屋外設置の洗濯機用カバー【雨風対策の必要性】付けるメリットや注意点

屋外に設置した洗濯機用カバーの必要性について解説します!

洗濯機を屋外に設置する時、洗濯機用カバーは必要でしょうか。

洗濯機を屋外に設置する際に必要な、雨風対策や紫外線対策、注意点は何でしょうか。

洗濯機カバーのカスタマイズ法やメリットとデメリットなど、役立つ情報をまとめました。

カバーを付けると長持ちする!?洗濯機を屋外に設置する時の雨風対策について!

■壊れないように紫外線や雨風への対策をとる

これにはいくつかの対策が考えられますね。

○雨避けの防水シートを使う

安く済みそうな方法です。物干し竿にわっかを使って取り付けるタイプのシートがあります。これで雨を避けるわけです。
しかし安い代わり、風に弱かったり、防げる範囲が限られているので効果のほどはあまり期待しないほうがいいでしょう。

○洗濯機のカバーを使う

引用元-洗濯機の外置きの問題点と対策 カバーなど | 洗濯機の人気売れ筋ランキングと口コミ情報館

洗濯機をすっぽり覆うカバーが市販されていますのでそういったカバーを使う方法です。洗濯機全体を覆うことができますので効果がありそうですし、安いので費用対効果は高そうです。

ただし、じめじめしたところだとカビが発生しやすいので注意したいですね。

すだれだけでも違う

■板や柵などで洗濯機の周りを覆う

洗濯機の周囲を覆えば多少の雨風や紫外線は防げるようになりますね。
DIY好きの方はいろいろ工夫されているようで、木のラックをベランダの柵に固定したり、ガーデニング用のラックで囲ったりいろいろと方法があります。

ゴミ袋をかぶせたり、レジャーシートをかぶせたりといった方法もあるようです。DIYが苦手な人はすだれをかけておくだけでもいくらか対策になります。

引用元-洗濯機の外置きの問題点と対策 カバーなど | 洗濯機の人気売れ筋ランキングと口コミ情報館

  • 洗濯機を屋外に設置する時は、いくつか対策をしよう。
  • 雨除けの防水シートやカバーをかけ、カビにも注意。
  • 紫外線防止に柵などを使う。すだれだけでも少しは違う。

家電製品の洗濯機、雨風をいかに防ぐかか課題。

屋外に洗濯機を設置するケースはずいぶん減っているとは思いますが、ゼロではありません。超町中のウィークリーマンションでも、ベランダ設置タイプがありましたね。言っても家電製品ですから、やはり防水面が一番心配。

100均カバーでも大丈夫??屋外置きの洗濯機に使えるかどうか!?

■ダイソーの洗濯機カバーは大きめ

ダイソーの「全自動洗濯機カバー」は66cm×60cm×95cm。大きい洗濯機もカバーできるように、かなりゆとりがあるサイズだ。

うちの洗濯機は小さいので、かなりガバガバ。横幅は洗濯バサミでとめればいいとして、裾をひきずっているのが気になる。使うときには裾からまくり上げるので、土埃を拾いそうだなあ。

洗濯機についているロゴが透けて見えるほど薄いけれど、100均のものなのでこんなもんじゃないでしょうか。破れたら買い直せばいいし。

給水ホースと電源コードを通すところは、自分で適当に切って穴を開ける。最初、両方とも同じ穴から出せばいいかと思ったんだけれど、電源コードに引っ張られて穴が広がりそうだったのでもう1ヶ所開けた。

■給水ホースにもカバーをつけたいのでプチカスタム

古い洗濯機を捨てるときに気になったのが、ホースの劣化。陽の光を浴びたせいか、ベタベタになっていたんだよね。あれは避けたい。

裾があまっていた分を切って、給水ホース部分のカバーを作ることに。シンプルに筒状に縫いまして。給水ホースにつけた。どのくらい効果があるかわからないけれど、無いよりはいいんじゃないかな。

本体のカバーとの接続部分を紐でしばる。これでカバーがパタパタするのもましになるのでは。横幅のあまりは洗濯バサミでキュッととめて、できあがり。洗濯をするときは下からまくりあげて、蓋の上で洗濯バサミでとめています。

すごーく風が強い日にはめくれあがっちゃうけれど、たまになのでいいかなと。どうしてもめくれるのが嫌だったら、ヒモ付きの洗濯バサミのヒモ部分を洗濯機の脚に通しておいて、脚からもカバーをとめるといいと思う。

引用元-100均ダイソーの洗濯機カバーを購入&プチカスタム | きらくら一人暮らし

  • 100円ショップで売っている洗濯機カバーは使えるか。
  • 給水ホースと電源コード用に、2か所穴をあけた。
  • ホースの劣化対策に、プチカスタマイズした。
  • カバーの風対策には、ひも付き洗濯バサミを活用。

屋外の環境って、想像以上に過酷なもの。

屋外の環境というのは、やはり過酷なもの。雨と風、紫外線は毎日の事でしかも四季がある。ガーデニング用品で屋外に設置することを前提にしたものは、想像以上に劣化対策がされていてその分高価だったと記憶しています。

カバーの取付は需要!?屋外設置の洗濯機の必須アイテムとは?

屋外に設置するリスク

洗濯機の外置きにはどのようなリスクがあるのだろうか。もともと洗濯機は水を使う機械なので、「多少の雨や風であれば問題はない」とKさん。しかし、あまりに雨が強い日に無防備な状態で置いておくと、「内部基盤に水が侵入してショートする可能性がある」という。
また、ボタンに文字がプリントされているタイプの洗濯機の場合、雨や風の影響を受けて文字が消えてしまうことも。さらに、万が一地震などで大きく揺れると、耐震構造の弱いベランダや屋上では洗濯機が傾いて倒れる恐れもあるそうだ。
引用元-「洗濯機が外置き」の物件でも洗濯機を長持ちさせる方法 | CHINTAI情報局

具体的に必要なケア

ただし「基本的に外に置けば環境次第でダメージを受けるのは仕方ないので、ある程度はケアをする必要があります」とのこと。では、具体的にはどのようなケアをすればよいのだろうか。
「洗濯機の上から被せるカバーは必須です。雨や風から本体を守り、文字のプリントが消えてしまうことも防ぎます。洗濯機が倒れにくくなるように、防振用のゴムマットを敷くのもオススメです。どちらも2000円前後で購入できます」

引用元-「洗濯機が外置き」の物件でも洗濯機を長持ちさせる方法 | CHINTAI情報局

故障以外の落とし穴

洗濯機は設計上の寿命が7年といわれており、もともと屋外での使用は想定されていないそうだ。
しかし、Kさんによれば、カバーとゴムマットで対策するだけでも「寿命近くまで同じ洗濯機を使い続けられる」とのこと。だが、洗濯機の外置きには、故障よりもむしろ別の落とし穴があるという。
「外置きだと洗濯機の外側だけでなく、内側の洗濯槽も汚れてしまいます。せっかく洗濯をしても、雑菌やホコリが付着してしまうこともあるので注意が必要です」
洗えば洗うほど汚れてしまうのでは本末転倒だが、これも外置き洗濯機の宿命なのか……。

引用元-「洗濯機が外置き」の物件でも洗濯機を長持ちさせる方法 | CHINTAI情報局

  • 強い雨に放置しておくと、内部基盤がショートするリスク。
  • ボタンの文字が消えたり、地震で倒れるリスクもあり。
  • カバーは必須、防振用のゴムマットもおすすめ。
  • 故障よりも、洗濯機の内側が雑菌や埃で汚れるリスクあり。

雑菌や埃のリスクは想定外!きちんと管理は多難ですね。

う~ん、確かに内側の汚れが屋外で進んでしまうリスクは想定外でした。屋内の方がカビや菌が繁殖しそうで、そっちの方が気になってました。屋外、と一口に言ってもその場所の環境に大きく左右されそうですが、心配は多いですね。

洗濯機カバーを付ける「メリット」と「デメリット」!屋外置き用の場合

屋外の洗濯機にはカバーは必須?

洗濯機カバーは、名前の通り洗濯機をまるごと包み込んでしまうため、完全防備で紫外線や風雨から洗濯機を守ってくれます。

殆どの洗濯機カバーは、ボディ部分と蓋の部分の2パーツから成り、ボディに長方形の本体カバーを巻きつけて紐で結んで固定し、蓋はフタカバーを上から被せるだけなので、簡単に取り付けられます。
引用元-屋外設置の洗濯機を風雨や紫外線から守り長くキレイに使うための対策

カバーのメリットとデメリット

★洗濯カバーのメリット
・誰でも簡単に設置が可能
・紐で調整でき4.2kg~8kgの洗濯機まで適応
・風雨、ホコリ、紫外線から洗濯機全体を保護
・劣化しても付け替えが容易

★洗濯機カバーのデメリット
・強風だとカバーが外れる(両面テープで対策)
・洗濯のたびにカバーを外さなくてはいけない
・おしゃれ度に欠ける

囲いも洗濯機カバーもそれぞれにメリットとデメリットがありますが、屋外設置の洗濯機を長く綺麗に使うにはどちらも有効です。

引用元-屋外設置の洗濯機を風雨や紫外線から守り長くキレイに使うための対策

  • 洗濯機カバーは、紫外線や雨から洗濯機を守ってくれる。
  • 洗濯機カバーは簡単に使えて、付け替えも簡単。
  • 洗濯ごとにカバーを外す手間と、おしゃれでないのが欠点。

洗濯そのものの作業より、前後の付随作業がブルー。

洗濯の日常頻度にもよりますが、正直、洗濯ごとにカバーを外し、終わったらカバーをきちんとかけ直す作業が付随してくること自体に、かなり心理的なダメージ感がありますね。そんなことは言ってられない!と頑張るしかないかな。

屋外に設置する時の注意点は何??洗濯機を室内に置けないときの対策とは!?

屋外設置を前提としない設計

■洗濯機の設置場所がないアパートも、意外に多いものです。
洗濯機の設置場所がある場合でも、何らかの事情で屋外に洗濯機を置きたい場合もあるかもしれません。 洗濯機を購入して、洗濯機設置業者に「屋外に洗濯機を設置したい」と伝えると場合によっては断られるかもしれません。というのは、洗濯機は基本的に屋内で使用することを前提として設計されているからです。
このためメーカーの下請けの洗濯機設置業者は、「屋外に設置するとメーカー保証を受けられなくなる」と説明するはずです。

雨と紫外線の対策を

■やむを得ず洗濯機を屋外に設置する場合、
どんな点に気をつければ良いのでしょうか。屋外に設置する場合、最大の問題となるのが雨水の侵入です。洗濯機は水を使用するため、本体は防水が徹底されています。しかし本体上部からの浸水は想定していないのです。本体上部に何があるかというと、一般的な縦型洗濯機の場合には操作パネルがあるはずです。
この操作パネルの隙間から雨水が侵入すると、電気回路にダメージを与えてしまう場合があります。また、中国から飛来してくる黄砂などが操作パネルの隙間に入り込むと、操作ボタンの接触不良につながるケースもあります。
さらに日光による問題もあります。洗濯機の本体は、洗剤などの薬品に耐えられる加工が施してあります。しかし屋外で使用することは想定していないため、紫外線対策はなされていません。

引用元-洗濯機の設置・お手入れに関する5つの項目|不要品処分サービス

  • 業者に屋外に設置したいというと断られるケースも。
  • 屋外設置することを前提にメーカーは設計していない。
  • 屋外で最大の問題は雨だが、紫外線対策も必要。

屋外でMY洗濯機を使いこなすのはなかなか大変…。

家電メーカーからすれば、設計する時点で屋外設置を想定していないので保証できない、という主張は正しいと思いますが、屋外設置を想定した洗濯機というもの自体、あるのでしょうか。コインランドリー活用がおすすめなのかな。