必見!!賢く簡単に貯金できる!1000万も夢じゃない節約方法

必見!!簡単・誰でもできる貯金・節約方法

貯金はあるに越したことはないですが、なかなか貯まらないのが現実です。

カンタンに誰でもできる貯金方法がないのかまとめてみました。

お金が貯まる行動パターン、効果的な貯金方法、節約方法など、是非参考にしてみて下さい。目指せ1000万円!

節約方法を教えて!賢い貯金術とは?

浪費パターンを無くす

お金を貯めるためにはお金の支出を少なくする(できる限り、水漏れをなくしていく)ことぐらい分かりきっていると感じる方が大半だと思います。私自身も昔は自分が分かりきっていると思い込んでいました。

しかしながら、このことが分かりきっているか否か、分かったつもりになって行動していない状態(お金が貯められない状態)は簡単に判断できます。

それは『給料日後の行動』です。(毎月の給料でなくても、ボーナスや臨時収入などに置き換えてもいいです。ここでは説明上、毎月のお給料と仮定します)

率直に言えば、「給料が入ったら、あれを買う、これに使う」と真っ先にお金を支払うことだけ考えていると、なかなかお金が貯まりません。

理由は簡単で、『お金が入ったら使う』という行動パターン(収入のタイミングで浪費するパターン)が強固に出来上がっているからです。

仮に給料やボーナスが減った場合、もしかしたらローンや借金が増えるかもしれません。

お金を貯める行動パターンを考える

生活していく上でお金を全く使わないことは無理ですので、お金を使うことは前提だとしても、お金を貯める行動パターンも作り上げなければなりません。

すると「生活に必要だからお金を払う」わけで、収入のタイミングは無関係になり、結果、計画的にお金が貯まりやすくなります。

引用元-お金を貯める・守る | 貯金を増やす方法

  • 給料を使う事ばかり考えていても、お金はたまらない
  • お金を貯める行動を考えることが重要
  • 収入のタイミングを無関係にする

給料を使う事ばかり考えてはいけません。

なかなかお金って貯まらないですよね。家賃やローン、光熱費、保険、食費だけでも、もうパンパン。みんなどうやって貯金をしているのだろうと疑問に思います。お金を貯めるには、お金を貯める行動を具体的に考えてみるべきなのですね。

この節約方法でお金を貯めよう!貯金1000万も夢じゃない!?

■貯金できない人は定期預金

貯金できない人は天引き預金がオススメです。

つまり貯金することを最優先にして、

残ったお金で生活するようにすることです。

ただの大学教授から500億以上の資産家になった本多静六氏は、

どんなに苦しくても給与の4分の1を必ず貯金していました。

そこまでする必要はないかもしれませんが、

残った金額を貯金しようとしても、お金があると欲しい物をどんどん買ってしまう人もいるでしょう。

私は手取り20万円程のときに毎月10万を必ず預金していました。

家賃などで一気にお金がすっ飛ぶのでなかなか苦しかったのですが、

その生活を1年半続け、海外留学費用にあてた経験があるので、

予め預金してから生活するのはとても効果的だといまだに感じています。

■クレジットカードのポイントはお金と同じ

私は基本的にカードやおサイフケータイで支払います。

理由としては、支払いがとても簡単な上に、ポイントがプラスされるからです。

ただかざすだけ、カードを渡すだけで完結するのはとても便利ですよね。

なかにはポイントを軽視する人もいるかもしれませんが、

これこそ「塵も積もれば山となる」です。

コーヒー代や昼食代、通信費などあらゆるコストをカードで払えばそこそこポイントが貯まります。

そのポイントを生活費にあてれば貯金できる額も増えるでしょう。

引用元-貯金方法 | 1000万のお金を貯める3つの節約方法

  • 天引き貯金がおすすめ
  • クレジットカードのポイントは貯まれば大きい
  • ポイントを生活費にあてれば、貯金額が増える

天引き貯金、カードのポイントがおすすめです。

私は、現金をいちいち口座から下ろすの面倒なので、極力カードで支払いをしています。ポイントもある程度貯まったらギフト券に交換。一年で本が数冊買える程度にはなります。お得ですよね。

節約・貯金方法を今すぐ実践!

■貯金を継続させるコツは仕組を作ること。

機械的貯金・節約術へようこそ!あなたも過去に貯金する事を決意して始めた経験があると思います。

貯金をしなければならないとは誰もが思っています。でも何度決意して挑戦しても結局長続きしなかったというのがよくあるパターンです。

でも、自分を責めないで下さい。人間の決意や意思なんて本当に弱いものです。

世界中のお金持ちも、超一流のスポーツ選手もどんな人だって、それは同じです。

人間というのは意思や決意だけで何年も継続し続ける事なんて不可能なのです。

貯まる仕組みやシステムを作る!

では、何度挑戦しても失敗する人と、成功している人の差は何なのでしょうか?

それは一度決めたことを継続するための「仕組み・システム」を作ったかどうかだけなのです。

人間の意思は弱いものです。自分の心の内で自分を律するというのは難しいのです。

だからこそ仕組み・システムを作ってしまって、自分の意思とは関係無く、絶対にそうせざるを得ないという環境を意図的に自分で作るのです。

そうすることで、挫けそうになったり諦めそうになったりという自分の弱い内なる心が出てきても、自分で作り上げた仕組み・システムという外部的な力によってそれを抑える事ができるのです。

あなたにこの事をもっと実感してもらうために、過去をふり返ってみましょう。そうすると私の提唱する機械的貯金・節約術が絶大な効果を有する理由がお分かりいただけるはずです。

引用元-年収200万円以下でも貯金ができるコツと方法|機械的貯金・節約術

  • 人間は、意志や決意だけでは続かないもの
  • 成功している人は、継続できるための仕組みやシステムを作っている
  • 意志とは関係なく、貯まる状況を意図的に作る

意志とは関係なく、貯まる状況を作ることが成功の秘訣です。

意志とは関係なくということは、会社の財形や天引き貯金などでしょうか。ある時期にならないと下ろせない保険などもありますよね。我が家も財形を始めました。強制的に引かれてしまうので、使ってしまう人にはいいですよね。

行動パターンが決まってる?節約とは程遠くなかなか貯金が出来ない人とは

■第1位/「コンビニに寄りがち」

第1位は28.2%で「コンビニに寄りがち」でした! 24時間あいていて、いつでも買い物ができるコンビニ。

便利すぎるだけに、寄ると散財してしまう場合が多いよう。1回の出費は少額でも、それが積み重なるとかなりな量に……。

なんとなくコンビニに立ち寄る習慣がある人は「買うべきものがあるときだけ寄る」ようにしてみて。

■第2位/「支出をつけない」

第2位は25.6%で「支出をつけない」。お金を貯めるには“いくら使っているか”を常に頭に入れておくことも重要だそう。

お金が管理しやすくなるだけでなく、自分のライフスタイルを見直すきっかけにもなりますよ。

■第3位/「ランチは外食かコンビニ」

第3位は22.2%で「ランチは外食かコンビニ」がランクイン。平日のランチ代こそ、節約しやすいポイント。そこで散財していては、なかなか貯蓄は難しいよう。

■まとめ

塵も積もれば山となるというように、ちょっとの浪費も重なると思わぬ出費になるものですよね。

これは逆に、ほんの少しの貯金でもコツコツ続ければ大きな額になるということ! 貯金が苦手なあなたは、ランキングを参考に今日から毎日プチ貯金していきましょう!

引用元-貯金がなかなかできない人がやりがちな行動10個「コンビニに寄りがち」 – ライブドアニュース

  • コンビニにすぐ立ち寄る人はお金が貯まりにくい
  • お金をいくら使っているか把握していない人は無駄遣いをしがち
  • ランチを外食やコンビニで買っているとお金が貯まらない

お金が貯まらない人には共通した行動があります。

私はコンビニには寄りませんが、ついついドラッグストアに寄ってしまいます。予定外の特売の生活用品を買ってしまうんですよね。沢山ストックがあると思うと、今あるものを節約しようという気が緩むし、良くないですよね。

貯金を低収入でも可能にする方法とは

王道の貯金術①「貯金の先取り」

貯金の先取り、つまり“給料が入ったら、いちばん最初に貯金をする”ということ。

貯金ができるかどうかは、この「貯金の先取り」をするかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

方法はいろいろありますが、オススメなのは「自動積立の定期預金」です。

設定さえしておけば、給料が入ったら勝手に貯蓄用口座に振り替え(積み立て)をしてくれるので、自分では何もする必要がありません。残ったお金を生活費として1ヶ月をやりくりしてください。

また「定期預金」ですので、自由にお金を引き出すことはできません。逆にその不便さが“貯金に手をつけることへの抑止力”になるというメリットがあります。

「貯蓄専用口座を作る」

もしくは貯蓄用口座を作って給料日に自分で振り替えを行う形でもOKでしょう。

要するに“残ったお金で貯金をする”では、なんだかんだで失敗してしまう可能性が高いので、はじめにお金を選り分けてしまうことが大切です。

引用元-低収入でも貯金ができる、6つの正統派テクニック : 60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

  • 自動積立の定期預金がおすすめ
  • 残った分を生活費として使う
  • 定期預金は自由にお金を引き出せない
  • 貯蓄用口座を別に作ってもOK

自動積立の定期預金は、自由に引き出せないのでおすすめです。

自由に引き出せないという不便さが貯蓄につながるのですね。手元にお金がなけば、使いようがないので強制的に貯まります。将来への漠然とした不安。日本経済のためにはよくないですが、貯金はしておいた方が良いですよね。