夜にランニングをする時の食事のタイミングは?前がいい?後がいい?

夜にランニングする場合の食事は前?後?

夜にランニングをする場合、食事のタイミングは前と後のどちらがいいのでしょうか?

夜にランニングするときの食事のタイミングや、走る前に空腹が気になるときの対処法をご紹介します。

夜と朝のランニング、それぞれのメリット・デメリットも参考にしてみてくださいね。

食事は前?後?どっちがいい?夜にランニングする場合は?

走る前に食べる方は少量だけがほとんど

ランニング前にはどうしてもお腹が空いているときってありますよね。

特にお仕事のあとや学校のあとなんて結構ぺこぺこになっていてもおかしくはありません。

そんな空腹の状態で運動をするなんてちょっと厳しいと思ってしまいますよね。

夜にランニングをしている方で走る前に食べている方が多いのですがここでちょっと注意です。

それはランニングやウォーキングの運動をする前にお腹いっぱいに食事を摂らない事です。

その理由としてお腹が膨れてしまうことでランニングへの影響がでてきます。

胃の中に食べ物が入ると消化されるまでに結構な時間がかかってしまいます。

その間に運動する事で胃に重さが出てくるのでランニングと一緒に胃が動くのがわかります。

そうなると走っていてとても不快になりませんか?

ランニング前は、糖分を摂取しておこう

そこで走るためのエネルギー補給を目的とするなら飴やチョコレートなどの糖分を摂取しておくのがオススメです。

糖分を摂ると太ると思うかもしれませんがランニングで一番に消費されるのは糖ですのでそれを燃やしながら脂肪を燃やすためのエネルギー変換をするのです。

空腹で走ると逆に低血糖を起こして倒れたり、気分が悪くなったりすることもあるので気を付けてくださいね。

引用元-食事は夜のランニング前にする?後に?遅くなると太らない?

  • 空腹状態でランニングすると、低血糖や体調不良になることもある
  • ランニング前に食べ過ぎるのはNG、少量にすると◎
  • ランニング前はチョコレートなどで糖分を摂るのがベスト

少量の糖分摂取で、健康的にランニングをしよう

ダイエットでランニングをする場合、糖分を摂取するのはためらってしまいますよね。しかし低血糖などが原因で体調を崩してしまうより、少量の糖分を摂取して健康に運動したほうが効果的ですよ。

タイミングはいつ・・夜にランニングをするときの食事は食後がいい?

ランニング前に食事をすると、消化不良で体調を崩すこともある

当然「お腹が減った状態で走りたくない」という方もいらっしゃれば「走る前に食べると身体が重い」という方もいらっしゃっるわけですが、実際どちらに食べた方がいいかと言いますと「断然走った後の方がいい」です!

食事したものが体内で消化するまでの時間は通常の食事で3〜4時間かかると言われています。

なので仕事が終わって走り始めるまでに3〜4時間の時間が取れる方は全く問題ないのですが、

それだけの時間が取れない方(ほとんどの方がそうだと思いますが・・・)が食事をとってから走り出すとすると、食べたものが消化されていない状態で身体を動かす事となります。

食べたものは消化吸収を終えていないかぎりエネルギーとしては使えないため、走る直前に食べたもののほとんどはエネルギーとして使えず消化不良による腹痛を引き起こすなど、走るうえでの障害となるだけだったりします・・・

ランニング後はなるべく早めに食事を摂る

逆に走った後はエネルギーを大量に消費していて体内にエネルギーが枯渇された状態になっています。

特に走り終えた後の30分間以内の時間は「ゴールデンタイム」と呼ばれる重要な時間帯で、

この時間帯にランニングで一番のエネルギー源となるグリコーゲンを素早く補給する事で疲労回復のスピードは大きく変わってくると言われています。

このゴールデンタイムでのエネルギー補給は1時間以内に消化される事が望ましいため、まずはバナナやオレンジジュースなど消化が速い食材でまずは素早く栄養補給。

そして帰宅後なるべくはやくちゃんとした食事をとると、走って2時間以上経過した後に食事をとった場合に比べて疲労回復に加え筋力回復の時間も断然変わってくるそうです。

走る前の空腹が辛ければ、消化の早いものを少量食べる

・・・というわけでランニングを長く続けるために疲労回復は最重要ポイントの一つであるため、

夜走る方は走った後に食事をとるべきなのですが「夜走る前に食べないとおなかが減って力が入らない・・・」という方はかなり多いはず。

そういった方はとりあえず走る前に消化の速いゼリーやバナナなどで走るために必要な分だけエネルギーを補給しておいて、

走った後にもう一度走って消費した分のエネルギーを補給という形がベストと言えます。

引用元-夜走る前に食べるべきか、走った後に食べるべきか? | 食事トレーニングアドバイス | セカンドウィンドAC四日市のランニングサイト 三重県四日市のランニングチームのマラソン情報サイト

  • ランニング前に食事をすると、消化不良を起こして体調が悪くなることもある
  • ランニング後、すばらく栄養摂取をすると回復が早くなる
  • 走る前空腹が辛ければ、バナナなどの消化の良いものを食べると◎

ランニング時の食事のタイミングに注意して

ランニング前に食事をするのは、やはりあまりよくないのですね。ランニング後はなるべくすぐに食事をした方が良いですが、運動後にすぐに食べられない場合は、まず口にしやすそうな栄養価の高いものを摂り、時間を少しおいてから食事にしましょう。

食事はいつがいい?夜にランニングしたい場合

ランニング後帰宅してから食事をすると、遅い時間になってしまう

仕事が終わった後、だいたい7時ごろから皇居ランをしています。

だいたい2周くらいして、そのあとシャワーを浴びて帰宅します。

家に着いた頃には9時半になることも。

帰宅してから、夕食となると遅い時間になってしまい、「今から食べたら太りやすくなる。。。」と悩んでしまいます。

ランニング後すぐに食事をするのは金銭的にも精神的にもつらい

ランニングして、銭湯の近くで食事でも、とも考えますが、一人で毎回食べるのはなんだか寂しく感じてしまいます。

節約もしたい気持ちもあり。。。

お仕事が終わったあとに、ランニングをされている皆さんは、夕食はどうされていますか?

引用元-RUNNET – ランナーの知恵袋 質問をみる

  • ランニング後帰宅してから食事をすると、遅い時間になってしまう
  • ランニング後すぐに食事をするのは金銭的にも精神的にもつらい
  • 仕事のあとにランニングをする時、食事はどうしたらいい?

ランニング後の夕食のタイミングはどうすればいいのだろう?

仕事をしていると、ランニングはどうしても夜になってしまう人が多いのではないでしょうか?しかし仕事のあとにランニングをすると、食事時間もその分遅くなってしまうもの。遅い時間の食事は避けたいものですが、どうすればいいのか悩んでしまいますね。

食事はこのタイミングでとろう!

仕事のあとランニングをして、帰宅してから食事をすることが多い

同じ悩みを持っているので、おっと思いましたので、

回答にはならないと思いますが、ひさびさに回答します。

最近引っ越して、私も職場と皇居が近いので、皇居を走っています。

(といっても、皇居までは、職場から20分(4km)くらいあります)

私の場合、仕事が終わるのが、20時を過ぎるのが多く、

皇居を2周して家に戻ると、だいたい22時半ごろになってしまいます。

家に帰って、ご飯を食べてから走ると、

身体が重くなって、しかも、外に出るのが億劫なので、

この選択肢は、ないなあという感じ。

なので、だいたい、職場で着替えて、ランをしてから、

家に戻って、家でご飯を食べるというパターンです。

時には、銭湯やランステに寄って、近くで食事することもありますが、

一人だとやっぱり寂しいですよね~。

(オフィス街なので、周りは、だいたい連れがいるものですし)

遅い時間に食べても太らないよう、走行距離を調節している

要は、夜食べて太らないためには、それ以上の消費カロリー(走行距離)を

稼げばよいという考え方で、まずは、プラス思考。

「夜寝る前にがっつり食べて疲労を回復して、

翌日に思いっきり走れるコンディショニングを行って、 毎日走るようにする」

ということで、夜帰ってから食べることを前向きに捉えています。

引用元-RUNNET – ランナーの知恵袋 質問をみる

  • 仕事のあとランニングをして、帰宅してから食事をすることが多い
  • 遅い時間に食べても太らないよう、走行距離を調節している

夜ではなく朝にランニングできるのがベスト

仕事のあとランニングをするなら、夜遅くに食べることも前向きに考えられるよう、走る距離や時間を調整してみることも大切なのですね。もし時間の都合がつくようなら、夜ではなく朝ランニングをすることをおすすめします。

どっちがいい?夜のランニング?または朝のランニング?メリット・デメリットとは

脂肪の燃焼には朝ランが効果的。

走る時間帯についての質問をよく受けます。

その多くが、朝走るか、夜(仕事が終わった後)走るかを迷っている様子。

結論、どちらでもいいのですが、総合すると、朝走るほうが効果的であり、デメリットが少ないように感じます。

基本的には、続けやすいほうで走るのが一番ですが、もしどちらにするか迷ったら、朝走るのをおすすめします。

引用元-走る時間帯:朝と夜の比較 | ジョギングダイエット・ジャパン

夜ランにもメリットはある。しかしデメリットも。

夜ランのメリットは、主に以下の通りです。

○一日活動した後の運動なので、ある程度身体がほぐれた状態でランを始められる。

○仕事の時間が決まっている人は、時間を確保しやすい。

○ランニングクラブなどの練習会は夜開催が多い(2012年現在)ので、仲間と楽しく走れる。

○朝が苦手な人にとっては好都合な時間帯。

しかし、やはり夜ランにはデメリットが大きいようです。

○仕事が遅れると走れなくなる。

○夜は本来、体温が下がる時間帯。この時間帯に体温を上げて運動をすると、睡眠が浅くなる傾向がある。=疲労が抜けにくい。

○夜に脂肪を活発に燃焼させると、翌朝の倦怠感が大きい。

メリット・デメリット、そして生活リズムを考えて、よい時間帯はご自身で選択する、というのが、結論ですね(^_^;)。

引用元-走る時間帯:朝と夜の比較 | ジョギングダイエット・ジャパン

  • 脂肪燃焼には朝に走る方が効果的でが、続けられる時間帯に走るのがベスト
  • 夜にランニングをするメリットとデメリット

朝ラン・夜ランどちらがいいかは個人差がある

脂肪燃焼のためには朝のランニングの方がおすすめですが、続けられないと意味がないですよね。朝どうしても弱くて続けることが難しい場合は、夜に走る方が良いかもしれません。メリット・デメリットを踏まえて、走る時間帯を決めましょう。