夫婦の携帯代…無駄の節約方法!格安になるおすすめな使い方をご紹介

夫婦で携帯代を節約するならこの方法がオススメですよ

日本でのモバイル端末の普及率は、数年前から90%を超えています。1人1台かそれ以上持っている人もいるでしょう。

そこで気になるのが利用料金です。夫婦で利用する場合は、格安SIMや家族割りなどの利用でかなり節約できることも。

携帯料金の節約術、いろいろ見てみましょう。

携帯代を安くするなら「モバイルケータイ」がお得!夫婦でを節約したいとき

モバイルケータイで家族割り

ケータイ代節約の方法として、今注目を集めている格安スマホ「モバイルケータイ」があります。

こちら、夫婦で乗り換えすることで家族割が適用され、更にお得になるんです。

2人でも1万円以下に

夫婦で申し込みすることで手数料、一台分のスマホ基本使用料が無料となります。

夫婦合わせても月額使用料は平均5000円から6000円と、かなりお得になります。

引用元-【節約】夫婦の携帯代を格安スマホに替えたらかなり安くなった体験談 | mama’s up(ママズアップ)

  • 格安スマホを夫婦で契約で家族割適用
  • 2人で5000~6000円/月と、かなりお得

検討の価値はある

格安SIMサービスが開始されてから、キャリア携帯の値下げも出始めましたが、安さの点では格安SIMにはかなわないようです。格安SIMのサービスでも、最近はキャリア携帯の回線を使っているところもあるので、速度も遜色なくなっています。

Q、高い携帯代を節約したいとき!夫婦で出来る方法があれば教えて!

携帯電話の節約方法を教えて!

携帯代について。夫婦で1万8千円ほどかかっています。夫はともかく私は専業主婦であまり使わないのに8千円は高いと思ってはいるのですが、どう替えれば良いのか分からず悩んでいます。

引用元-夫婦の携帯料金について – SoftBank | 教えて!goo

  • 使用頻度の低い携帯料金を見直したい

一番よく使うサービスは?

携帯電話(スマホ)の利用内容は人それぞれですので、どこに重点を置くかで費用の削減具合も違ってきます。電話/ネットの使用頻度によってはキャリア携帯の無料通話や家族割などの方が良い場合もあるかも。数か月分の明細を基に考えてみましょう。

A、プランを見直してみよう!夫婦で携帯代を節約する場合

料金の内訳を見てみよう

携帯料金なんて、どこで契約しようが極端に変ることはありません(各社競争していますので)。何に料金が掛かっているのかを調べてみて、必要ないものは掛からないようにすれば安くはなるでしょう。

例えば、ウェブに接続して遊んでいるなら(遊びなら、この分は小遣いで賄う)多額のパケット代が掛かっています(パケ放題でも)。端末代を分割で払ってるならそれは計算に入れず、機種変は頻繁に行わず最低5年以上は使いましょう。

その上で同じキャリアにすれば、特典もあるので更に安くなるとは思いますが…同じキャリアであれば、ショートメールなら家族間無料というのも利用しましょう。通話料無料分についても、実際に話すより少し少な目でたまに足が出るくらいの方が安い場合も多いです。

我が家の場合は

ちなみに、うちは携帯2台と固定電話、家でのネットを合わせて月8,000円です。これでも年間10万円も使ってるので、何とか安くならないかと思うくらいです。

引用元-夫婦の携帯料金について – SoftBank | 教えて!goo

  • パケット代や機種変更などを見直してみる
  • 安くなる方法をいつも考えている

いざとなると、迷うなぁ

格安プランの携帯電話サービスが出始めてから、キャリア携帯の方でも割安なプランを出し始めています。家族割りでは未使用分を融通するプランもあるので、一人一人ではなく家族全体での見直しも可能です。会社やプランの数が多すぎるのは嬉しいような頭痛いような。

よく電話をかける相手と「同じ携帯会社」に揃えよう!携帯代を節約する時の方法

よく電話をする相手と同じキャリアに

→基本中の基本。毎日連絡するような相手同士なら、
家族割や○友プラン、など、各社お得なプランを出しています。

家族割で大幅ダウン

私達夫婦は、入籍前からD社の家族割に加入していますが(私が契約していたS社から乗り換えさせられた)
パケット使いたい放題の契約で、月の携帯代が10,000円前後/月(S社)だったのが、
5,000円以内/月(D社)と半額以下に収まりました。
家族間は基本通話料無料のためです。
(それに、家に固定電話があるので、携帯からあまり電話しなくなったのもあります…)

引用元-通信費(携帯代)節約の裏技★ : 結婚5年目のんびり主婦の節約&育児日記

  • 家族割や友プランを有効利用
  • 家族は同じキャリアでコスト減を

月々の差も結構違う

キャリア携帯が出始めた頃は家族で別々の会社というのも珍しくなかったかもしれませんが、今や家族割は使わないと損なプランとなっています。その他、自宅内でのネットや固定電話、最近では電気までもパッケージにしたプランも出ています。

使い方に無駄がないかチェックする事も必要!夫婦の携帯代を安くするには…

それぞれの電話料金に違いがあるって?

自分の料金プランや、割引サービス、通話する相手によって、携帯→携帯、携帯→固定どちらが安くなるかが異なってきます。よくかける通話先の場合、どちらがお得になるか、前もって調べておくと良いでしょう。

ただ、いちいち、誰はどっちが得だとかいちいち覚えていられませんよね? そんな人は電話帳への登録時に工夫をすると良いでしょう。

電話帳登録で、ひと工夫!

多くの携帯電話では、電話帳の中に1人あたり複数の電話番号を登録することができます。電話番号1、電話番号2、などという項目があれば、電話番号1に安い方の電話番号を入れると、電話帳から呼び出した際にそちらが最初に出てくることが多いです。

携帯→固定が安くなる人は、固定電話の番号を最初に登録、携帯→携帯が安くなる人は、携帯電話の番号を最初に登録すれば、確実に安い方にかけることができるでしょう。

引用元-携帯→固定、携帯→携帯、どっちが安い? [節約] All About

  • 自分の契約内容によって、通話料が安くなる番号が違う
  • 安くなる番号を、電話帳の1番目に登録しておく

結構、お得なサービスあります

意外と見落としがちなのが、相手によって変わる料金ではないでしょうか。基本的に、固定電話の通話料に比べて携帯での通話料は割高。無料プランや家族割はもちろん、使えるサービス、割引があれば使わない手はありません。

「割引プラン」を上手に利用しよう!節約上手になるため大切なこと

プランを上手に組み合わせて節約を

データ容量がきめ細かく設定されているデータ定額プランを上手に組み合わせられれば、通信料を大幅に抑えられる場合もある。一方で「家族まとめて新料金プランに移行しちゃえ!」とやると、思わぬ値上がりにつながることもある。

プラン変更前に、利用量を要確認

また通信料金は削減できるけれど、定額で利用できるデータ容量も大幅に少なくなるといったことも起こる。コスト削減ができたと思ったのもつかの間、子どもの使用するデータ量がどんどん増えて最終的には値上がりになるケースも出てくるだろう。

引用元-4人家族なら組み合わせ次第で、月7000円近く節約可能 – 日経トレンディネット

  • 大雑把なプラン変更は危ない
  • 利用量の実状を分かっていないと、かえって無駄に

最終的には、利用状況にあったプランに

キャリア携帯と格安SIMとを比べてみると、格安SIMの方がデータ量を細かく刻んだプラン設定になっている傾向があります。契約後のプラン変更が可能な会社もあるので、使いながら自分の利用傾向を見ても大丈夫かもしれません。

使わなきゃ損!「無料電話アプリ」夫婦じゃなくても使える便利なサービス!

無料電話アプリで通話料ダウン

データ通信費を一定額にしたら、今度は通話料の見直してみましょう。すぐにできる方法としておすすめなのは、無料電話アプリを使うこと。無料電話アプリは、音声回線を使うのではなく、ネットのデータ回線を使って通話します。データ量が増えることになりますが、一定額プランで契約しておけば問題なし。これで通話料金を大幅に減らすことができます。

代表的なものでは、「LINE」「Skype」「050Plus」などがあります。「LINE」「Skype」なら、基本料金はもちろん、同一アプリ間の通話であれば料金は無料。「050Plus」は月々315円の基本料金を払うだけで、050同士なら24時間無料、050以外の携帯電話へは1分16.8円、固定電話への通話料は3分8.4円と、一般的な料金が30秒21円であることを考えると、かなりのおトクになっています。アプリを使わなくても時間帯によっては同じ携帯電話事業者同士の通話が無料になっている場合もあるので、通話する時間帯に合わせて使い分けてみるのもよいでしょう。

デメリットも知っておく

ただし、環境によっては通話品質が悪くなったり、アプリによっては常に起動しておかないと着信できないことがあったりと、まだ使いづらい面もあるので要注意です。

引用元-2/3 スマートフォンの通信費を下げる4つの方法 [節約] All About

  • 「LINE」「Skype」「050Plus」などで通話料削減を
  • アプリにはデメリットもある

次なる流行は?

「LINE」「Skype」とも、老若男女を問わず、おなじみのサービスになっています。「LINE」は企業もこぞって使っていますが、、最近、若者の間では「LINE」離れの傾向があるようです。広告などが氾濫すると確かにウザイですけどね。