラニュー糖と上白糖の違いとそれぞれの特徴、お菓子作りにどちらが適しているのかをわかりやすくまとめました。

クッキーを作りたいけどグラニュー糖がない時の代替品も、参考にしてみてくださいね。

違いとは?グラニュー糖と上白糖の特徴

上白糖とグラニュー糖では、結晶の大きさが異なる

一般的に「砂糖」と呼ばれているものは、正式には「上白糖」といいます。
この「上白糖」を「砂糖」としてグラニュー糖と比較してみます。
まず、見た目でも分かるように、結晶の大きさが違います。
「グラニュー糖」は結晶が大きく、「砂糖」は結晶が小さいできています。

上白糖とグラニュー糖の一番の違いは、表面の処理のやり方

次に、最大の違いは表面処理の方法です。
「砂糖」は、転化糖というブドウ糖と果糖が分解された混合物を表面に添加します。
一方の「グラニュー糖」は、このような処理はせず、結晶そのままです。
この結果、「グラニュー糖」は淡泊な味ですが、「砂糖」はきめ細かくコクのある強い味になるのです。
また、「グラニュー糖」は焦げにくいのに「砂糖」は焦げやすいのもこのためです。
さらに、結晶の大きさも相まって、「グラニュー糖」は吸湿性が低くサラサラしていますが、「砂糖」は吸湿性が高く、ベトベトしたり固まってしまったりするのも特徴です。

引用元-ズバリ解決!「違いガイド」

  • 上白糖とグラニュー糖では、結晶の大きさが異なる
  • 上白糖とグラニュー糖の一番の違いは、表面の処理のやり方

上白糖・グラニュー糖の使い分け方が気になる!

上白糖とグラニュー糖の違いは結晶の大きさだけだと思っていたのですが、表面の処理のやり方も違うとは知りませんでした。我が家では上白糖もグラニュー糖も常備していますが、正しい使い分け方はイマイチわかっていないので気になります。

特徴を活かして使おう!グラニュー糖と上白糖について

グラニュー糖の特徴

●グラニュー糖

・クセのない淡泊な甘さなので、コーヒーや紅茶に最適です。
・菓子や料理にも広く使われます。
・料理の素材自体の味を生かしたい場合に、この淡泊な甘さが相性がよいです。
・焼き菓子などで焦げ色を抑えたい場合に利用されます。

上白糖の特徴

●上白糖

・コクのある強い甘みは、料理・菓子・飲料など何にでも相性が良い万能型です。
・料理・菓子に焼き色を付ける、料理に照りを付ける、など仕上がりを美味しく見せる効果も大です。

Point! つまりざっくり言ってしまうと

コーヒー等の飲み物⇒グラニュー糖
料理の味付けや仕上げ⇒上白糖
ということになりますね(^o^)

引用元-読めばなるほど!【知って得する豆知識】

  • グラニュー糖の特徴
  • 上白糖の特徴

なかなか焦げ目のつかないグラニュー糖にもやもやしていたが・・・

シュガートーストなどを作る時、グラニュー糖を使って「なかなか焦げ目がつかない・・・」と思っていたのですが、焦げ目を付かせたいときは上白糖の方がいいのですね!長年のもやもやがようやく解消しました。

グラニュー糖より上白糖が向いている!お菓子を作るとき

お菓子作りには、上白糖を使った方がおいしい

スポンジなど使う菓子によりますが、上白糖を使うと保湿性があがり風味などが向上の期待ができます。

上白糖を使うと、シュガースポットを減らせる

生クリームやスポンジなどに使った場合、

グラニュー糖よりも上白糖が溶けやすく、

焼き菓子などは焼きあがった後のシュガースポット(焼きあがり表面の白い斑点)の軽減などが期待できます。

引用元-日本料理人の創作料理研究所CCL

  • お菓子作りには、上白糖を使った方がおいしい
  • 上白糖は溶けやすいので、シュガースポットを減らせる

お菓子作りには基本的に上白糖のほうが向いている

お菓子作りには、一般的に上白糖の方が良いのですね。たしかにお菓子のレシピでは「砂糖」でも「グラニュー糖」でもなく「上白糖」と書いてあることが多いです。風味や見た目も変わるので、ぜひ上白糖を使うようにしてくださいね。

グラニュー糖が一番☆クッキーを作りときは

クッキーには上白糖よりもグラニュー糖がオススメ

グラニュー糖は上白糖よりも純度が高く、(より精製されているということ)どちらを御菓子作りに使ってもよいのですが、スポンジやパウンドケーキのように水分が多く、しっとり仕上げたい時には上白糖がよいかと思います。クッキーなど水分が少ない方がよいものはグラニュー糖の方がよいでしょう。

引用元-cookpad みんなのカフェ

サラサラしているグラニュー糖はお菓子作りにぴったり!

クッキーにはグラニュー糖が一番です。
グラニュー糖は通常の砂糖よりサラサラしていて、
また非常に溶けやすいためお菓子作りに最適です。

引用元-Sooda!

  • クッキーには上白糖よりもグラニュー糖がオススメ
  • サラサラしているグラニュー糖はお菓子作りにぴったり!

次にクッキーを作るときは、グラニュー糖を使ってみよう

しっとりと仕上げたいスポンジなどには上白糖が向いているようですが、クッキーのようにさっくりしたものにはグラニュー糖の方が良いのですね。今までクッキーを作るときは上白糖を使うことが多かったのですが、グラニュー糖でも作ってみようと思います。

グラニュー糖がないときの代替品は?クッキーを作りたい!

グラニュー糖の代わりに上白糖を使ってもOK

でも、よっぽど頻繁にお菓子作りをするとかでない限り、常にグラニュー糖が家にあるなんてことないですよね?
わざわざ買うなんて面倒なので、お料理にも使われる上白糖を代替品として用いられることがあるのです。私自身、上白糖を使っています。

引用元-教えて!goo

味わいが多少変わるだけで、カロリー・健康への影響は大差なし

お菓子作りで砂糖はグラニュー糖でも上白糖でも大丈夫です。
グラニュー糖の方が上白糖に比べて味がくどくないという程度です。

この2つでは、カロリーの差や体によい悪いも大差はないと思いますよ。
グラニュー糖が余ってしまうのなら、上白糖で作った方いいですよね。

引用元-教えて!goo

  • グラニュー糖の代わりに上白糖を使ってもOK
  • 味わいが多少変わるだけで、カロリー・健康への影響は大差なし

グラニュー糖にこだわりすぎなくても大丈夫

我が家ではコーヒーや紅茶をよく飲むのでグラニュー糖も常備していますが、上白糖しか置いていない家庭も少なくないと思います。頻繁にお菓子作りをする予定がなければ、わざわざグラニュー糖を購入せずに上白糖で代用しても良いですね。