食器用洗剤の体への害!皿洗いに使わない方がいい?理由や対処方法!

食器用洗剤を使わない!使わない方がいい理由と対処方法

食器用洗剤は、油汚れに強い、安価などの理由で使っている人も多いことでしょう。

しかし洗剤の中でも合成洗剤という種類のものは、食器への残留があるため人体への影響も懸念されています。

というわけで、洗剤を使わない食器洗いの方法、探してみました。

使わない人が増えてる理由が何か知りたい!皿洗いで食器洗剤を使用しないこと

食器用洗剤にはどんな種類がある?

あなたが恐らく毎日、お茶碗やお皿を洗っている食器用洗剤はいわゆる「合成洗剤」と定義されるものです。
これらの原料は主に「石油由来」のもので作られていることはご存知の方も多いでしょう。
一方、石鹸は主に動植物製の油で、ヤシ油、牛脂、ラード、なたね油、大豆油、米油、オリーブ油などから作られています。

合成洗剤は洗い流せない!?

「安いから」「近くのドラッグストアに売っているから」といった安易な理由で合成洗剤をお使いの方がほとんどでしょうが、合成洗剤の残留性をご存知ですか?
丁寧に水で洗い流したつもりでも、実は洗いきれていない可能性が大です。
残留率数値は、素材別だと、素焼:4.88ppm金属:0.94ppm、プラスチック:0.55ppm、磁器:0.27ppm、ガラス:0.17ppm と報告されています。(三上美樹・藤原邦達・小林勇著「図説・洗剤のすべて」合同出版)
スプーンやフォークはもちろんのこと、和製皿、金属製の鍋、プラスチックのお弁当箱など日頃よく使うものにも残留しやすいということですね。
せっかく普段から良いものを食べていたとしても、食器全てに有害物質が残留していたらちょっと勿体ないと思いませんか?
引用元-それでもまだ、使いますか?「食器用洗剤」の残留性について

  • 合成洗剤は石油由来の製品
  • 洗い流したつもりでも、合成洗剤は意外と残留している

すぐに影響が出ないので、気付きにくいこと

合成洗剤の害については、以前に聞いたことがあります。色がついているわけではないので、どれだけ残留しているのか分からないのは確かにコワイことです。次に使うときには、その上に食べ物を載せるわけですから、残留物が付着すれば一緒に体の中に入ってしまうというわけです。

洗剤を使わない理由と洗うときの方法とは!?食器洗いが手間でも害がない洗い方を

洗剤を使わずに油を落とす

油汚れ以外の汚れは、洗剤を使わずともお湯で落とすことができるようですね。

そして、水洗いのみで油汚れを完璧に落とそうとすれば、もちろん身体に害はありませんが、事前に汚れを拭き取った後、熱湯で洗い、天日干しを行うという段階を踏む必要があるようです(浸け置き洗いでは天日干しをしていないので、必須ではないのかもしれません)。

洗剤使用はリスクあり

また、洗剤を使って油汚れを落とそうとすれば、 多少の身体への害と共に、洗剤をスポンジに付けてこするという手間がかかります。一見手間出ないように見えるかもしれませんが、事前に汚れを拭き取る工程と、洗剤で洗って流すという工程は、負担としてはそんなに変わらない気がします。

実際はどうなのかわかりませんが、身体への害のリスクと、自分がどこに手間を感じているのかによって、どういった方略を取るのか選択していくことが、洗剤という文明が存在する現代において必要なのかもしれませんね。
引用元-「食器は水洗いでキレイになるのか」5分で調査してみた – 日常ふしぎ発見!

  • お湯だけでも油汚れは落とせる
  • 洗剤不使用でも手間はあまり変わらない
  • 洗剤を使うことはリスクを上乗せしていること

早速、実践を!

水質汚染を防ぐ方法としても、水資源保護の点でも、食器を洗う前に、残った食べ物を布や紙で拭き取ることは奨励されています。これで排水管の汚れも軽減しますし、余分な洗剤の使用も防げるとなれば、一石数鳥になりますね。

ギトギトの油汚れには重曹を使おう!食器洗剤を使わずに洗うとき

食器洗いは水だけで十分

だいいち食器洗うのに洗剤使わないといけない!なんて誰が決めたのでしょう?
つい50年くらい前は合成洗剤など誰も使って無かったはずです。

普通のお茶碗やコップ等は水洗いで十分です。

しつこい汚れには重曹やクエン酸などを使えば十分。
(口に入っても安心です)

そして、100円ショップのスポンジを止めて、「アクリルたわし」を使いましょう。

1個100~200円くらいしますが、洗剤などなくても十分綺麗に洗えます。

引用元-洗剤なんていらない!食器洗いはアクリルたわしで。 | 浅次郎の勇気凛々ブログ

洗剤を使わないなんて・・・

と驚かれると思いますが、私も最初「そんなんでキレイにならんやろ」と思ってましたが、よく考えれば、お皿の汚れなんぞ残ってても死にゃしません。
食器をピカピカにする必要なんて全くないのです!

それよりも合成洗剤がお皿に付着する方が怖いです。
(どんなにキレイに流しても一部付着しているという話です)というわけで、まず、台所用洗剤を薄めることから始めましょう。
というか、極端な話、使う必要は全くありません。捨ててしまってもいいです(笑)。
台所用洗剤は重曹で十分です。他、米ぬか石鹸とかもオススメ。
引用元-洗剤なんていらない!食器洗いはアクリルたわしで。 | 浅次郎の勇気凛々ブログ

  • 重曹やアクリルたわしでも十分汚れは落とせる
  • 食材の汚れより洗剤の残留の方がコワイ

見えない=無い ではない

洗剤を使って洗うと、見た目はピカピカになるし、食材や油のぬめりも落ちたように感じるので使っている方は多いでしょう。食材は食器に残っていると分かりやすいのですが、残留洗剤は色も形もないのでスルーしてしまうんですね。

竹布のキッチンクロスの使用もOK!食器を洗剤なしで洗う時の対処法

竹布のキッチンクロスの使い方

何で洗っているのかといえば、竹布のキッチンクロスを使っている。

最初はごわごわしているが、水につけると柔らかくなる。使ってみるとわかるが、食器に吸いつくような感じで汚れを落とす。

もちろん布に洗剤は一切つけません。

油で汚れた食器でも、ボロきれでふきとってから洗うので洗剤はつけません。

出不精ママはこの布で、食器をごしごしごし。

竹布のキッチンクロスのメリット

洗剤を使ってないから、すすぎも念入りにしなくていい。

しかも竹は、天然の抗菌力があるから衛生的で安心だ。

出不精ママはこの布を2枚持っていて、一日使うと洗濯機にポイッ。他の洗濯物と同じように干せば、お日様は天然の殺菌剤。

布は2枚交代で使うと、半年くらい持つ。だんだんぼろぼろになって拭きにくくなったら取り替えている。1枚500円くらいするけど、半年もつから経済的。

お金がない時や買うのを切らした時は、オーガニックコットンの布で代用している。

どうしてもべたべたの油汚れがとれない時のみ、肌にやさしい食器洗い用石けんを使っている。

引用元-いっそ使わない節約ー食器洗い用洗剤

  • 食器に吸い付くように汚れを落とす
  • 天然の抗菌力が最大のメリット
  • 長い目で見れば経済的

天然素材はメリット大

「竹布クロス」の存在は、今回初めて知りました。竹そのものの抗菌作用は聞いたことはありましたが、布の形にしてもそれは保たれているのですね。天然素材であれば体にも優しいし、いいことづくめでしょうか?最近、放置竹林の問題もあるようなので有効利用できればよいですね。

汚れを落としやすくするには洗うときに工夫を!洗剤を使わず食器を洗いたいとき

1. 食べ終わった食器は重ねない。

食事が終われば、食器を片付けようとついついお皿を積み重ねてしまいます。でも、積み重ねてしまうと汚れていない皿の裏まで汚してしまうことになるので、できるかぎり積み重ねないようにしましょう。重ねる場合は、油汚れ・デンプン汚れのように、種類ごとに分けてシンクに運ぶと食器洗いも楽になります。

2. 洗う前に拭く。

食べ残しや食器に残った汚れは、最初にふき取ることが大事です。
古布をハサミで小さく切ったものや、調理の工程で使ったキッチンペーパーを再利用しましょう。また、後片付け用にゴムベラなどを用意して、汚れをこそげ落とす方法もあります。

おすすめは、テッシュの空箱に古新聞を切ったものを入れておくことです。新聞を大きく広げた8分の1サイズの横の長さがティッシュ箱と一緒のため、きれいに収納できます。また、同じ大きさに切った新聞紙を三等分に折って、折り目が互い違いになるように重ねていくと、ティッシュのように使えるので便利です。

3. 洗う順番を守る。

まず汚れが少ないグラス類から洗い、最後に油汚れがついたものを洗うのが原則です。
もし油汚れがついたものから洗ってしまうと、洗う工程で汚れをむだにつけてしまう可能性もあるからです。
引用元-食器洗い7か条!水道代を月2000円節約する毎日の工夫って?

  • 汚れを広げない
  • 古布や古新聞などであらかじめ汚れを拭き取る
  • 洗う順番に気を付ける

洗い流すべきものは最小限度にしておく

汚れが多くなるから、素早くきれいになる(ように見える?)洗剤を使いたくなるんですね。ただし、事前に拭き取らずにそのまま洗えば、洗剤を使っても汚れと格闘することになり、なかなか落ちない上にスポンジもダメになることもあります。