リセット術!食べ過ぎても平気!翌日から野菜ジュースで断食!?

食べ過ぎても大丈夫!翌日野菜ジュースで調整可能!?

食べ過ぎた翌日は、節制して過ごすべきか悩んでしまいますよね。

食べ過ぎた翌日から2日間の対処法や、野菜ジュースでできるリセット術、食べ過ぎをなかったことにできる方法をご紹介します。

食べ過ぎた翌日は、排出を促す食べ物・飲み物を取り入れてもよいですね。

野菜ジュースだけ?食べ過ぎた翌日は節制して過ごすべき?!

食べ過ぎた次の日は、どんな食事を摂ればいいの?

私は今ダイエット中で、腹八分目とジョギング1時間を行なっています。
でも、ストレスをためないためにも、週に1度のデートのときだけはダイエットのことは忘れて食べたいものを我慢しないようにしています。

その翌日について質問です。

色々なサイトを見ると、翌日は野菜ジュースのみで過ごすべきとか、18時間は何も食べないべき等、いつもよりハードな食事制限をオススメしているサイトと、いつも通りの量を制限する方がストレスがたまらず良い、というサイトがあります。

実際はたくさん食べてしまった翌日は、どの程度の食事制限を設ければよいのでしょうか?

引用元-YAHOO!JAPAN知恵袋

食べ過ぎた翌日は、普段と同じ量か少し減らす程度がいいのでは?

野菜ジュースのみとか、18時間何も食べないという考え方は、前日に食べすぎた分を取り戻す考え方ですが、それは行き過ぎと思います。
食べ過ぎた日の翌日に絶食する人がいますが、それをすると、過食症への道を歩むことになると思います。

食べ過ぎた分を取り戻すと考えるのではなく、恒常性維持機能に1日の正しい食事量を知らせてあげることが大切です。
そのためには、つぎの日の食事を普段と同じ量にするか、少し控えめにするだけでよいと思います。

引用元-YAHOO!JAPAN知恵袋

食べすぎたあとカロリーを48時間以内に調整すればOK

48時間以内にカロリーを調整すれば良いです。

例えば、飲酒後、締めのラーメンを食べた翌朝は野菜ジュースだけにする。
昼食の量を、半分にする。
そんな簡単なことで良いのです。

引用元-ダイエット中に食べ過ぎた翌日について。私は今ダイエット中で、腹八分目とジョ… – Yahoo!知恵袋

  • ダイエット中、食べすぎたあとの食事はどうすればいい?
  • 普段と同じ食事量、あるいは少し減らす程度で良いのでは?
  • 食べすぎたあと48時間以内に摂取カロリーを控えて調整すればOK

私は食べすぎたあと食事量を減らしていた

ダイエット中、食べすぎたあとの食事に悩んでいる人は多いようです。私もダイエット中、週に1回はチートデーを作っていたのですが、その後は食事量を減らしていました。それが正解だったのかどうか、気になります。

すぐに体には影響しない?食べすぎても大丈夫!早めの対処で挽回しよう

食べ過ぎた翌日から2日間が勝負!

食べ過ぎた翌日というのは、食べ物がまだお腹の中に残っているので、体重を計れば当然体重は増えています。
でも、お腹の中に残っている食べ物はすべて消化されているわけではないので、全身に栄養が行き届いているわけではありません。

食べ過ぎた日のお腹の中の食べ物が、しっかりと消化されて栄養となって全身に行き届くのが3日かかるんです。
ということで、食べ過ぎた翌日とその次の日の2日間。
この2日間でどういう生活を送るのかで、食べ過ぎた日の食べ物が脂肪として体にたまるのか、それともエネルギーとして使われるのかが変わってきます。

もし食べ過ぎた翌日から2日間をいつもどおりの生活をおくてしまったら、体に脂肪がたまって太ってしまうんですね。

引用元-ヤセコレ!

野菜をたっぷり食べる

野菜に含まれる代表的な栄養の中で食物繊維があります。
食物繊維の中には水溶性の食物性と不溶性の食物繊維があり、このうち水溶性の食物繊維は、腸での脂肪の吸収を抑える働きがあるんです。

というのも、水溶性の食物繊維は体の中に入ると、水分を吸収して粘着性が出てきます。
すると一緒に食べたものが水溶性の食物繊維に包まれて、腸に流れていくスピードが遅くなって消化されにくくなるんですね。

つまり脂肪がたまりやすい他の食べ物と一緒に水溶性の食物繊維を含む野菜を食べるようにすれば、脂肪が吸収されずに便として排泄されるようになるということ。

食べ過ぎた翌日から2日間は、とくに不溶性の食物繊維を含む野菜を意識してたっぷり食べるようにすれば、体重をリセットすることが可能になるんです。

ちなみに水溶性の食物繊維を含んだ野菜というと

・キャベツ
・だいこん
・タマネギ
・ごぼう
・オクラ

などがあります。

引用元-ヤセコレ!

  • 食事の消化・吸収には3日ほどかかるため、食べ過ぎた翌日とその次の日に注意が必要
  • 不溶性の食物繊維を意識して摂取するのがオススメ

食物繊維をしっかり摂って、食べ過ぎを解消しよう

食べ過ぎた翌日、体重計に乗って落ち込んでしまいますよね。しかし「太ってしまった」と諦めるのはまだ早いのです!キャベツや大根などの野菜をたっぷりと2日間食べて、食べ過ぎをリセットしましょう。

覚えておこう!翌日から出来る野菜ジュースでリセット術。食べ過ぎたときに

お腹が空くまでは水分のみで過ごす

食べ過ぎた次の日は、とりあえずお腹がペコペコになるまで水分のみで乗り切りましょう。
ここで「ご飯は1日3食!」と、いつも通りに食べてしまうと、即カロリーオーバーになってしまうので、昨日の過剰な摂取分を消費するためにも、ここは水分のみで我慢。

できれば冷たい飲み物ではなく、白湯のようなホットドリンクを飲むのが理想的です。
体が温まって代謝も良くなり、利尿作用もあるので、むくみの解消にも効果大。

本気で食べ過ぎてしまった翌日は、このような軽めの食事でリセットするといいですよ。

引用元-modelpress

野菜ジュースを飲む

食前にできる、食べ過ぎリセットテクとして、もう1つ有効なのが野菜ジュースを飲むこと。

それはなぜかというと、摂取した脂肪や糖分の燃焼に欠かせないビタミンやミネラルを、野菜ジュースで補うことができるからです。

引用元-modelpress

油っこいものは我慢する

「頑張ってお昼までは水分のみで過ごしたし、夜は大好きな油っこい物を食べよう!」
ってちょっと待った!
いくらギリギリまで水分だけで我慢していても、そこからまた昨日のように油っこい物を食べてしまっては元も子もありません。

揚げ物、スナック菓子だけでなく、クッキーのような脂質の多いお菓子もドカ食いした翌日と翌々日は控えるべき。

引用元-modelpress

ビタミンやミネラルが多い物を食べる

逆に翌日に食べた方が良いのは、野菜・海藻などのヘルシーな食べ物です。
どちらも代謝に必要なビタミン・ミネラルが摂れるだけでなく、食物繊維も豊富なのが重要なポイント。

なぜなら、これらの栄養素を摂取することで、消化がスムーズになり内臓脂肪も溜まらないようにシフトできるからです。

引用元-modelpress

  • 食べすぎたあと、しっかり空腹になるまで食事は控えて白湯などを飲む
  • 食前に野菜ジュースを飲む
  • 食べすぎたあとは、脂っこい食べ物は控える
  • 野菜や海藻などのビタミン・ミネラルが豊富なものをたっぷり食べる

食べすぎたあとは、1日3食にこだわらなくてOK

食べ過ぎたあと、お腹が空いていないのにいつもの習慣で食事を摂っていませんか?1日3食きちんと食べることは健康的ですが、食べ過ぎたあとは別です。お腹をしっかりと空かせて、野菜を中心にヘルシーな食事を摂りましょう。

プチ断食!食べ過ぎた翌日は野菜ジュースで対処

食べ過ぎた翌日はプチ断食!?

食べ過ぎて体が重いと自覚できる頃、あなたの体は相当に胃腸に負担が掛かっていることでしょう。

そこで、軽く断食状態にすることで、その胃腸をいったん休めます。
実際は、休めるというよりより活性化すると言った方がいいかも知れません。

腸は「消化」「吸収」そして「排泄」と言った働きをしているわけなので、その3つのうちの「消化」「吸収」の仕事をなくすことで「排泄」に全力集中できるわけです。

なので1日でも効果はあります。もちろん数日続けた方が劇的な効果はあるでしょうが、そこまで本格的でやるわけではなく、痩せるためのダイエット目的といううわけでもなく、

  • 重くなった体を少し軽くしたい
  • 食べ過ぎる前の状態にリセットしたい

という場合は1日でもいいでしょう。

引用元-キセツモ〜季節も変われば

プチ断食1日だけの正しいやり方

特にこれと言ったルールがあるわけではありませんが、できれば前日の夜から食事を抜くといいでしょう。
実は夜ご飯は抜くと、寝てる間に内臓をより休めることができ、朝の目覚めも良くなることがあります。

プチ断食の日は、全く何も口にしないというわけではなく、水分はしっかり補給して下さい。

ただのお水だけでもいいですが、ゆるゆる断食をしたい場合はフレッシュ野菜ジュースやヨーグルトを摂るのもいいでしょう。

引用元-キセツモ〜季節も変われば

プチ断食の注意点

プチ断食とはいえ、食事を摂らないわけなので、最低限の注意を守っておきましょう。

  • 断食中はできるだけリラックスした精神状態を保つ
  • 激しい運動や通常以上に体力を消耗することは避ける
  • お酒・アルコールは厳禁。喫煙も控えるべき
  • コーヒーや紅茶などカフェインの入っているものは胃に刺激を与えるので控える
  • 頭が痛くなったりフラフラする、異常を感じた場合は即やめる

引用元-キセツモ〜季節も変われば

  • プチ断食で胃腸を活性化しよう
  • プチ断食の正しい手順
  • プチ断食を行うときの注意点

プチ断食は無理のない範囲で実践しよう

体のデトックスにもよいプチ断食は、実践している芸能人も多いですよね。ただしプチ断食を行うときは、無理をしないことが大切です。身体に不調を感じたらすぐに切り上げ、栄養を摂るようにしましょう。

暴飲暴食してしまった・・食べ過ぎても平気!全て無かったことに出来る方法とは

なかった事にする翌日の食事方法!

空腹感が感じなくても、時間になれば食べている事ありませんか?
いつもならそれもありかもしれませんが、暴飲暴食の翌日はちょっとまって!

空腹感が感じられるまで食事はさけましょう。
しかし、代謝が落ちるのを防ぐために水分はいつもより多めに取ってください。

朝1杯の水を飲んだら、血液に酸素がうまく行き渡り毒素が抜けるためにこまめに飲みましょう。

空腹感が感じられたら、手作りジュースや市販の野菜ジュース+水を飲んでください。炭水化物は控えましょう。

引用元-Locari

夜の食事、翌日は?

夜の食事は昼まで頑張れたからといって、いつも通りに食べたらいつもより食べ過ぎてしまうかもしれませんので今日は一日我慢!
軽くサラダ、スープ、我慢できなかったらそば、リンゴ1個と変えてください。

あくまでも、1日頑張り抜く事だけを頑張ってください。2日目は朝から少ずつもどしていってください。

引用元-Locari

忘れないで!体も動かして!

心と体はつながっています。
めんどくさい気持を奮い立たせて散歩がてら外に出てウォーキングをしてみてはいかがでしょうか。

食べたい!という欲求がきたら腹筋をするとその気持が不思議と消える事もあります。
無理しない程度に動かした方がいいという事を頭の片隅にいれておいてください。

食べ過ぎリセットは2日間が大事!

1日食べ過ぎたらリセットする日は1日。
2日食べ過ぎたら2日間が勝負です。

3日以降は癖になってしまうのでなかなか難しくなるでしょう。
諦めずに、食べ過ぎてしまった戻す!

この事を実践したらあなたは太らない体を手に入れるはずです。
楽しく食べて、飲んでも楽しい時間ですから!
楽しく体を整えたいですね。

引用元-Locari

  • 食べ過ぎた翌日は水分補給はしっかりと行い、食事は空腹になるまで控える
  • 食べ過ぎた翌日、日中頑張って我慢したからと夜に食べ過ぎるのはNG
  • ウォーキングや腹筋などの運動も取り入れる
  • 食べ過ぎは3日以上続くとリセットが難しくなる

食べ過ぎた翌日の夜、食欲に負けないで!

食べ過ぎた翌日、朝・昼までは頑張って食事に気をつけられるのですが、夜につい食べ過ぎてしまいますよね。しかし夜までぐっと我慢することが大切です。食欲に負けそうになったら、身体を動かして気持ちを切り替えましょう。

リセット方法を教えます!食べ過ぎた翌日には試してみよう

翌日の午前中は、排出を促す

午前中は、本来カラダに溜まった老廃物や余分な脂肪を排出する時間。
朝にトイレの回数が多いのもそのためです。

朝、消化に時間がかかる肉や炭水化物(ごはん・パン)を食べると、カラダは排出をやめ、老廃物や余分な脂肪分を溜め込むことに!

排出を促すためにはお腹が減るまで何も食べないか、消化に負担が少ないフルーツがいいでしょう。

フルーツには排出を促す酵素がたっぷり含まれています。

引用元-リザルトダイエット

排出を促す食べ物・飲み物

食べたものが脂肪になるには1〜3日程度と言われていますが、脂肪になる前に排出してしまえば体重増加は防げます。

朝はフルーツをたくさん摂り、昼食や夕食にも排出を促す食べ物を積極的に摂りましょう!

○オススメの食べ物
・フルーツ全般
→排出を促す水分と酵素が豊富
・わかめなどの海藻類
→食物繊維が便通をよくする
・豆腐や納豆などの豆類
→食物繊維が便通をよくする
・野菜全般
→食物酵素が豊富
(特にキュウリ・トマト・セロリ・ほうれん草など)

◯オススメの飲み物
・搾りたてのフレッシュジュース
→ 酵素がとれる
・スムージー
→ 酵素がとれる
・白湯、暖かいお茶
→ カラダを温め、代謝を促す
・市販の100%フルーツ(野菜)ジュース
→ 消化に優しい
・野菜スープ
→ 栄養補給と代謝を促す

×控えた方がいい飲み物
・コーヒー
・豆乳
・ミルク
※これらは固形物の扱いになり、消化が必要なので避けてください。

引用元-リザルトダイエット

  • 体内の老廃物や脂肪は午前中に排出されるため、消化に負担がかかる食事は控える
  • 老廃物や脂肪の排出を促さす効果がある食べ物・飲み物

食べ過ぎた翌日の午前中は、飲み物に気をつけて

食べ過ぎた翌日の午前中は、消化に良いものや排出を促すものを食べるのが良いのですね。「ドリンクならOK」と消化に時間がかかる牛乳やコーヒー、豆乳などを飲んでしまわないように気をつけましょう。