夏に発生する虫!台所に出るコバエの予防や効果的な退治策とは

夏に発生する虫は台所のどこから?予防や対策について紹介

夏に発生するコバエに悩まされている人も多いのではないでしょうか?

夏の台所に出るハエ・コバエなどの蒸しの発生源や予防法、効果的な退治策をわかりやすくまとめました。

台所に発生する虫の駆除対策や、虫を撃退する捕虫器についてもご紹介します。

発生源はどこ?夏の台所にでるハエ・コバエなどの虫

ショウジョウバエ・ノミバエ

①調味料

テーブルの上に、醤油などの調味料を、密閉容器に入れずに置いておくと、その臭いに釣られてコバエが集まってきます。密閉容器に入れるか、冷蔵庫にしまうかしましょう。

②常温保存の野菜・果物

ジャガイモや玉ねぎなどの野菜や、ミカンなどの果物は、常温保存するのが一般的だと思いますが、これが痛んでいたり、腐っていたりすると、コバエの発生原因になります。

夏場は野菜・果物の状態を細目に確認し、少しでも痛んでいるようなら捨てるようにしましょう。

③ゴミ箱

引用元-【台所でコバエが出た人必見!】意外と知らない発生源と対策 | 一人暮らしっく

ショウジョウバエは生ごみに卵を産み付けるので、ゴミ箱は発生原因の代表例です。必ずふた付きのゴミ箱を使用してください。

また、ゴミ箱の中身だけでなく、ゴミ箱の汚れも発生源になります。ゴミの処理はもちろんのこと、ゴミ箱そのものを綺麗に保ち、コバエの発生を防ぎましょう。

④空き缶・空き瓶

空き缶・空き瓶、そして空のペットボトルは、コバエを引き寄せます。特にアルコールはその傾向が強く、放置しておくと手に負えなくなるので要注意です。

⑤三角コーナー

キッチンの流しに、三角コーナーを設けているご家庭も多いですが、もうそれはコバエに「ぜひ来てくれ」と言っているようなものです。

生ごみをすぐに捨てても、メッシュに汚れが付着していることが多いので、毎回三角コーナーを掃除するか、ビニール袋を入れるようにしましょう。

⑥洗い物

夏場に洗い物を放置しておくと、すぐにコバエが大量発生します。後回しにせず、食べたらすぐに洗う習慣を付けましょう。

引用元-【台所でコバエが出た人必見!】意外と知らない発生源と対策 | 一人暮らしっく

  • 調味料は冷蔵庫で保存し、常温保存の野菜は傷んでいないかこまめに確認する
  • ゴミ箱はふたつきのものを選び、ゴミ箱自体もこまめに洗う
  • 空き缶・空き瓶・三角コーナーもコバエの発生源になる
  • 夏場の洗い物放置もコバエ大量発生の原因になるので気をつけて

コバエを防ぐには、キッチンを清潔に保つのが一番

夏場は特に、ちょっと油断しているとすぐにコバエがわいてしまうものです。コバエ対策グッズを置いておいても、不衛生にしているとコバエの発生は防げないもの。洗い物をためない、とくにキッチンの清潔を保つことを心がけましょう。

虫の予防と退治策について|夏の台所に発生するコバエ

コバエの発生を予防する

コバエは、主に台所周辺に発生します。なぜならキッチンシンクのぬめりや三角コーナーが格好の生息場所になるからです。また、台所には食糧源となる生ゴミも豊富にあるため、コバエだけでなく普通のハエやゴキブリなどにとっても理想的な環境になってしまうのです。

コバエなどの虫の発生を予防するためには、まず生ゴミの処理を丁寧に行うことです。生ゴミを捨てる際にはビニール袋を二重にしたものに入れる、部屋の中におきっぱなしにしないといった夏場なりの対策が欠かせません。

また、シンクのぬめりもしっかりと掃除して取り除くことが大事です。殺菌作用のある漂白剤をシンク掃除の仕上げに使うといったぬめり防止対策も忘れずに行いましょう。

コバエが発生したらどう退治する?

しかし、台所をきれいにしていてもコバエが発生しなくなるというわけではありません。大抵のコバエは自然発生ではなく、外から侵入してくるものなのです。
その為、場合によっては台所ではなく風呂場やトイレ、リビングなどで発生することがあります。

成虫のコバエを駆除するには、殺虫剤や蠅取り紙・バルサンといった普通のハエにも使える駆除用品が有効です。しかし、これらの駆除用品の難点は何と言っても「退治した後に死がいを片付けなければならない」ということ。特にバルサンを焚いた後は、部屋のあちこちからコバエ・ハエ以外の虫が転がっていることがあるため、虫が嫌いな人にはあまりお勧め出来ません。

最近コバエ退治法として人気を博しているのが、「めんつゆトラップ」です。蕎麦やそうめんなどに使うめんつゆを水で薄めたものを小さな容器に入れて、洗剤を数滴垂らしたものを設置しておけばコバエが大量に容器内に溜まっている、という仕組みです。
引用元-キッチン回りに発生する厄介なコバエを撃退するには?|水回りトラブル入門

  • キッチンはコバエやゴキブリなどにとって理想的な生息場所
  • 生ごみの処理を徹底したり、シンクのヌメリ対策を行うことも大切
  • コバエは外から侵入してくることが多い
  • 麺つゆトラップなど、コバエ対策を実践しよう

麺つゆトラップ、試してみたくなった

清潔を保っているつもりでもコバエがいるのが不思議だったのですが、外から入ってきているのですね。麺つゆトラップは初めて聞きましたが、手軽に試せそうで良いですね。小さな子どもがいる家庭は、子供の手の届かない位置に設置してみてくださいね。

台所に発生する虫の駆除対策とは?夏は特に注意しよう!

とりあえずの対策

少し居るなという程度でしたら、小さめの容器にビニール袋をかけ、お酒を入れて近くへ置いておき、しばらくして見るとその中に溜まっているので中の水分を出して捨てて下さい。

ショウジョウバエなどの虫はアルコールを好むため、自ら寄せられてきてしまうのです。甘いものや果物も同じなので、食べ終わった果物の皮などをビニール袋へ入れて口を開けておくのも良いです。

発生源を駆除していく

大量に発生してしまったらまずは全滅させることが大事です。

観葉植物は土と場所を変えます。ゴミ箱周りに虫がたかっているならゴミ箱をまずきれいに掃除して、ごみ袋の底に新聞紙をひき湿気を起こさないようにしましょう。

シンクや洗面所、お風呂の壁などの配水周りを徹底的にハイターなどで掃除して、水分を残さずしっかり切ること。特に生ごみは、中の水分が腐って菌が繁殖してしまうので、ゴミがでたら放置せず、すぐに水分を切って密封して捨てましょう。

新聞紙にくるみ、ビニール袋を被せて手でぎゅっと空気を抜けば密封できて臭いも防げますので、その状態でゴミ箱へ入れていきます。

新たに発生させないためには

徹底的な駆除ができても、ずっと続けていくのは結構手間がかかるものなので、虫が発生しにくい環境作りをしましょう。

には抗菌効果があり、消臭もしてくれるので酢と水を半々に混ぜたものを霧吹きなどに入れて、使ったあとのシンクまわりやゴミに振り掛けることをおすすめします。重曹や使い終わったコーヒー豆なども消臭効果があります。

掃除とちょっとした工夫で虫をシャットアウトして、快適にこの時期を過ごせそうですね。
引用元-生ごみにわく虫や卵対策!駆除の方法はコレ! | あなたの疑問が解決するブログ

  • お酒や果物の皮などでコバエをおびき出して捕まえる
  • 大量発生してしまったら、全滅させるためにコバエの発生源となっていそうな場所のお手入れをする
  • 酢水をスプレーしたり、重曹や使い終わったコーヒー豆を使ったりして、コバエの発生しにくい環境を心がける

使い終わったコーヒー豆には、さまざまな使い道がある

コーヒー豆に消臭効果があるというのは、以前職場の先輩に聞いて知っていたのですが、初めて聞いたときは驚きました。コーヒーには防虫効果もあるようなので、庭にまいておくとアリなどの虫に効果てきめんです。

虫はどこからやってきける?夏の台所に発生するハエ・コバエ

キッチンのコバエはどこからくるの?

突如 大量発生する事が多いコバエ。

まるで 生ゴミから湧いてきたんじゃないか と思うような勢いだったりしますがコバエは外からやってきます。

玄関や窓 粗い網戸であればそこからも侵入します。

体長が2mmや3mmと とても小さいため買い物袋に付いていたり 洋服についていたりした日には防ぎようがありません。

メスのコバエが産む卵は、なんと1ヶ月で500個!

そして問題なのは その1匹2匹のコバエが メスだった場合です。

卵を持っているメスであれば生ゴミやゴミ箱などに すぐに産み付けてしまいます。

そして恐ろしいのはここから。

コバエの種類にもよりますが 一日に30〜50個の卵を産み寿命約1か月の間に 500個もの卵を産むんです。

そして卵から成虫になるまでは 10日から2週間程度。

突如 コバエが大量発生!となるのは 産卵数が多いためです。

そして 成虫がまた卵を産み付ける。

想像しただけでも 鳥肌が立っちゃいますよね。

そんな大変な事にならないためにもしっかりと対策と予防をしていきましょう。
引用元-キッチンのコバエはどこからくるの?対策?予防はどうする? | 助かった♪ 助かった♪

  • コバエは外から侵入してくるもの
  • メスのコバエは1ヶ月に500個程度の卵を産むため、コバエが大量発生したときは卵が原因かも

コバエの卵の数に鳥肌が・・・

1ヶ月に500個の卵・・・想像しただけで鳥肌が立ってしまう恐ろしさです!コバエが大量発生したときは、ごみ箱などに卵が植え付けられている可能性があるので、すぐに掃除して卵を排除しましょう。

虫を撃退する捕虫器のご紹介☆台所に発生するコバエなど

捕虫器の紹介

釣り下げられるタイプ

引用元-夏の台所に出るコバエなどの対策に『捕虫器』の導入をオススメする – はてなの果てに。

取り扱い上「スイッチがない」ことや「うっかり蓋をしめる前に電源を消してしまうと、捕獲した生きている虫が逃げてしまう」というデメリットがあります。

優しい光をしているので、夜中に気になることはありませんし、真っ暗が嫌な人にはむしろいいかもしれません。

釣り下げて使用できるので、台所での使用には最適なタイプだと思います。

寝室にも使える

引用元-夏の台所に出るコバエなどの対策に『捕虫器』の導入をオススメする – はてなの果てに。

限りなくコンパクト&音が静かなので、寝室にも使用できます。自動on/off機能があるのも嬉しいですね。

寝ようとした矢先の蚊の羽音は、寝れなくなるくらい気持ちが悪いものですが、これを枕元に置いておくだけでもだいぶ違うでしょう。

最後に

夏の虫に悩まされているという方は本当に多いと思います。少しでも簡単な物から導入しておくと、その悩みは軽くなっていくのではないでしょうか。

スプレーなんかだと「コバエには効くけど蚊には効かない」などの殺虫成分と睨めっこしなくてはならないという側面もあるので、自分にとって必要な対策になっているかどうかを注意しなければなりません。

その点、捕虫器であれば簡単に導入できると思いますよ。気になった方は、ぜひチェックしてみてください。

引用元-夏の台所に出るコバエなどの対策に『捕虫器』の導入をオススメする – はてなの果てに。

  • 吊り下げるタイプの特徴とメリット・デメリット
  • 捕虫器は小さく音もあまりしないため、寝室で使っても◎
  • 虫対策は簡単にできるものの方がストレスなく続けられる

捕虫器はちょっと高額だが、買って損はなし!

殺虫剤などと比べると捕虫器は高額に感じてしまうかもしれませんが、手軽に効率的な虫対策をしたい人は試して損はないですよ。値段も特徴も幅広い商品が販売されているので、ぜひ自宅にあったものを探してみてくださいね。